補助電源不要のPalit GeForce9600GTが登場

パッケ 9600GT 512MB (NE39600TFHD52)

メーカー名&URL
Palit:http://www.palit.biz/main/index.php?lang=en

価格:7,980円(2/27現在)


どうも、本日(2/27)大雪のため、帰りの電車が動くか心配しながら仕事をしてましたが、夕方には止んだので一安心の(酒)です。
今回は、補助電源不要のGeForce 9600GTとして巷で話題になりつつある、
Palit 9600GT 512MB (NE39600TFHD52:以下9600GT)
をチェックします。





●オリジナル基板で小型化を実現
早速カードを確認、そのコンパクトさが目を引きます。

3種類 中央がPalit 9600GTです。通常の9600GT(写真右)と比べれば、小ささが一目瞭然。
さすがに9500GT(写真左)よりは一回り大きいものの、カード長は175mmのため、このサイズなら、ミニ(マイクロ)タワーといったケースにも入れやすそうです。



通常9600 2種類の9600GTを手元にあったミニタワーに搭載してみました。
通常製品は3.5インチベイ近くまでカードが迫り、補助電源を挿すとベイにかぶります。



エアフロー Palit 9600GTだとスッキリ。ケースの横ラインをカードで塞がないため、エアフローも期待できます。



出力 なお、映像出力は、DVI-I・HDMI・D-Subの3種類を装備。付属品はドライバCDの他、マザーボード上のS/PDIF出力をビデオカードに取り込むケーブルもあります。




●動作クロックはわずかにダウン
次にOS上での動作確認です。ドライバは181.22、測定ツールはGPU-Zを使用。

通常GPU ・通常の9600GT
GPU Clock、Memory、Shader、それぞれ定格です。


PALIT_GPU ・Palit 9600GT
GPU ClockとShaderのクロックが抑えられています。なお、「Technology」が65nmと表示されていますが、これは情報を上手く読めていないだけとのことで、実際には55nmです。


Palit版の動作クロックが低いのは、消費電力を抑えるためかは不明です。
3D性能にどう影響するか、ベンチマークで確認します。
なお、本製品はドライバが入るまではファンが全力回転のため音が気になる方もいそうですが、入れた後はなかなかの静音です。


PC構成は
マザーボード:FOXCONN P45A-S
CPU:Core 2 Duo E8600
メモリ:A-Data PC2-6400 1GB×2
ハードディスク:WD5000AAKS A7B
OS:WindowsXP Professional
です。

ベンチマークは4種類、それぞれデフォルト設定、高負荷設定の2パターンで計測。
ベンチマーク名と高負荷設定は以下の通り。
3Dmark06:解像度1920×1200、アンチエイリアス×4、デフォルト高負荷共にSelect Testsは「SelectALL」。
デビルメイクライ4:解像度1920×1200、MSAA 4倍、TEXTURE RESOLUTION・SHADOW QUALITY・QUALITY、それぞれSUPER HIGH。
モンスターハンターフロンティアオンライン:解像度1920×1200。
ラストレムナント:解像度1920×1200、デフォルト高負荷共にフルスクリーン。


・通常の9600GT
  デフォルト設定 高負荷設定
3DMark06 10901 6399
デビルメイクライ S(147.58 107.01 171.85 90.93) C(58.46 39.83 70.91 43.86)
モンスターハンター 7701 3412
ラストレムナント 90.51 44.78


・Palit 9600GT
  デフォルト設定 高負荷設定
3DMark06 10449 6143
デビルメイクライ S(141.56 102.25 165.11 85.23) C(56.42 37.91 66.51 42.58)
モンスターハンター 7346 3271
ラストレムナント 87.20 42.98

・9500GT
  デフォルト設定 高負荷設定
3DMark06 6014 2976
デビルメイクライ B(70.08 51.67 81.03 11.70) D(25.95 17.63 32.02 20.51)
モンスターハンター 3470 1490
ラストレムナント 42.15 19.99

ベンチマーク結果は、動作クロックがそのままスコアに反映され、全項目で通常の9600GTより低下。とはいえその差は5%前後です。
なお、9500GTとの比較は、ほぼ倍のスコアとなっています。



Wチェッカー 今度はワットチェッカーを使い、システムの消費電力も測定しました。
アイドル時:OS起動から約1分後。
高負荷時:3DMark06のBatch Size Tests「512 Triangles」をループさせ、最も数値が高い状態をチェック。解像度は1920×1200、その他設定はデフォルト。


  アイドル時 高負荷時
通常の9600GT 94W前後 186W前後
Palit 9600GT 94W前後 184W前後
9500GT 81W前後 149W前後
消費電力は通常の9600GTとほぼ同じでした。それでも補助電源が不要なのは、オリジナル基板により電力使用の効率化などが図られているためと思われます。
念のため、このP45A-S環境と、さらにMSIのP45Neo-Fに取り付け、3Dmark06で負荷を2日以上かけ続けましたが、ハングアップやOS再起動などの問題は発生しませんでした。



●ブリッジがなくてもSLI対応!?
ではこれにてチェック完了と思いましたが、その時Palitから
「この9600GTはブリッジが無くてもSLI可能です」と連絡が来ました。これは見過ごせません。

SLIチェックは対応マザーが必要にて、以下の構成でチェック。
マザーボード:MSI X58 Platinum SLI(組込用マザーです)
CPU:Core i7 920
メモリ:PC3-10600 1GB×6
OS:WindowsXP Professional
※3/2 マザーボード名を訂正しました。

SLI SLIブリッジが無い本製品を2枚セット。片方はファンの色が違いますが同製品です。

SLI設定 NVIDIAコントロールパネルを開き、SLI項目の出現を確認したら有効にして再起動。


これでSLI化したはずです。
効果を見るため、3Dmark06を実行しました。
  デフォルト設定 高負荷設定
SLI無効 11266 6422
SLI有効 16100 10682

確かに有効になっています。スコアはGeForce GTX280クラスの数値です。
その形状ゆえに、ネット上ではSLI不可と書かれがちですが、実はこんな裏技があったとは驚きです。
なお、SLIの場合、本製品は1枚7,980円ですから、2枚でも約16,000円と、コストパフォーマンス抜群と言えます。

ただし、SLI有効時はファンコントロールが無効になり、常時全力回転になる模様。
しかもカード2枚とも全力回転のため、なかなかの音量ですのでご注意を。



という訳でまとめです。
・消費電力は通常の9600GTとほぼ変わらず。ただしコンパクトなのでミニタワーなどにも簡単に搭載可能。
・ベンチマークスコアは、通常の9600GTから4〜5%低下するが、補助電源不要のビデオカードとしては、RADEON HD4670を抜き最高。
・他社の9500GTとほぼ同価格で購入可能。
・SLIにも対応。ただし音が……。
となります。

本製品は補助電源不要というだけでなく、コンパクトで低価格も実現し、コストパフォーマンスと使い勝手に優れた製品に仕上がっています。
特にスペースが狭いミニタワーを使っている方には、要注目のビデオカードと言えるのではないでしょうか。
※消費電力そのものは通常の9600GTと同等ですので、小容量電源での使用にはご注意ください。



その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 18:35Comments(3)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2009年02月27日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by イ ヘミン   2009年03月27日 09:27
このPalit社のモデルは本物の新型9600GTではなく、既存の9600GTから補助電源を抜いてまるで新型のモデルように隠れたという噂があります。(韓国のwebから)もっと正確な情報をお願いします。

*実際の新型9600GTは既存のモデルより約40%の低電力だそうです。
2. Posted by ごん太   2009年05月26日 17:50
このビデオカードの購入を検討しています。
初歩的な質問なんですが、HDMI出力が装備されているのでフルHD対応なのでしょうか?
ビデオカードの選択に苦慮しております。ご教授くださいませ。
3. Posted by かっつぁん   2009年05月31日 02:52
Palit GeForce9600GTのビデオカードの購入を検討しています。

CPU Pentium D 950 3.4GHz
マザーボード GIGABYTE GA-8I945G PRO
ハードディスク WD WD360GD 10000rpm 36GB
        Maxtor 6V300F0 300GB
メモリ DDR2 PC2-6400(800) CL5 1GB×2
電源ユニット Zippy-600GE Type-R PSM-6600PE(GER

VGA LEADTEK PX7600GS TDH 256MB H/P
OS WindowsXP Home Edition

なのですが搭載可能でしょうか。
7600GSと比べて発熱はどうなのでしょうか。
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: