Intel Pentium 4 Processor with HyperThreading Technology

メーカー : Intel
価格 : オープンプライス
URL : http://www.intel.co.jp/

噂のハイパースレッディング機能を検証。

普及するハイパースレッディング。
今回は、FSB800MHzを採用したPentium 4(以下P4)の登場に合わせ、HyperThreading機能(以下HT)の検証をメインに展開してみます。今回のFSB800版P4により、今まで3.06GHzという最上位クロックでしか利用出来なかったHT(*1)が、一気に普及価格帯の2.4GHzまで利用可能になり ます。当然爆発的に普及することが予想され、であればその前に検証を、というのが今回の主旨です。
まずはHTとは何か?ですが、これについては複数のPCハードウェア系ニュースサイトで詳細に説明されていますので、ほんのさわりだけとします。
HTは一言で言うと、「1つの(シングル)CPUを2つに(デュアル)に見せる」機能で、公称のメリットとしては、「シングルCPU動作(認識)ではCPU負荷率が高くなるような状況下における、負荷率の低減や処理速度の向上」があります。
対応/推奨OSは現状Windows XP Home/Professional Edtionのみで、実際に認識させると、
  物理デュアルには非対応の、XP Home Editionでも認識される辺りが少しポイントです。
というように、あたかも実際にCPUが2つあるかのような状態になります。XPをご使用いただければ、導入にあたって特別な作業等は一切必要ありません。
*1 サーバー/ワークステーション用プロセッサ、Xeonシリーズを除く。

その効果のほどは?
まずは普通にアプリケーションを動作させて効果があるのか?から調べてみます。
テスト環境 :
Pentium 4 2.4B(533)/2.4C(800)/3.0(800)/3.06(533) GHz / Celeron 2.4 GHz / 1GB DDR-SDRAM (512MBx2) /
MSI 865GE M-ATX M/B / IBM IC35AVVN040 / XP PRO SP1
* TMPGEnc Plus Ver.2.511 - MPEG2(VFAPI) to MPEG(VCD)
約5分のMPEG2ファイル(MTV2000の高画質モードで作成/約300MB)をMPEG(VCD)へ変換してみました。MPEG4(というよりDivX)の普及により、データの価値が薄れつつありますが…。
 
TMPGEncはVer.2.59から正式にHT対応をうたっているアプリケーションです。シングルCPUでもマルチスレッドを有効に出来ますが、今回は敢えてHT無しのCPUではシングルスレッドでテスト してあります。
結果はほぼ予想通り、HTの効果がよく現れています。
* Windows Media Encoder Ver.9.00.00.2980 - DVD品質ビデオ (1Mbps CBR/1 pass)
同じく約5分のMPEG2ファイルをエンコードしてみました。こちらは映像のみのエンコードでテストしています。
 
このテストでも、正直予想外に感じるほどのHTの効果が現れています。ただ、テスト中はむしろエンコード中に他の処理を行った際のレスポンスの違いの方が印象に残りました。
というのも、HT無しの場合エンコード中のCPU負荷率はほとんど100%で、IEのgoogleバーに文字を入力するにももたつくことがある一方、HT有りの場合CPU負荷率は90%を超えているものの、 エクスプローラ含め、やや遅いというくらいで反応があるのです。
そこで、合わせて以下のようなテストも実施してみました。
1. USBカメラのストリーミング配信(高速コンテンツビデオ/CBR/マルチビットレート)を開始。
2. ウィルスバスター2003で全ドライブ検索を開始。
3. WMP9でMPEG4(DivX/VGA)再生を開始。1分経過後のCPU負荷を見る。
注目の結果は…、
 
というように、HTの有り無しではっきりと差が出ました。この違いが、先述の体感差に繋がったものと推測されます。

まとめ。
テスト結果から、HTは処理速度面で大幅な向上を実現するだけでなく、複数アプリケーションを同時実行する場合、または複数ユーザーでPCを同時使用する場合の体感速度の向上も実現可能なことがわかります。
以上より、HT対応P4は現時点で一番要注目のPCパーツである、と結論づけられると思います。なお、今回はHTが中心ということで、FSB800対応新チップセットの875/865の性能は取り上げていませんが、こちらも凄い データが揃いつつあります。
FSB800対応P4と875/865搭載マザーボード、個人的にも次回更新迄に入手してそうな確信が…。


Posted by dospara_review at 09:53Comments(0)TrackBack(0)CPU │2003年05月10日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: