A-DATAメモリを増設して効果を確認!

ADTメモリA-DATA:PC3-10600 4GBx2枚組メモリ

メーカー名&URL
A-DATA:http://www.adata-group.com/index_jp.html



どうも、
冷え込んだ先週土日に、エアコンは切っていましたが扇風機の風を直撃させたまま
寝ていたら体調を崩した(酒)です。皆さんもお気を付け下さい。

現在A-DATAの4GBx2枚組メモリが非常にお買い得で、なんと3,000円を切りました(8/25現在)。
まさに増設チャンスと言えるのですが、「増設の効果は?」と聞かれると、
「体感も含めいろいろ高速化する、重くなりにくい」という返事だけで終わってしまうのが現状です。

という訳で、今回は実際に増設すると何がどう高速化し、重くなりにくいのかを見ていくことにしました。





●メモリ増設時はCドライブ容量に注意
メモリの増設前に、まずはCドライブの容量をチェックしましょう。
今回の様に大容量メモリ増設時は、Cドライブ上にある
・pagefile.sys(仮想メモリ用ファイル)
・hiberfil.sys(休止にした時メモリの内容を退避させるファイル)
という2種類の隠しファイル容量も増加して、Cドライブを圧迫します。
 ※この2ファイルは、隠しファイルやオペレーションシステムファイルを表示する設定にしないと見えません。


24GB 6GB
左の写真は今回チェックするX58環境に4GB×6枚を搭載して24GBにした状態です(右の写真は6GB)。
この2ファイルだけで40GBを超えます。
さらにOS用ファイル・各種ドライバ・ブラウザやTEMP用キャッシュも加わるため、
何をせずとも60GBは使ってしまいます。
さらに各種ツールやゲームもCドライブにインストールすると……。

つまりCドライブに小容量(主に80GB以下)のSSDを使っている方は注意が必要です。
ですが、この2ファイルは設定次第で移動・削除できます(移動の場合は別ドライブが必要)。
Cドライブ容量ををすぐ増やせない場合、この方法で対応するのも手でしょう。
 ※2ファイルの移動や削除方法は、以下の記事をご覧ください。
   Intel X25-Vの記事は こちら!


さらに、TEMPやブラウザのキャッシュ用フォルダをCドライブから移動・削除すると、
Cドライブのアクセスが減り、使用しているハードディスクやSSDの負担が減るという利点もあります。
特にSSDの書込み回数が気になる方には嬉しい事かと思います。
この移動方法は テッシーのデビュー記事 でどうぞ!
 ※テッシーデビュー記事のOSはXPのため一部表記が異なります。
  Windows 7では以下の部分に注意しながら進めてください。
  ・TEMP場所変更:
   プロパティ表示の「詳細設定」タブが「システムの詳細設定」メニュー、になりました。
  ・Internet Explorerキャッシュ変更:
   インターネットオプション上の「インターネット一時ファイル」が「履歴の閲覧」に変わっています。




●容量アップで効果を確認
では実際にメモリ増設の効果をチェックします。

使用PCは以下の通り。
マザーボード:ASRock X58 Extreme3
CPU:Core i7 980
ハードディスク:HITACHI HDS5C3020ALA632
ビデオカード:GeForce GTX560
OS:Windows 7 Ultimate 64bit


チェック項目は、
・負荷無しでのLineageII起動
・負荷をかけながらのLineageII起動
 負荷の内容は、CPU負荷ツール:Prime95(12コア負荷)+CINEBENCH 11.5のCPUテストを同時に実行。

メモリは通常設定、仮想メモリオフ、仮想メモリオフ&TEMPをRAMディスクに移動 の場合も調べてみました。
なお、8GB構成は4GB×2枚となります。
 ※RAMディスクの作成はフリー・市販ソフトなどがあります。作成は自己責任となりますのでご注意ください。


・負荷なし
  標準設定 仮想メモリオフ 仮想メモリオフ・RAMディスク作成
3GB 27・17秒 27・17秒  
6GB 27・17秒 26・17秒  
8GB 26・16秒 26・17秒 26・16秒
12GB 27・16秒 27・16秒 26・16秒
24GB 24・16秒 24・15秒 23・14秒

・負荷あり
  標準設定 仮想メモリオフ 仮想メモリオフ・RAMディスク作成
3GB 44・34秒 計測不可  
6GB 36・28秒 36・27秒  
8GB 36・27秒 36・27秒 58・48秒
12GB 35・26秒 36・26秒 36・25秒
24GB 35・25秒 34・25秒 33・23秒

結果がややこしいですが、簡単に説明すると以下の通りです(RAMディスクは4GB設定)
なお、これらはあくまで一般的な負荷の場合です。大容量の画像や動画を編集するなら、メモリ容量が多いほど快適になるでしょう。

・複数の負荷をかけるつもりはない(ゲームだけ・動画の視聴だけ)なら3〜4GBでもいけます。
  3GBでも24GBでも起動時間は3秒ほどしか変わりませんでした。
  ただし、古いゲームなど一部アプリケーションには、
  起動中にデータを溜め込んで解放せず、メモリ使用量がどんどん増えていくソフトがあります。
  この場合、3GB搭載時は起動時は問題なくても、長時間プレイすると動作が重くなったり、
  メモリ不足の警告文が出ます。
  この様な経験がある方は、やはり増設をお勧めします。

・負荷をかけつつゲームなど他の事をするなら、最低6〜8GBは欲しいです。
  3GBと6GBでは8秒変わりました。なお、最初2GBも計測しましたが、問題外なほど重くなり、
  3分たっても起動しないので断念しています。

・仮想メモリを切る&RAMディスクにTEMPを移すといったテクニックも駆使して負荷をかけるなら、
 RAMディスク作成後にメモリ容量が8GB以上残る、つまり12GB以上搭載が好ましいです。
  8GB搭載で仮想メモリオフ&RAMディスクを作成し実際のメモリ容量が4GBになった場合、
  負荷時の起動時間が通常の3・6GB搭載時より遅くなっています。
  なお、3GB時の仮想メモリオフは、各ツールからメモリ不足エラーが出たため計測不可。

・仮想メモリ&RAMディスク作成でも負荷はあまりかけないなら4GB残すように増設。
  つまり8GB以上です。


以前パーツの犬で、8GB搭載時にRAMディスクで3GB使用&仮想メモリオフにしたら、
アンチウイルスソフト常駐+デュアルディスプレイ+LineageIIの二重起動で2時間後くらいに、
メモリ不足の警告が出たという報告例があります。
つまり仮想メモリを切って複数負荷を掛ける場合、残りメモリ容量が5GBでも心もとないという事です。

我が家は現在16GB搭載で、RAMディスクに4GB使用&仮想メモリを切っていますが、
アンチウイルス・スパイウェア対策常駐+LineageII&信長の野望 天道+ブラウザ複数ページを同時起動
(片方のゲームプレイ時は片方最小化ですが)でも警告は全く出ません。


なお、一部の画像編集ソフトなど、仮想メモリを切ると起動しないアプリケーションがあります。
その場合はpagefile.sysやTEMPをCドライブ以外に移して、
Cドライブの空き容量アップとアクセス減で少しでもスピードアップを図ってみてください。




●64Bit OSの方はこの機会にぜひ増設を
チェック結果を見たところ、
さすがにメモリ増設だけでは何倍も速くなる訳ではありませんが、
確実に起動時間が減り、かつ負荷時の低速化を抑える効果を確認できました。
さらに、仮想メモリオフやRAMディスクも活用できれば、
ハードディスクやSSDへのアクセスが減るというプラスアルファも得られます。
さらにこれは数値では出しにくい事ですが、
Windowsの操作全体がスムーズになり体感速度も向上します。

64BitOSを使っていながら、メモリが4GB未満という方は、せっかくの64bitを活かしていないことになりますので、
ぜひ増設をお考えください。
そして、32bitOS使用でメモリ不足を感じているなら、
これを機会にぜひ64bit環境の導入を検討してはいかがでしょうか?
(環境移行時は、使用ソフトが64bit対応かどうかを予めご確認ください)



■今回紹介した製品
AD3U1333C4G9-2 (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:28Comments(1)TrackBack(0)メモリ | ドライブ類2011年08月25日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by hiroto   2011年08月26日 14:34
今自作しないで、いつ自作する!?って感じですね。

早いトコ構成を練らねば(`・ω・´)シャキーン
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: