Maxtor D540X(4K060H3)

関連URL : 4K060H3

▼ 概要。

今回のレビュー対象は、Maxtorによる買収後初めて販売されたQuantumブランドのハードディスクと言われています。確かに、見た目はまさにQuantumといった感じです。

 

背面基盤には、Maxtor、Quantum双方にとって珍しく、カバーが設置されています。

しかしチップ表面には紛れもなくQuantumの刻印があります。

D540XにはMaxtor系のモデルも存在する模様ですが、スペックはまったく同等のようです。

実際に動作させてみると、動作音までQuantumらしい「カリカリ」音で、Quantumの技術が密接に関係していることはほぼ間違いないと思います。

ハードウェア的なスペックとしては5400rpmながら2MBのキャッシュを搭載し、最新の40GBプラッタを採用しています。それらがもたらす高速性その他について、これから検証してみます。


▼ ベンチマーク。

まずは単体接続でベンチマークを実行してみます。

今回は比較対象として正真正銘のQuantumブランドであるFireBall Plus AS[FB AS](60GBモデル)を用意しました。7200rpm/20GB プラッタ5400rpm/40GB プラッタ はどのような結果になるでしょうか?

テスト環境 : P3 1.13GHz / 256MB SDRAM / GA-6OXET / GeForce3

・ HDBench v3.30 - DISK (1000MB)


Read Write FileCopy
D540X / FAT32 33160 31416 45447
FB AS / FAT32 33667 33367 52806
D540X / NTFS 32418 26950 15053
FB AS / NTFS 34083 31773 6543

Readの結果はほとんど同じと言っていいほどです。

・ SiSoft Sandra 2001te - Drive BenchMark


Buffered Read Sequential Read Random Read Buffered Write Sequential Write Random Write Average Access
D540X / FAT32
Drive Index : 22168
74MB/s 32MB/s 5MB/s 68MB/s 32MB/s 7MB/s 10 ms
FB AS / FAT32
Drive Index : 23066
77MB/s 33MB/s 7MB/s 69MB/s 33MB/s 7MB/s 7 ms
D540X / NTFS
Drive Index : 21142
73MB/s 32MB/s 5MB/s 67MB/s 27MB/s 7MB/s 10 ms
FB AS / NTFS
Drive Index : 25628
76MB/s 33MB/s 7MB/s 69MB/s 33MB/s 7MB/s 7 ms

やはりアクセスタイムは7200rpmの方が有利なようですが、それ以外の数値はほとんど同じになっていて技術の進歩を目の当たりにした感じがしました。


▼ Promise FastTrak 100TX2 との相性。

続いてIDE-RAIDの中でもトップクラスの人気を誇るFastTrak 100TX2でRAIDを組んだ場合の性能を検証します。IDE-RAIDは最近非常に人気がありますが、SCSI-RAIDと比較するとまだまだコントローラとディスクの間で相性が発生しやすい(単体では高速だが、RAIDを組むと何故か遅い問題など)模様です。

 

FastTrak 100TX2はチップがPDC20270に変更され、66MHzPCIに新たに対応した最新IDE-RAIDカードです。

…と言っても、32bit/66MHzの規格に対応しているマザーボードはかなり希少ですので、ほとんどの場合前モデル(FastTrak 100)と差が現れないと思われます。

・ RAID-0 (ストライピング)

まずは高速性重視のストライピング時の性能を検証します。今回使用したハードディスクは60GBのモデルですので、ストライピング時には容量が実に120GBに達します。

ディスク容量が64GBを超えると、Windows 98/98SEの場合修正パッチを適用しないと正しく容量を認識できませんし、100GBを超えてしまうとWindows 98/98SE/MEの場合領域確保時に「%指定」で領域を指定する必要があります。

テスト環境 : P3 1.13GHz / 256MB SDRAM / GA-6OXET / GeForce3

・ HDBench v3.30 - DISK (1000MB)


Read Write FileCopy
D540X / RAID-0 64547 52032 20885

・ SiSoft Sandra 2001te - Drive BenchMark


Buffered Read Sequential Read Random Read Buffered Write Sequential Write Random Write Average Access
D540X / RAID-0
Drive Index : 34453
81MB/s 51MB/s 5MB/s 57MB/s 55MB/s 9MB/s 10 ms

Buffered/Sequential Writeで非常にいい結果が出ています。


・ RAID-1 (ミラーリング)

続いて安全性重視のミラーリング時の性能を検証します。小規模サーバなどで発熱を考慮して7200rpmモデルではなく5400rpmモデルを選択し、ミラーリングで使用するケースが増えてきていますし、このテスト結果は非常に重要です。

・ HDBench v3.30 - DISK (1000MB)


Read Write FileCopy
D540X / RAID-1 32386 28315 13727

・ SiSoft Sandra 2001te - Drive BenchMark


Buffered Read Sequential Read Random Read Buffered Write Sequential Write Random Write Average Access
D540X / RAID-1
Drive Index : 21526
74MB/s 32MB/s 5MB/s 30MB/s 30MB/s 7MB/s 10 ms

全く問題ない速度が出ています。


▼ まとめ。

5400rpmモデルとしては発熱が若干大きいことが少し気になりますが、単体性能は7200rpmに迫り、RAID時にも問題なく高速な結果を示していて、なかなか優秀なハードディスクだと思います。

個人的にQuantumのハードディスクとはFB1080AT以来の付き合いがありますので(現在もデータ保存用はlct10を愛用)、今後とも独自色(音?)のあるハードディスクを定期的に出していってほしいと思います。




Posted by dospara_review at 11:43Comments(0)TrackBack(0)ハードディスク │2001年08月02日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: