2万円台の新ビデオカード「GeForce GTX560 Ti」の実力

パッケージ GeForce GTX560 Ti

メーカー名&URL
Nvidiahttp://www.nvidia.co.jp/page/home.html



どうも、メインPCのマザーボードをP55からP67 Transformerに交換完了し、
LGA1156のCPUでも最新チップセットという環境にご満悦な(酒)です。

今回は、火曜夜に登場したビデオカードの新製品、GeForce GTX560 Tiをチェックします。





●GTX460とGTX570の間を埋めるビデオカード
このGTX560 Tiは、型番こそGTX460の後継に見えますが、
GTX460とGTX570の間となる製品とうたわれています(560 Ti登場後もGTX460は継続販売します)。
ここでは3D性能や消費電力をGTX460や570と比較して、
実際にどの辺りの位置付けになるのかをチェックしました。


カード形状
チェックするビデオカードは、
Palitの定格クロック製品:NE5X56T01102-1140F
です。なお、Palitの560 Tiは、カードサイズやクーラーの形状がGTX460(写真上)と変わりません(基板デザインは違います)。
※OCやVRAM 2GBの製品はデュアルファンとなります。


ディスプレイ出力
出力端子も同じです。


補助電源とヒートシンク
補助電源が6ピン×2という点も一緒ですが、GTX560 Ti(写真下)はヒートシンクが銅付きになり、 冷却能力が強化されています。


ではチェックを開始します。
なお、本日(1/27)SLI環境を入手できたため急ぎ追加チェックしましたが、
時間の都合によりベンチマークを絞っていますのでご了承下さい。

使用PCは、
マザーボード:H67(ATX)
CPU:Core i7 2600K
Memory:PC3-10600 2GB×2
HDD:WD10EADS
電源:550W(80PLUS非対応品)
OS:Windows 7 Ultimate
ドライババージョン:266.54(GTX560 Tiの製品付属版)、266.58(GTX460/570)
です。

なお、最初に使用したH67マザーボードはSLI非対応のため、SLIチェック用に別PCを用意しました。
マザーボード:ASRock P67 Extreme4
CPU:Core i7 2600K
Memory:PC3-10600 4GB×2
HDD:WD1002FAEX
電源:750W(80PLUS対応品)
OS:Windows 7 Ultimate
※P67マザーボードのため、SLI時のPCI-E x16スロットは、x8 + x8 動作になります。

チェック項目と設定は以下の通り。
・3DMark 06:解像度1920×1080、Select Tests「SelectALL」
・3DMark Vantage(以下Vantage):High
・3DMark 11:Extreme
・MHFベンチマーク「絆」(以下絆):解像度1920×1080
・FINAL FANTASY(R) XIV(以下FF14)ベンチマーク:High
※SLI環境でのチェックはVantageと11のみになります(絆はSLI非対応)。

・PC全体の消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動から約5分後
 負荷時  :CPU負荷ツール「Prime95」と3DMark 11を同時に実行し、Graphics Test 1終了までの最高値。
※2種類の環境はCPU以外のパーツが大きく異なるため、GTX560 Tiの消費電力は両環境で計測。


・3D性能
  3DMark06 Vantage 3DMark 11 FF14
GTX460 1GB 19056 10699 1052 6289 2989
GTX570 24357 17248 1706 10538 5045
GTX560 Ti 23040 14344 1410 8647 4030
GTX560 Ti:SLI   25461 2601    

・PC全体の消費電力
  アイドル時 負荷時
GTX460 1GB 55W 294W
GTX570 70W 377W
GTX560 Ti 59W 332W
SLI環境(Single) 67W 329W
SLI環境(SLI) 92W 533W

ベンチグラフ ・3D性能グラフ

電力グラフ ・PC全体の消費電力グラフ





●コストパフォーマンスは非常に優秀
計測結果は、見事に3D性能・消費電力共にGTX460とGTX570のほぼ中間となりました。
これまでGTX460とGTX570は性能・消費電力の差が大きく、中間の製品を求めていた方も多いと思いますが、
このGTX560 Tiがまさに「ちょうど良い」存在になりそうです。
なお、SLIでは8割前後のスコアアップを確認できました。

価格はPalit製品なら24,000円から購入でき、性能を考えるとコストパフォーマンスは優秀です。
1/27現在、GTX460 1GB(OC版)が17,000円前後、そしてGTX570が33,000円前後ですので、こちらも上手く分けられています。
今回の結果を参考に、性能・消費電力、そして価格を見比べて、用途に合うビデオカードをお選び下さい。


■今回紹介した製品
GeForce GTX560 Ti


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 17:12Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2011年01月27日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: