補助電源不要のファンレス版GeForce GTS450を計測

パッケージ ASUS:ENGTS450 DC SL/DI/1GD3

メーカー名&URL
ASUS:http://www.asus.co.jp/



いまだに症状発生済みP67マザーボードを交換していないので光学ドライブが使えず、
DVD起動が必要な戦国SLGがプレイできずやきもきしている(酒)です(交換は18日予定)。

今回は、補助電源不要でファンレスという仕様が話題のGeForce GTS450を見ていきます。





●コアクロックとメモリをダウンして
 省電力&ファンレス化
ここで紹介する製品は、
ASUS:ENGTS450 DC SL/DI/1GD3
です。
通常のGTS450は6ピンx1の補助電源が必要ですが、
本製品はGPUのコアクロックを594MHz(定格783MHz)に落とし、
またメモリをDDR3:800MHzに変更(通常はGDDR5:902MHz)し、
消費電力を抑えることで補助電源を不要としています。
また、コアクロックが落ちたことで発熱も減り、ファンレス化も実現しています。

もちろんクロックの低下やメモリ変更により3D性能も低下します。
ここで心配なのが、ここまで下げるとGT440未満になっていないだろうか、という事です。
という訳で、GT440・本来のGTS450を性能や消費電力を比較し、本製品の位置づけを確認してみましょう。


製品写真02
まずは形状をチェック。厚さは2スロットです。
画面出力は、DVI-I・D-Sub・HDMIです。

製品写真01
ヒートパイプやヒートシンクがカードより突き出ていますので、ケースの横幅や奥行にご注意を。
また、ヒートシンクがSLIコネクタより高いので、
SLIブリッジケーブル取り付け時はケーブル部分が柔らかいものを使用してください。


ではチェックを開始します。使用PCとチェック内容は以下の通り。
マザーボード:ASRock H67M-GE
CPU:Core i3 2100
MEMORY:PC3-10600 2GB×2
ハードディスク:WD1002FAEX
電源:350W(アクティブPFC非搭載)
OS:Windows 7 Ultimate 64bit

・3Dベンチマーク
 3DMark06    :解像度デフォルト(1280×1024)、Select Tests「SelectALL」
 3DMark Vantage(以下Vantage):High
 3DMark 11   :Performance
 FINAL FANTASY(R) XIV(以下FF14)ベンチマーク:High
 MHFベンチマーク「絆」(以下絆)            :1920×1080

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時   :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 PC全体の負荷  :「Prime95」と3DMark 11:TEST1(解像度1280×720)を同時に実行し、約5分後の数値

なお、ENGTS450は電力チェックと同じ状態で、アイドルと負荷時の温度も計測。
ミニタワーケースに搭載した状態で、
背面ファン無し、背面9cmファン2種類(1100・1600回転)の3パターンをチェックしました。


・3D性能
  3DMark 06 Vantage 3DMark 11 FF14
通常版GTS450 14910 H6848 P2057 1997 4072
ENGTS450 10787 H4376 P1461 1396 2617
GT440 9693 H3676 P1261 1148 2218

・消費電力・温度(アイドル時・負荷時)
  消費電力 温度:ファンなし 1100回転 1600回転
通常版GTS450 63W・201W      
ENGTS450 55W・146W 52℃・88℃ 45℃・82℃ 37℃・76℃
GT440 56W・154W      

・3D性能グラフ(クリックで拡大)
グラフ



●GT440より高性能かつ省電力
チェックの結果、本製品は通常のGTS450に比べ性能は下がりますが、消費電力も50W以上減っています。
懸念されたGT440未満という事もなく一安心です。
特に消費電力に関しては、GT440よりも少ない点が高評価です(ファンが無い事も影響しています)。

温度は背面ファン無しだと90℃近くまで上がりましたが、背面ファンがあると一気に下がります。
本製品に限らず、ファンレス製品はエアフローが無いとカードの周囲に熱気がこもり温度が上がりがちです。
なお、2年近く前にもファンレスビデオカードとエアフローの関係について紹介していますので、
こちらもご参照ください。

ただし、エアフローのために高速ファンを取り付けると、
そちらの音が気になりビデオカードをファンレスにした意味が無くなりますのでご注意を。
※ファンレスビデオカードとエアフローについての記事は こちら!

感想ととして、GT440より高性能の本製品は、補助電源不要のGeForceでは最強クラスの製品で、
その上ファンレスですので静音性も優秀と言えます。
本来のGTS450の性能を求めている方には向かないものの、
補助電源不要でなるべく高性能なビデオカードを探しているなら、ぜひ候補にしてはいかがでしょうか。


■今回紹介した製品
ASUS:ENGTS450 DC SL/DI/1GD3


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 14:09Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2011年06月09日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: