Scythe最新CPUクーラー、兜と刀3の冷却能力は?

2クーラー KABUTO(兜)クーラー SCKBT-1000 & 刀3クーラー SCKTN-3000

メーカー名&URL
Scythe:http://www.scythe.co.jp/



こんにちは。
先日(3/19〜20ごろ)の夏日に暑くて寝苦しくなり、「もう布団はいらんね」と片付けたものの、 再び冷えたためすぐ取り出す羽目になった(酒)です。

寒さ復活とはいえ、もう4月は目前。暖かい日が増えているのも事実で、当コーナーとしては冷却を気にする時期到来といったところ。
という訳で、今回は発売してから初の暖かい季節を迎えるCPU、Core i7対応のクーラーをチェックしたいと思います。





●あの人気クーラーに後継製品が登場
用意したCPUクーラーは、Scytheの2製品、
KABUTO(兜)クーラー SCKBT-1000
刀3クーラー SCKTN-3000
です。

3月中旬に発売されたばかりの兜クーラーは、2006年10月の発売以来、いまだ高い人気を誇る傑作CPUクーラー、
ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000
の後継と目される製品として注目を集めています。

形はANDYそっくりですが、
・高さが3mm増えた
・ヒートパイプが銅製に
・フィン枚数増加
・12cmファンがPWM対応
という変更点があり、冷却能力が強化されたとのこと。


兜とANDY 左が兜、右がANDYです。似ていますがパイプの色などが異なります。

刀3 これが刀3クーラー。フィン部分が斜めになっており、これは初代「刀」の特徴を受け継いでいます。



●Core i7 965 Extremeを相手に効果を発揮
では実際に、どれだけ冷えるかチェックします。

使用PCはこちら。
マザーボード:Foxconn Renaissance
CPU:Core i7 965 Extreme Edition
メモリ:PC3-10600 2GB×3
ビデオカード:RADEON HD4870

取り付けですが、兜クーラーはサイズが大きいため作業にコツが必要です。

塞ぐ 兜クーラーを取り付けました。マザーボードや電源をケースに入れた後だと、左上のブッシュピンが押しにくい、というか困難です。


ピン押し 今回は電源を外し、その隙間から指を入れてピンを押しました。


刀は無事 刀3クーラーは、兜クーラー・ANDYと比べコンパクトで取り付けは楽。
ただしブッシュピンがLGA775・1366両対応のため、ピンを固定している金具の穴が大きく、ピンが動きます。 固定すれば問題ないですが、固定前はピンがぐらつきます。


リテール 965用リテールファンは、Q(通常)、P(高速)という切替スイッチがあり、回転数が変わります。今回は両方チェック。


ツール 検査ソフトですが、CPU負荷は「Prime95」を使用。
測定はFoxconnの付属ツール「FOX ONE」。バージョンは最新の1.1.8.1をダウンロードしてきました。


では測定開始。
  アイドル時 負荷時
965リテールQ 35℃(1560回転) 81℃(2092回転)
965リテールP 33℃(2362回転) 75℃(3042回転)
兜クーラー 27℃(1130回転) 70℃(1463回転)
刀3クーラー 30℃(2051回転) 71℃(2654回転)
※カッコ内はファン回転数。「アイドル時」はOS起動後約10分後、「負荷時」は負荷をかけながら約10分後の数値となります。
さすが兜クーラー、965リテールQより11℃下がっています。
刀3が兜クーラーと互角なのは予想外。ファンが小さいため回転数は高いですが、音はリテールと同等でうるさく感じません。もちろん兜クーラーは静音そのもの。



温度の参考として、前日別件で計測しておいた、Galleria PC用YMケースでの965リテールQと兜クーラーの結果も掲載。
なお、こちらのケースの方が内部が広く、エアフローが効いているため、全体的に温度が低くなります。
  アイドル時 負荷時
965リテールQ 26℃(1550回転) 71℃(2121回転)
兜クーラー 25℃(780回転) 62℃(1226回転)
965リテールQも頑張っていますが、兜はさらに9℃低下。
先のケースほどではありませんが、10℃近い差でかつ静音ですので、やはり効果大と言えます。


次に、「兜クーラーとリテールの差は分かったけど、ANDYの後継としてはどうなの?」という方のため、ANDYもチェック。
※ANDYにはLGA1366用クリップが付属していないため、 別売りクリップで取り付けてます。
  アイドル時 負荷時
ANDY 31℃(1342回転) 82℃(1312回転)
TDP130Wの965が相手だと、リテールクーラーとほぼ同じ冷却能力のようです。
ただし、この結果のみだとANDYが力不足に見えてしまうため、本来の対応CPUであるCore 2 Quadでの温度もチェック。

主な構成は
マザーボード:Foxconn ELA
CPU:Core 2 Quad Q9650
メモリ:PC2-6400 2GB×2
ビデオカード:GeForce GTX295
です。

  アイドル時 負荷時
Q9650リテール 49℃(1240回転) 71℃(2385回転)
ANDY 42℃(1285回転) 59℃(1280回転)
ちゃんと冷えました。2年半前の製品ながら、現在のCore 2 Quadの上位CPUに対してもいい感じです。



●最新CPUを冷やしたい人にお勧め
結果を見たところ、
今回チェックした2製品は、サイズとファン回転数に違いはあれど、それぞれ冷却能力は十分。
特に兜は、Core i7やPhenom?の上位製品にも余裕で対応し、しかも静音と、ANDYの後継としてふさわしい製品です。
※サイズが大きいため、ケースやマザーボードの形状次第では取り付けできませんのでご注意ください。

という訳で、冷却能力が高いクーラーをお探しの方は、今回の2製品も選択肢に入れてはいかがでしょうか?

とはいえ、ANDYもCore 2 Quadの最上位であるQ9650で問題なく使えます。
ANDYと兜は価格差があるため、Core 2での使用が目的ならANDYも有力な選択肢になります。 ただし、近日中にCore i7やPhenom?の上位モデルに買い換える予定があるなら、今のうちに新クーラーにしておくと良いでしょう。
使用CPUだけでなく、予算やケースサイズも考慮した上で、最適なCPUクーラーをご購入ください。



その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 19:39Comments(0)TrackBack(0)その他 | 耳より情報2009年03月27日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: