AthlonII 45W CPUと省電力ビデオカードでエコ&3DPCを作成

パッケージ AthlonII TDP45Wシリーズ



どうも、今週は台風の影響で、皆さん同様に通勤に一苦労した(酒)です。
先月Intelの新CPU、Core i5・i7をチェックしましたが、 9月にはAMDからも省電力版のAthlonIIが発売されて、色々な意味で話題となったことを忘れてはいけません。
という訳で、今回はその新CPUをチェックしてみましょう。





●5050eよりベンチマークスコアが向上
9月18日に登場した新CPUは、
デュアルコアのAthlonII X2 240e・235e、
そしてクアッドコアであるAthlonII X4 605eの3種類です。

同じAMDの省電力CPUであるPhenomIIの905e・705eとの違いは、3次キャッシュを搭載しない代わりに、TDP 45Wを実現(PhenomIIの2製品は65W)。
AMDのTDP 45W製品と言えば、Athlon X2 5050eが思い浮かびますが、 新45WCPUは5050eと比べ性能・消費電力がどう変わったのか気になります。

そこで、
AthlonII 240e
AthlonII 605e
の2種類を用意して、5050eとの違いを計測します。
なお、235eは240eの低クロック版ですので、性能・消費電力共に少し下がると考えてください。

チェック内容は、5050eとGeForceGT GEの構成で、「3DゲームもプレイできるエコPC」を作成した5月8日の記事と同じ内容で進めます。
※5月8日のエコPC作成記事は こちら!

その他構成は前回同様、
マザーボード:FOXCONN A7GM-S(780Gチップセット)
メモリ:PC2-6400 1GB×2
ハードディスク:HITACHI HDP725032GLA360
光学ドライブ:LG GH22N
OS:WindowsXP Professional SP3
です。


チェックソフトと各設定も同じです。
・3Dmark06(スコアはCPUとビデオカードの両方が影響)
デフォルト時:Select Testsを「SelectALL」に変更
高負荷時:解像度1680×1050、Select Testsを「SelectALL」に変更


モンハン
モンスターハンターフロンティアベンチマーク(以下MHF:CPUの影響小)
デフォルト時:1280×720
高負荷時:解像度1680×1050
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALLRIGHTS RESERVED.


FF
Final Fantasy Benchmark 3(以下FFbench:CPUの影響大)
High(1024×768)
(C)2002-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. (写真は通常のゲーム画面です)


ではスタート。
  3DMark06(デフォルト時) 3DMark06(負荷時) MHF(デフォルト時) MHF(負荷時) FFbench(High)
5050e 8710 8080 5778 3326 7594
240e 9794 8752 5831 3336 9198
605e 10172 9220 5850 3348 8109
※前回記事とビデオカードのメーカーやケース(電源)が異なるため、5050eでも再計測しました。

グラフ

さすが新CPUだけあり、いずれも5050eより高スコアを記録。特に605eだと、3DMark06のデフォルトで10000を突破。
なお、FFbenchで240eが605eより高いのは、FFbenchはマルチコア非対応で、動作クロックが大きく影響するからです。
それでも605eが200MHz高速な5050eより高スコアなのは、クロック辺りの処理能力が優れているためでしょう。



●消費電力は5W程度アップ
次に、注目の消費電力をチェックします。
計測方法は以下の通り。
Wチェッカー
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時:OS起動後、2分ほど放置した状態の数値
CPUのみ負荷:CPU負荷ツール「Prime95」を実施して約5分後の数値
MAX:「Prime95」と、MHFベンチマークの最高負荷設定(1920×1200)を同時に実行し、1周終わるまでの最高値

  アイドル時 CPUのみ負荷 CPU&ビデオカード負荷
5050e 74W 121W 157W
240e 79W 122W 159W
605e 80W 127W 162W

240eと605eは5050eと比べ、消費電力の差はアイドル時で最大6W、負荷時は5W程度のアップで収まりました。
全く同じ消費電力とは行きませんが、差は小さく、それ以上に性能が向上しているので、5050eの後継製品として問題はないでしょう。

今回の様にGeForce9600GT GEがセットの場合、さすがに最新3Dゲームを高負荷設定でも超スムーズとは行きませんが、
通常設定や、MMOといった比較的軽めの3Dゲームなら十分プレイ可能です。
せっかくの省電力CPUですから、ビデオカードに省電力版9600GTや9800GT、RADEONならHD4670やHD4770を組み合わせて、エコ&3DもいけるPCを作成してはいかがでしょうか。
(3Dゲームをしないなら、ビデオカードを785Gや790GXのオンボードにすれば、より省電力になります)
※CPUの購入前に、マザーボードが対応しているかあらかじめご確認ください。また、マザーボードが対応しても、BIOS更新が必要な場合もありますのでご注意下さい。



その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 15:32Comments(0)TrackBack(0)CPU | ビデオカード2009年10月09日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: