GeForce GT220・240を使ってエコ&3DPCを作成

パッケージ GeForce GT220・240

各種製品絶賛発売中!


どうも、最近PCゲームを買ったものの、ゲーム起動直後にOSが100%ハングアップするため対処に苦慮している(酒)です。

NvidiaのGeForce GT200シリーズは、3D性能はエントリーorミドルクラスですが、
DirectX 10.1やHDMI音声出力を備えるなど、以前の9シリーズより機能が強化され、しかも省電力化しているとのことです。
という訳で、今回は9600GT GEの代わりにGT200シリーズを用いて、エコPC作成にチャレンジします。
※5月と10月のエコPC作成記事は こちら と こちら!




●GT220 DDR3とGT240 DDR5を測定
チェックするビデオカードは、
Palit GT220 DDR3 1GB
Palit GT240 DDR5 512MB
の2種類です。

使用PCは、
10月のエコPCとほぼ同じ環境にしました。

マザーボード:Foxconn A7GM-S(780Gチップセット)
CPU:AthlonII x2 240e
メモリ:PC2-6400 1GB×2
ハードディスク:WD15EADS
光学ドライブ:LG GH22N

OSも前回に合わせ、XP Professional SP3です。
ただし、前回とハードディスクや電源が異なるため、前回と同じ9600GT GEも用意して消費電力を再計測しています(3D性能は10月のものです)。


チェックソフトと各設定は以下の通り。
・3Dmark06
デフォルト時:Select Testsを「SelectALL」に変更
高負荷時:解像度1680×1050、Select Testsを「SelectALL」に変更


MHF
モンスターハンターフロンティアベンチマーク(以下MHF)
デフォルト時:1280×720
高負荷時:解像度1680×1050
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALLRIGHTS RESERVED.


FF
Final Fantasy Benchmark 3(以下FFbench)
High(1024×768)
(C)2002-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. (写真は通常のゲーム画面です)


ワットチェッカー
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時:OS起動後、2分ほど放置した状態の数値
MAX:「Prime95」と、MHFベンチマークの最高負荷設定(1920×1200)を同時に実行し、1周終わる間の最高値



・3D性能
  3DMark06(デフォルト時) 3DMark06(負荷時) MHF(デフォルト時) MHF(負荷時) FFbench(High)
GT220 DDR3 1GB 6806 5937 3748 2094 8769
GT240 DDR5 512MB 9069 8282 5924 3429 9069
9600GT GE 9794 8752 5850 3348 9198


・消費電力
  アイドル時 負荷時
GT220 DDR3 1GB 50W 121W
GT240 DDR5 512MB 51W 133W
9600GT GE 69W 151W


3D性能は、GT240は3DMarkが9600GT GEから6%ほどダウン、FFが少しダウン、MHFは少しアップと競っており、ほぼ互角です。
GT220は、9500GTと9600GT GEのほぼ中間と言えます。
※以前計測した9500GT環境(CPU:Core 2 Duo E8400)は、3DMark06デフォルト:5752、FFbench(High):7640でした。

消費電力に関しては、GT240が大健闘。9600GT GEと3D性能が互角ながら、18Wほど軽減しています。
メーカーHPのスペック「最大グラフィックスカード出力(W)」ではGT240が9600GT GEより10W高いものの、実測値は下がる模様です。



●性能と消費電力のバランスは優秀
今回の計測を見ると、
GT220:3D性能は9500GTと9600GT GTの中間、最大消費電力は9500GTと同等。
GT240:3D性能は9600GT GEと同等、最大消費電力は9600GT GEより18W程度低い。
となりました。

GT220・240シリーズは、絶対的な3D性能を備える製品ではありませんが、
9500GT〜9600GTと互角の3D性能と、進んだ省電力化、
かつ今回は触れていませんが、DirectX 10.1やカード単体でのHDMIサウンド出力にも対応している点も含めると、製品バランスはなかなかと言えそうです。
※GT220:DDR2製品やGT210の3D性能は、9500GT未満となります。

なお、GT220にはメモリがDDR2、GT240はメモリがDDR3搭載の下位モデルが同じく発売中ですが、
これらの製品はメモリ性能が異なるため3D性能が下がりますのでご注意下さい。
その代わり低価格のため(GT240 DDR3は1GBの価格がDDR5 512MBと同じです)、
VRAM容量や予算重視の方にお勧めです。

まとめとして、高解像度のハードなレースゲームやFPSをプレイするにはより上位のビデオカードが向いていますが、
比較的軽い設定、もしくはネットワークRPG(一部除く)がメインという方には問題ありません。
消費電力が9600GT GEより大幅ダウンということは、長時間の露店放置でも電気代を抑えられるのが魅力ですから、
そういった用途が多い方はぜひGT200シリーズの購入を検討してはいかがでしょうか。



その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 19:02Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2009年12月04日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: