Windows Home Serverで家庭内サーバー構築

WHSパッケージ Windows Home Server

メーカー名&URL
Microsoft:http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/windowshomeserver/default.mspx

価格:22,220円


こんにちは、こちらのコーナーは初めてのテッシーです。
先日、ハードディスクを買ってRAIDにした
ので、古い製品が余りました。
そこで、Windows Home Server(以下WHS)を使い、バックアップ用PCを作ってみようかと思った次第です。





●家庭内サーバーを作ろう
WHSとは、名前の通り、ホームサーバー用のWindowsです。
※ホームサーバーとは、主に家庭やSOHO内のデータをまとめて共有し、各個人のPC(以下クライアント)からいつでもアクセスできる様にする物です。
また、クライアントのデータをバックアップし、クライアントにトラブルがあった場合に、データを復旧する機能も備えています。

WHSの詳細は、
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/windowshomeserver/default.mspx
をご覧ください。


「家庭でサーバーは大げさじゃない?」と思う方もいると思いますが、
最近はデジカメやDVカメラのデータも大容量化しており、撮ったデータを、家族それぞれに渡すのは面倒です。
ですから、データは1カ所に保存して、皆でアクセスすれば作業もスムーズになります。
この辺りの効率に関しては、規模は違えど家庭でも企業でも同じと言うことでしょうか。

単純にデータを保存するなら、サーバーOSを入れずに適当なPCを使用したり、
あるいはNAS(Network Attached Storage:いわゆるLAN接続の外付けハードディスク)を買うという手もあります。
ですが、WHSには、バックアップ機能もあり、またディスク容量が不足したら、普通のPC同様にハードディスクを増設できるメリットがあります。




●インストールは1時間前後、意外と再起動が多い
今回は、試すことが目的のため、試用版を入手。
試用版は、使用期間が30日となります。
また、クライアントのバックアップは可能ですが、クライアントのOSトラブル時に、復旧に必要なCDが付属しない(つまり復旧できない)などの制約があります。

使用PCは以下の通りです。今回は家の余ったパーツで構成しているためそれなりの構成ですが、WHSはもっと低スペックPCでも利用可能です。
むしろ、サーバーは常時起動になるため、なるべく低消費電力のCPUやオンボードグラフィック機能を持つマザーボードの組み合わせが好ましいです。

※WHSはPentium 1GHz・512MBのメモリでも動作するため、Pentium4 やCeleronD、もしくは最近話題のAtomがあれば十分と言えます。
ただし、WHSには動画のエンコード機能が搭載されています。データの保存・共有が目的ならPentium掘初期のPentium4世代でも問題ありませんが、エンコードも快適にしたい方は、より新しいCPUを用意してください。


CPU:Core 2 Quad Q9550
マザーボード:ASUS P5Q-PRO
メモリ:PC2-6400 2GB×2
ビデオカード:RADEON HD 4850
ハードディスク:WD3200AAKS


ではインストール開始です。


インスコ開始 インストール開始直後。 見た目はVista風です。

Vista風 初期処理終了直後。 Vistaのような画面で、マウス操作が可能です。

キーボード 以前試した英語版と違い、最初からキーボードを日本語にできるのが便利。

キー入力 プロダクトキーは、Vistaや、XP SP3同様、後から入力もできます。

XP風 ここで再起動がかかり、終わったかな と思いきや、今度はなぜかXPっぽいインストール画面に……。

再起動 そのあと2・3回再起動を繰り返し……。

再度Vista風 ようやくもとのVISTA風画面に戻ります。


インストールにかかった時間は50分くらい(USB接続の光学ドライブを使用)
インストールそのものは、通常のXP・Vistaと同じく難しくはなかったです。




●OS・ドライバインストール時の注意点
さほど難しくなかったインストールですが、やはりXP・Vistaとは大きく異なる部分もあり、注意が必要です。


HDD消去

・搭載ハードディスクのデータが消える
これはXPやVistaでもフォーマットをすれば消えますが、WHSの場合はフォーマット有無の選択は無く強制です。
しかも、インストールするパーテーションはもちろん、別パーテーション、さらには増設ドライブも容赦なく消します。
つまり、ハードディスクを3つ接続していれば、その3つとも消すことになります。
※これは、WHSの仕様として、ハードディスクがいくつあろうとも、OSをインストールした場所がCドライブ(容量は20GB固定)、それ以外はDドライブ、となるためです。 インストール後に増設した分も(SATA内蔵・USB外付けを増設しても区別なし)、すべてDドライブになります。


パスワード

・パスワード設定は、簡単な文字列はダメ
さすがサーバーらしく複雑なもので無いと認めてくれません。
半角英数小文字と大文字、さらに数字という3種類を使い、7文字以上のパスワードを求められます。
例えば、「ABCDEF1」はダメですが、「abcDEF1」ならOKです。



手動インスコ

・マザーボード付属のドライバ対応状況を確認する
基本的にWindowsXP 32bitのドライバが使えることが多いのですが、一部非対応の製品もあります。
※インテル「DG45FC」では、付属CDのチップセットドライバは使えませんでした。
その場合は、マザーボードメーカーのHPからドライバをダウンロードしましょう。



ドライバCD

また、CD内のドライバが使えても、オートインストールメニューの起動プログラムがWHS非対応のため、メニューが起動しないことがあります。
この時は、エクスプローラーでCD内のフォルダを見て、直接セットアップを実行してください。




●簡単バックアップ機能を試す
設定が終わったところで、メイン機能といえるバックアップをしてみました。


コネクタ まずクライアント側に、WHS付属ディスクからWHSコネクタ(コンソール)をインストール。
ここでは、OSインストール時に登録したパスワードをクライアントにも登録。
これにて設定完了。




ログイン ではバックアップ開始です。
ログイン時は、もちろん先のパスワードを入力。



バックアップ開始 P5というのがクライアント名です。あとはこのアイコンを押せばバックアップ開始です。



完了 何事も無く完了。バックアップの日付、保存形式なども記録されます。

中身確認 中身を見ると、ちゃんとバックアップされていました。



今回は手動でバックアップを取りましたが、特定の日、一定期間ごとなどの自動バックアップ設定もできます。
定期的にバックアップを取っておけば、クライアントのトラブルでデータが消えても、損失を抑え復旧も簡単です。
復旧はクライアントがトラブルでOSが使用不可(OSが全く起動しない、ハードディスクが壊れたので交換したなど)になっても行えます。この点は、さすがサーバーOSと言えます。
※試用版は復旧できません。


もうひとつファイル共有機能も試しましたが、
これも簡単で、共有フォルダが最初から作られているので、そこにデータを入れればOK。
共有フォルダにデータを入れておけば、クライアントから音楽・写真等の鑑賞ができるようになります。
もちろん、人に見られたくないデータは、専用のフォルダを作って独自に保存可能です。




●サーバーに興味があるけど手が出せなかった人にお勧め
という訳でWHSを試してみました。その感想ですが……、
・ファイル共有やリモートデスクトップなど、XPやVistaで使える機能が簡単。
・それに加え、バックアップ機能が非常に便利で、もしもの時も安心。
・低スペックPCでも問題なく動作するのが嬉しい。
となります。

「サーバーOSは難しそう」というイメージがあり、確かにこのWHSでもインターネットを経由して、離れた場所のクライアントからサーバーにアクセス可能なリモートデスクトップなどは、設定が難しいと思います。
ですが、基本的なバックアップや共有、復旧は意外と簡単でした。
この基本機能だけでも便利ですし、難しい機能は後々覚えていけば十分です。

という訳で、家庭内のデータをまとめたい、古いPCを活用したい人には、これを機会にぜひWHSを導入してはいかがでしょうか。


その他記事一覧は こちら


Posted by dospara_review at 17:39Comments(0)TrackBack(0)マルチメディア | 耳より情報2008年09月19日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: