Seagate Barracuda 7200.7(ST3160021A)

メーカー : Seagate
価格 : オープンプライス
URL : http://www.segate.com/

性能の概要。
かなり久々の更新、旧担当です。既に1年の1/4が終わってしまったことに衝撃を覚える今日この頃です…。それでは本題に入ります。
今回取り上げるのは、Seagate製最新HDDシリーズ、最大容量モデルの「Barracuda 7200.7 ST3160021A」です。プラッタ容量は80GB、160GBモデルでもディスク枚数はたったの「2」、 レビュー担当個人所有の同社製「ATA IV」は80GBで2枚ですので、その進化のほどがうかがえます。
個人的に「HDDを買い換えるときは前のHDDの倍容量で」と決めていたため、今回のHDDはまさに待望の製品でした。
  7200.7背面より。定番だったスポンジ&カバーが無くなっています。仕様変更なのでしょうか?
まずはデータシートで従来モデル等と比較してみます。他社製HDDからも抜粋してみました。

Seagate
Barracuda ATA
HGST(IBM)
Deskstar
Maxtor
DiamondMax
ATA IV ATA V 7200.7 180GXP plus 9 L-FDB
プラッタ容量 40 60 80 60 60/80
内部転送速度 555 Mbit/s 570 Mbit/s 683 Mbit/s 699 Mbit/s -
キャッシュ 2MB 2/8MB
シークタイム 8.9-9.5 msec 9.0-9.4 msec 8.5 msec 8.5-8.8 msec < 9.4 msec
レイテンシ 4.16 msec 4.16 msec 4.16 msec 4.17 msec 4.2 msec
動作音(通常) < 2.5-2.5 < 2.5-2.5 < 2.5-2.5 2.6-3.0 2.7
目立つところを抜粋するとこのような感じになります。Maxtorは同型番内でプラッタ容量を変更することがあるため、データの抜けや数値の幅が大きくなるようです。
平均シークタイムに幅があるのは、複数枚のディスクを内蔵する大容量モデルにおいて、シークタイムが低下するためです。ディスク(ヘッド)の数が増えればそれだけ遅れることが多い、と考えればとりあえず納得のいくところで、Maxtorの 数値は60GBプラッタ採用(大容量)モデルにおけるものではないかと推測されます。
キャッシュ容量については、各社8MB搭載版をリリースしてきていますが、個人的にこれは高速化のためではなく、大容量(高価格)モデルへの付加価値の追加、という意味合いが強いと思います。4200rpmであれば、シークタイムも遅く、待ち時間も長いし、と少しだけ 納得も出来るのですが…。
  7200.7表面より。160GBモデルには、他にも8MBキャッシュ搭載版やS-ATA版(ST3160023A/AS)が存在します。
最後の項目、動作音(アイドル時)、これが個人的にBarracudaシリーズを愛用する理由です。
何もしていないときでもHDDからは音が聞こえるもの、という常識をATA IVは完全に覆し、その音をケースに耳を当ててようやく聞こえる、というくらいまで低下させました。その静音性は、一度体感すると 2度と離れられないものがあります。
7200.7はその静音性を引き継ぎ、動作音はスペック的にも体感的にも最も低いレベルです。加えて、160GBという大容量モデルですら2.5Belsにとどまっています(180GXPの180GBモデルは3.0Belsまで増加。これは静音アクセス時の7200.7[2.8Bels]を上回る)。

ベンチマーク。
続いてベンチマークで比較してみます。
テスト環境 : P4(HT)-2 / 256MB(DDR2700) / 845GE / AVVN040(OSブート用) / XP PRO SP1 / IAA 2.3
* SiSoftware Sandra 2003SP1 - FileSystem BenchMark (MB/sec)
 
今ひとつわかりにくいですが、7200.7のみ、連続読み、書き、どちらも50MB/secを上回ってきています。なお、8MBキャッシュの比較用にIBMを用意しましたが、書き込み速度に若干の向上が見られる程度?です。
作業中誤ってデータの入ったHDDをローレベルフォーマットしてしまったため、Maxtorのデータがすっぽり抜けています…。折を見て追加予定ですが、ダントツの速度でした(ATA133とATA100接続の間でバッファ周りに 速度差が出るほど、と言うと伝わりますでしょうか?)。現時点では速さの追求ならMaxtorだと思います。
* ZDLabs WinBench 99 - Disk Inspection Test (KB/sec)
 
7200.7は末端でも32MB/secと優秀な結果と大きな伸びを示しているのですが、正直それより何より不思議なのが、IBMの8MBキャッシュによる性能向上です。転送速度を示すグラフも、何故か2MB版より安定した ものになります(それでようやく他社製と同じくらいですが)。

まとめ。
今回のHDD、実は自宅マシンを「HomeEdge」でメディアサーバー化する目的で購入したものです。ですので、大容量化の実現と静音性の維持さえ出来ていれば、一応完遂と言えます。 しかしベンチマーク結果が示す通り、想定外な高速化まで実現出来てしまい、久々に当たりな買い物だったと満足しています。
以上より今回の商品は、出回り始めたばかりでやや高価ですが、大容量化と静音性、加えて高速性を同時に手に入れたい、という方にお勧めなHDDだと結論づけられます。

余談 : BigDrive との付き合い方。
BigDrive対応OSはXP SP1/2000SP3以降、というのは有名な話ですが、インストール時はどうなのか?というと、2000は注意が必要、ということになります。
まず、単体使用の場合一括取得は出来ません。続いてパーティションを分ける場合も、128GB一括取得(残りは見えない)以外はCドライブに100GB以上の容量を指定出来ません。 おそらくインストーラーのバグだと思います…(XPのCDでブート&領域取得→再起動では可)。
また、Intelチップセットの場合、IAAは最新版をインストールしてください。2.2以前では2つめのパーティションをうまくフォーマット出来ない場合があります。IAAがあればレジストリ変更は不要のようです。以上、トラブル実録談、でした。


Posted by dospara_review at 09:59Comments(0)TrackBack(0)ハードディスク │2003年04月05日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: