低価格低消費電力VGA、複数挿しの効果はいかに?

概要
RADEON HD4600シリーズ

メーカー名&URL
各社取り揃えてます!



こんにちは、空気が乾燥する季節となり、ぱちぱち君(静電気)に悩まされている(酒)です。

先日、人から「P45Aのマザーボードを買ったら P35A-Sが余ったので売るよ」と言われました。
我が家のマザーボードもP35チップセットのため断りましたが、今になって「CrossFire対応マザーボードが格安で入手出来るなら、これまた低価格な補助電源不要のビデオカードでCrossFireすれば面白かったのでは」と思い、実際に見てみることにしました。





●RADEON HD4600シリーズでCrossFireに挑戦
RADEON HD4670の登場により、低価格な補助電源要らずのビデオカードでも、3Dmark06で8000以上のスコアが出るようになりました。
それなら、HD4600シリーズでCrossFireにすれば、補助電源不要のままHD4800シリーズと同等の3D性能が得られそうな予感がします。

用意したPCは、
マザーボード:FOXCONN RENAUSSANCE(X58チップセット)
CPU:Core i7 920
メモリ:PC3-8500 1GB×3
OS:Windows Vista Ultimate
です。

さりげなく時流に乗り、i7環境を揃えてみました。
「全然低価格じゃない!」という突っ込みが聞こえますが、近くに最新パーツがあれば使いたくなるのは、パソコン好きの宿命ですのでご容赦ください。
構成に関しては置いておき、ビデオカード1枚とCrossFireの違いを見てください。


使用ビデオカードは、

3種類

比較用のHD4850(写真上)、補助電源なしビデオカードは、HD4670(写真左下)・HD4650(写真右下)を用意。

VGAドライバは
Catalyst 8.11 Hotfix
です。



チェック用ベンチマークはこちら。
・3DMark06

モソハソ ・モンスターハンター フロンティアオンラインベンチマーク(以下MHF)
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2007 ALLRIGHTS RESERVED.



DMC4 ・デビルメイクライ4 ベンチマーク(以下DMC4)
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2008 ALL RIGHT RESERVED.



各ベンチマーク共に低負荷、高負荷の2種類を計測。低負荷はデフォルト、高負荷設定は以下の通り
・3DMark06:高負荷は解像度1920×1200、アンチエイリアスx8、両負荷ともにSelect Testsは「SelectALL」
・MHF:解像度(RESOLUTION)1920×1200
・DMC4:解像度(RESOLUTION)1600×1200、アンチエイリアス(MSAA)
・DMC4の結果は、RANKと共に各シーンごとの描画フレーム数も表示。




●CrossFireは2倍近いパフォーマンスに
早速ですが、ベンチマーク結果を見ていきます。
・HD4850:1枚
3Dmark06 低負荷 13792
3DMark06 高負荷 7686
MHF低負荷 12322
MHF高負荷 5812
DMC4低負荷 RANK S:(125.18、110.59、149.78、87.08)
DMC4高負荷 RANK S:(96.12、72.12、109.54、66.66)


・HD4650:1枚
3Dmark06 低負荷 6911
3DMark06 高負荷 3435
MHF低負荷 5192
MHF高負荷 2269
DMC4低負荷 RANK B:(57.18、49.44、67.33、44.69)
DMC4高負荷 RANK D:(35.51、26.97、41.86、29.88)


・HD4650:CrossFire
3Dmark06 低負荷 12598
3DMark06 高負荷 6573
MHF低負荷 10140
MHF高負荷 4464
DMC4低負荷 RANK S:(110.87、96.32、126.04、84.61)
DMC4高負荷 RANK A:(69.55、52.28、73.91、57.29)


・HD4670:1枚
3Dmark06 低負荷 8952
3DMark06 高負荷 4570
MHF低負荷 6839
MHF高負荷 3012
DMC4低負荷 RANK A:(73.90、64.47、83.79、57.72)
DMC4高負荷 RANK C:(46.57、34.99、53.49、37.86)


・HD4670:CrossFire
3Dmark06 低負荷 15242
3DMark06 高負荷 8614
MHF低負荷 13474
MHF高負荷 6033
DMC4低負荷 RANK S:(142.05、124.28、158.91、107.54)
DMC4高負荷 RANK S:(100.59、78.62、109.79、74.57)



テストごとのグラフは以下の通りです。
※DMC4は、4シーンのフレームレート平均値を計測

グラフ ※クリックで画像拡大



この結果を見る限り、エントリー向けカードのCrossFireは、意外とスコアが伸びるようです。

次におまけとして、
CrossFireは違う種類のカードでも可能で、そしてこのX58 RENAUSSANCEにはPCI Express X16用スロットが4本あります。
それなら3枚以上の結果も見てみたく、HD4670のCrossFireに4650を追加して、変則3枚構成にチャレンジしました。

3枚挿し なお、低価格マザーボードにPCI Express X16スロットが3本以上あるとも思えず、ここまでくると現実的ではない構成のため、ベンチマークはMHFのみ実施です。


MHF低負荷 11212
MHF高負荷 5823

HD4670のCrossFireよりスコアが落ちました。おそらくMHFが3枚挿しには対応していないためです。
3枚挿しは対応ソフトが非常に少ないことから、効果は薄いでしょう。


プライマリ なお、X58 RENAUSSANCEでは、CrossFire時はプライマリ表示のカードが下側のため注意。3枚でも一番下がプライマリでした。
※SLIでも下がプライマリとなることを確認しています。




●2枚挿しは有効だが、価格と買い足すパーツに注意
今回の結果は、
・HD4670のCrossFireは、HD4850の1枚に勝る。製品名で例えるならHD4855〜4860くらい。
・HD4650のCrossFireは、HD4850には及ばないものの、3DMark06デフォルトのスコアが12598と十分。製品で例えるとHD4830くらい。
となりました。

今回は比較的性能が高い最新カードで試しましたが、1枚だと3DMark06のスコアが4000〜5000程度のカードの場合でも、 2枚にすれば7〜8000程度になるはずです。
このスコアだと、さすがに海外の最新FPSを高解像度エフェクト入れまくりプレイはつらいですが、設定を下げればいけます。 また、3DのオンラインRPGなら問題なくプレイ可能です。

2枚挿すと数値が伸びるのはSLIも同様のため、
低価格なCrossFire(SLI)対応マザーボードや、ミドルクラスのRADEON・GeForceが余っている方は、
上手く利用することで、コストパフォーマンスに優れる3Dゲーム用マシンが作れそうです。


ただし、
・CrossFireの結果は、PCI Express x16スロットを2本使用済みなのを忘れずに。当然ですがHD4850をCrossFireにすれば、さらにスコアが伸びます。
・HD4600シリーズも発熱が高いため、ファンが小さいビデオカードを2枚使う時は、HD4850の1枚より排気に注意。
・1枚は補助電源いらずの消費電力カードでも、2枚以上搭載すれば、消費電力はHD4850と変わりません。

という欠点もあります。

今回は低価格路線で行くという趣旨ですので、肝心の価格もチェック。
例えばHD4670が1枚余っている場合、
・買い増し
HD4670をもう1枚:8,280円
CrossFire対応マザーボード:11,480円
計:19,760円

・買い替え
HD4850:15,480円
CrossFire非対応マザーボード:10,980円
HD4670を中古買取に回す:約-6,000円
計:約20,960円

※上記価格は11/28現在のものです


こう見ていくと……、
・余剰パーツがHD4670の場合だと、余る4670を中古に回したとしても買い増しが安く、さらに性能もHD4850以上となります。
・余っているビデオカードがより古く低価格な製品だと、買い増しがさらにお得ですが、性能は下がります。
・最初からビデオカードとマザーボードを買う、もしくはCrossFire対応マザーボードのみ余っている場合は、HD4850の方が安くなります。

ほかにも電源が古い方は補助電源無しカードのほうが良いとか色々な要素はありますが、単純計算だと上記の通りです。
パーツの種類と性能、そして要求するスペックを吟味して、買い替えor買い増しどちらが良いか、じっくりご検討ください。



その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 17:49Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | マザーボード2008年11月28日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: