インターフェイスボードで最新PC並のドライブ速度を目指せ!

2製品 USB2-PCIL4(写真左)
IFC-PCI2SA(写真右)

メーカー:
アイ・オー・データ(U2B2-PCIL4)
BUFFALO(IFC-PCI2SA)

メーカーURL:
アイ・オー・データ:http://www.iodata.jp/index.htm
BUFFALO:http://buffalo.jp/


おはようございます。
先日のレビューで外付け・内蔵のHDDを扱った際に、
「USBやSATA端子が無い(少ない)場合はPCI増設のインターフェイスボードをどうぞ、ただし性能低下の可能性があります」と紹介しましたが、 その後周囲から「どれくらい低下するものなの?」と聞かれたので、見てみることにしました。





●USB2.0・SATA増設カードを用意
用意したカードは、外付けUSBドライブ用のUSB2.0増設カード、そして内蔵HDD用にSATA増設カードの2種類です。

その製品は、
USB2.0増設カード:I/Oデータ USB2-PCIL4  ドスパラ通販価格:1,380円
SATA増設カード:BUFFALO IFC-PCI2SA  ドスパラ通販価格:2,880円
です。
※ドスパラ通販価格は4/2現在のものです。


チェック用PCですが、USB2.0・SATAがない時代のマザーボードは見つかりませんでしたので、
USB2.0カード:ASUS P5KPL-VM
SATAカード:ASUS M2A-VM HDMI
に接続しました。
古いマザーボードがなかったのは残念ですが、逆に言えば、今のマザーボード接続とカード使用時の速度比較がしやすいといえます。


なお、セットアップ方法ですが、
USB2-PCIL4:Windows98/MEはドライバCDが必要、XP(SP1以降必須)とVISTAは、取り付けてOSを起動すればドライバが自動インストールされます。


そしてIFC-PCI2SAは、
取付け1 カードをマザーボードに取り付け、「HDDはマザーボード接続のまま」OSを起動(取り付け写真のマザーボードはP5KPL-VM)。

セットアップ 付属CDからドライバをインストール。「セットアップ」をクリックするだけなので簡単。

組込完了 OSを再起動して、デバイスマネージャの「記憶域コントローラ」に製品名などが入っていれば無事完了。XPでは「SCSIとRAIDコントローラ」という項目に製品名が入ります。

取付け2PCの電源を切り、カード側にHDDを接続すれば完了。あとは通常通り使用できます。

という流れです。こちらも難しいものではありません。



なお、IFC-PCI2SAでは、接続するHDDでOSを起動するか、それとも増設HDD専用にするかでカード本体のジャンパを切り替えます。
OS起動用 OS起動用HDDを接続するには、1・2のピンにカバーをかぶせます。

増設用 増設専用の場合は2・3です。




●マザーボード接続との差は?
ではチェックを開始しましょう。

その内訳は、
・USB2.0:USBフラッシュメモリと外付けHDDでの速度比較
・SATA:内蔵HDDの速度比較
です。

今回のPCスペックは
・USB2.0用
M/B:P5KPL-VM(サウスブリッジ:ICH7)
CPU:Core 2 Duo E6550
メモリ:A-DATA PC2-6400 1GB×2

・SATA用 M/B:M2A-VM HDMI
CPU:Athlon64 x2 5600+(サウスブリッジ:SB600)
メモリ:A-DATA PC2-6400 1GB×2


計測用ドライブは、
USBフラッシュメモリ:A-Data PD7-200X 2GB、型番に200Xとあるように、200倍速(約30MB/S)対応の高速フラッシュメモリ
USB外付けHDD:手近にあった外付けケースに、Maxtor L320RO(320GB、PATA接続、7200回転、キャッシュ16MB)を搭載。READ・WRITEで50000〜60000以上は出る製品です。
SATA内蔵HDD:Western Digital WD5000AAKS(500GB、SATA接続、7200回転、キャッシュ16MB)



定番FDBENCH
チェック開始。計測には、ドライブの速度を計る定番ツールの「FDBENCH」を使用しています。


・USBフラッシュメモリ:A-DATA PD7-200X 2GB
P5KPL-VM(サウスブリッジ:ICH7)
READ 33267 33267 33267
WRITE 8960 8999 8846
RR 32735 33267 32735
RW 2501 2507 2504

USB2-PCIL4(USBチップ:VIA VT6212L)
READ 32735 32735 33233
WRITE 8846 8810 8773
RR 31751 31751 31721
RW 2478 2447 2478

USBフラッシュメモリはREADで30000オーバーと、200倍速の実力を発揮。速度は両者ほぼ同等ですが、カード側ランダムリードのみ1MB/Sほど低下。


・USB外付けHDD(搭載HDD:Maxtor L320RO)
P5KPL-VM(サウスブリッジ:ICH7)
READ 33773 33595 33773
WRITE 25491 25593 25593
RR 13708 14184 13708
RW 12798 12798 12824

U2B2-PCIL4(USBチップ:VIA VT6212L)
READ 31644 31960 31811
WRITE 24088 23998 24088
RR 13943 13767 13678
RW 12134 12112 12135

こちらはカード側が4項目とも少しずつ低下。とはいえ、その差は最大でも1.5MB/Sほどです。


・SATA内蔵HDD:Western Digital WD5000AAKS
M2A-VM HDMI(サウスブリッジ:SB600)(前回レビュー参照)
READ 77050 77050 76133
WRITE 74418 75238 74418
RR 23998 24914 24818
RW 31498 32195 31653

USB2-PCIL4(SATAチップ:SiliconImage Sil3512ECTU128)
READ 74418 72210 74418
WRITE 72727 72624 74418
RR 25296 25061 24818
RW 32282 31488 32282

READで3〜5MB/Sほどの差が生じていますが、30MB/S程度のHDDを使っている人が現在のHDDに交換するといった、前回レビューの対象者にとっては、まったく問題ない速度といえるでしょう。




●速度は低下するものの、その差はほんのわずか。
今回の製品では、いずれにおいても速度が低下していますが、マザーボード接続と比べ5%以下の差にとどまっています。
古いマザーボードを交換できない人は、こういった増設インターフェイスボードの導入により、HDDなどのドライブを現状より高速で活用できるはずです。
※ただし、マザーボードとカード側の搭載チップによっては、相性や速度に大きく影響します。そのため、購入前はご確認を忘れないようにしてください。 実際にUSB2-PCIL4のパッケージには、動作保証をしないメーカー製PC名やチップセット名が書いてあります。 また、本製品に限らず、USBカードはPC側のCPU性能も速度に影響しやすいため、あまり古いマザーボードとCPUの組み合わせのPCでは今回ほどの速度は期待し難いです。 なお、SATAカードはUSBカードよりは相性・速度の問題は発生しにくい模様ですが、もちろん相性が無いわけではありませんのでご注意ください。

正直なところ、数年前のカードの性能は知っていましたが、最近は試していなかったので、ここまで頑張っているとは思いませんでした。
という訳で、あっけなく良好な結果を残して今回も無事終了です。


その他記事一覧は こちら


Posted by dospara_review at 09:58Comments(0)TrackBack(0)拡張カード | ドライブ類2008年04月04日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: