AthlonII X2 260uでエコ&3DPCを作成

260u AthlonII X2 260u

メーカー名&URL
AMD:http://www.amd.com/jp/Pages/AMDHomePage.aspx


どうも、4月末から一気に気温が上がり、おかげで寝つきが良くなった(酒)です。

先月末に6コアのCPU、PhenomII X6が登場し活気付いているAMDのCPUですが、
同じ4月には超低消費電力のAthlonII X2 260u(以下260u)も発売されており、
マザーボードとのセット販売限定ながらなかなかの人気を誇っています。
この省電力っぷりは当コーナー恒例のエコPC作成にふさわしいのではと思い、早速チェックしてみました。
※以前のエコPC作成記事は  こちら と  こちら と  こちら と  こちら!





●TDPはノートPC用のCPUと同等
260uはTDPが25W、いわゆるノートPC向けCPUと互角以上です。
これまでAMDの省電力CPUと言えば、TDP45WのAthlonII X2 240e・235e・X4 605eが知られていますが、
260uは動作クロックを1.8GHzに落とす事で、TDP25Wを実現しています。
クロックが低い分性能は240eなどに譲りますが、いわゆるネットやメール、家庭のサーバーといった用途には十分な性能を備えています。
※TDP45W製品のレビューは こちら!

つまり、このCPUを利用すれば、ノートPC並にエコなデスクトップPCが作れる訳です。
ハードディスクや光学ドライブ、そして液晶ディスプレイの消費電力がノートPCより大きいため、総合的な消費電力は上回るでしょうが、
それでも相当の省電力化が期待できます。

PC構成は、
マザーボード:ASRock M3A785GMH/128M
MEMORY:PC3-10600 2GB×2
ハードディスク:Western Digital WD10EARS
光学ドライブ:LG BH10NS30
OS:Windows 7 Ultimate

チェックソフトと各設定は、
FF
Final Fantasy Benchmark 3(以下FFbench)
High(1024×768)
(C)2002-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. (写真は通常のゲーム画面です)


・3Dmark06
解像度:デフォルト(1280×1024)、テスト項目:Select Testsを「SelectALL」


MHF
モンスターハンターフロンティアベンチマーク(以下MHF)
解像度:デフォルト(1280×720)
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALLRIGHTS RESERVED.


・Superπ(円周率計算):104万桁


ワットチェッカー
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時:OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
CPUのみ負荷:負荷ツール「Prime95」を実行し、約5分後の数値
最大負荷:「Prime95」と、MHFベンチマークのデフォルトを同時に実行し、1周終わるまでの最高値
です。
今回のビデオカードは785Gオンボードのため、3Dベンチマークの高負荷設定は割愛しました。
なお、比較用CPUには、TDP45WのAthlonII X2 240e(動作クロック2.8GHz)を用意しています。


・各種ベンチマーク
  FFBench 3DMark06 MHF Superπ
260u 3140 1661 725 41秒
240e 3947 1734 733 28秒


・消費電力
  アイドル CPU負荷 最大負荷
260u 32W 56W 64W
240e 32W 80W 88W




●省電力PC向けCPUの有力な選択肢に
240eと比較して、ビデオカードよりもCPUの動作クロックが影響するFFBench、Superπは分が悪いですが、
他の2ベンチマークは健闘しており、これならブラウザ上のネットワークRPGといった軽い3Dゲームなら遊べるという印象です。
もし目的のゲームがオンボードVGAで苦しい場合は、やはり省電力のビデオカードである
RADEON HD5450やHD5570を増設する事をお勧めします。
※RADEON HD5450・5570の記事は こちら!

そして、今回の目玉である消費電力は240eよりさらに24W低下し、最大負荷でも64Wに収まりました。
一般的な21.5〜23インチ液晶ディスプレイの消費電力は30〜40Wですから、合計でも100W前後で済みます。


この260uはマザーボードとのセット販売のため、
CPUだけを買い換えて省電力PCを作りたい場合は入手し難いものの、
新たに省電力のサーバーやサブPCを作りたい方にとっては、魅力大かと思います。
より省電力を求めるならATOM搭載マザーボードも候補ですが、
260uは785Gマザーボードとセットなら、ある程度の3D性能が期待できるほか、搭載可能なメモリ容量も多いため64bit OSも活用できます。

これから省電力PCを作成したい方は、ATOMだけでなく、ぜひ260u+マザーボードも考えてはいかがでしょうか。


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:20Comments(0)TrackBack(0)CPU | マザーボード2010年05月07日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: