Atomの期待株、IONの3D性能を探る

ZOTAC IONプラットフォーム

メーカー名&URL
NVIDIAhttp://www.nvidia.co.jp/page/home.html
ZOTAChttp://www.zotac.com/regionclass/index.php


最近3Dゲームを起動するとケース内から異音がするため、ビデオカードが大ピンチかと思ったら、
原因がCPUクーラーと判明して一安心(買い替えが安く済む)の(酒)です。

5月に新登場したIONマザーボードは、
CPUにAtom、マザーボード(チップセット)にnVIDIA製IONプラットフォームを採用。Atomの弱点だった3D性能を強化し、さらに動画再生支援機能により、フルHD映像の再生にも対応しています。
今回は、以前Atomでもチェックした3D性能に着目し、どれだけパワーアップしているのかを検証します。





●FFベンチマークのスコアが2〜3倍!
用意したIONマザーボードは、
マザー写真
ZOTACIONITX B-E(近日入荷予定)
です。
この製品はシングルコアAtom N230搭載製品で、他にもデュアルコアAtom N330搭載製品も発売中です(近日再入荷予定)。

チェック項目は、
・Superπ 104万桁
FinalFantasyBenchmark3
の2種類を、メモリ容量を変えつつ見てみます。

ではスタート。
  1GB × 1枚 2GB × 1枚 2GB × 2枚
Superπ(CPU使用率) 93秒(51%) 92秒(50%) 92秒(50%)
FFベンチ:Low 2893 2986 2989
FFベンチ:High 1891 1931 1941

Atomマザーボードと比較すると、
Superπは互角。

そしてFFベンチですが、
計測データがないためネット情報を調べたところ、N270、チップセット945GSE搭載ネットブックで、Lowのスコアが970程度となっています。
ここにはN280(FSB533MHz)、チップセット945GMEのネットブックがあるので、参考として計測してみました。
なお、945GMEはGSEより高クロックのためスコアが伸びると予想されます。

Low :1523
High :1091
※メモリは1GB

スコアがN270モデルの3倍、N280搭載モデルと比較しても2倍近くとなりました。
なお、これらのベンチマークでは、メモリ容量の影響は一応ありましたが、差は小さいです。
※実際のゲーム・HD動画用途では、仮想メモリへのアクセスを少しでも減らすため、なるべく大容量メモリの搭載をお勧めします。



●実際のゲームプレイも好結果
チェック前は、FFベンチマークの数値がそれなりに伸びれば満足、と思っていましたが、
2〜3倍という結果を見て、実際のゲームもチェックしたくなりました。

そこで、昨年12月のパーツの犬「Atomパワーで3Dゲームをエンジョイ?」で、画面設定を最低クラスにして「なんとかプレイ」&「それでもダメ」だった、

・Lineage
・HALO体験版

この2本がプレイできるか挑戦しました。
※画面左上のフレーム数は「FLAPS」で表示



・Lineage
Atom:画面解像度1024×768 16bit、最低FPSの維持オン(テクスチャ品質などをすべて最低にする)で、なんとかソロ狩り(1人でモンスターと戦う)が可能。
しかも閑散とした狩場(画面内に他のプレイヤーやモンスターが少ない場所)が前提です。


Lineage_綺麗
ION:初期村(キャラクター作成直後に出現する各種族の拠点となる村)付近で見ると、写真の設定、視点標準角度・視点位置遠目で30フレーム出ました。
(視点を上げて遠くの背景を見ると20フレーム程度になります)
ただし、露店放置キャラクターが多い「ギランの町」では、5フレームまで低下し、画面内のキャラクター同時表示数を最低にすると、10フレームに改善しました。
※視点標準角度:マウス右クリック2回押し直後の角度。
 視点位置最高:ホイールを手前に回し、キャラクター表示を限界まで小さくした状態。これで遠くが見えやすくなります。


Lineage_最低ON
なお、Atom同様に「最低FPSの維持オン」だと、4フレームほど上昇。上の写真と背景表示はさほど変わりませんが、遠方の動物や警備兵が見えません。つまり、敵の接近や遠距離攻撃に対して、対応が遅れる事に……。

Lineage II(R) and Lineage II(R) the Chaotic Throne are trademarks of NCsoft Corporation. 2003-2008(C) Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage II the Chaotic Throne in Japan. All Rights Reserved.



・HALO体験版
HALO_ATOM
Atom設定では、体験版ステージ最初の銃撃戦(敵味方合計20キャラクター以上が出現)で、画面内に6人くらい見えると激しくコマ落ち。マシンガンの弾すら出なく……。

HALO_ION_01
ION:この設定で、銃撃戦の真っ最中に20フレーム出ています。

HALO_ION_2

SPECULAR・PARTICLES設定を入れるため、手榴弾の爆発を表示できるのが嬉しいところ(Atom設定だと見えません)。

(C) 2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.


●3D性能だけでなく、低消費電力にも注目
結果として、IONの3D性能は「とても頑張っている」と言えるでしょう。
古いソフトとはいえ、FPSもプレイ可能、Lineage兇任呂△訥度綺麗な画面でソロ狩りが出来ます。
正直ここまでやるとは思いませんでした。

もちろん高解像度液晶&高負荷設定で大規模銃撃戦orパーティ狩りは無理ですが、
「時間が空いたので軽くソロ狩りしたい」時などは問題ありません。

また、Atomベースだけに、消費電力も少ないのがポイント。
そこで、
MEMORY:PC2-6400 2GB ×2
ハードディスク:Western Digital WD10EADS
光学ドライブ:BUFFALO DVSM-P58U2/B(USB外付け)
の構成で消費電力を測定しました。

アイドル時 :33〜34W
高負荷時 :38〜39W

光学ドライブを内蔵にすると、もう少し消費電力は増えますが、この数値は魅力的です。
これなら家庭内サーバーとしての利用にも向いています。


こう見てしまうと、従来のAtomマザーボードの立場が苦しく感じられますが、
IONの価格はAtomの2倍強、特にデュアルコアCPU搭載製品は3倍強という差があります。
※Atom搭載マザーボード・ベアボーンの価格は こちら

AtomとION、どの様な用途に向いているかですが……、
・メインPCにしたい方は、価格差を考えてもIONがお勧め。Atomは増設が難しく、後からHD動画再生や3Dゲームを希望しても対応が困難のため、結局PCがもう1台必要になります。
・サーバー、もしくはインターネットやメール、文書作成がメインなら、従来のAtomで十分。3DゲームをするならIONが好ましい。
・大画面TVに接続して、家族で映像を見る、といったHTPC用途ならION。もし大画面TVのままゲームもしたいなら、通常のPC(音が気になる場合、低音ファン等を駆使して静音PCを構築しましょう)。
というイメージでしょうか。

もちろん今のイメージが絶対条件ではありませんが、AtomとIONはある意味別物といえる製品です。
購入時は、性能・用途・予算をよく吟味して、必要な製品お選びください。


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 18:40Comments(0)TrackBack(0)マザーボード | CPU2009年06月05日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: