TDP65WのクアッドコアAPU「A8-3820」を検証

写真AMD A8-3820

メーカー名&URL
AMD:http://www.amd.com/jp/Pages/AMDHomePage.aspx



どうも、引越しの各種手続き真っ最中で大忙しの(酒)です。
しかも古い家電とサブPCを一気に買い替えようとしているので費用も絶賛増加中です。

今回は、次のサブPC用候補に考えているAMDのAPUに新製品が登場しましたので、
早速見てみましょう。





●クアッドコアでTDP65W製品の実力を測定
このA8-3820は、クアッドコアのAMD A8シリーズでは初となるTDP65Wモデルです。
動作クロックは2.5GHz(TurboCore時に2.8GHz)、
ビデオ機能は他のA8同様にRADEON HD6550Dを搭載しています。

という事で、ここでは4コアでTDP100Wの上位製品A8-3870Kや、
TDP65Wの下位製品となるA6-3500と共に、性能や消費電力をチェックします。
 ※TDP100WのA8-3850記事は こちら  と こちら!
 ※TDP65WのA6-3500記事は こちら!
   A4-3300/3400の記事は こちら!


使用PCやチェック内容は以下の通りです。
マザーボード:ASRock A75M
MEMORY:PC3-12800 2GB×2
ハードディスク:SEAGATE ST31000524AS
ビデオカード:オンボード
OS:Windows 7 Ultimate 64bit
電源:550W(80PLUS非対応)

・CPUベンチマーク
 Hyperパイ(1コア計測):1M桁
 CINEBENCH:CPU測定

・3Dベンチマーク
 3DMark06    :解像度デフォルト(1280×1024)、Select Tests「SelectALL」
 3DMark 11   :Performance
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐) :1280×720

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 CPU負荷:「Prime95」を実行して約5分後の数値。
 最大負荷:「Prime95」と大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


・CPU性能、消費電力
  Hyperパイ
(少ない方が高速)
CINEBENCH アイドル CPU負荷 最大負荷
A5-3600 30.404秒 1.96 37W 86W 104W
A8-3820 26.598秒 3.02 39W 109W 127W
A8-3870K 25.132秒 3.58 39W 146W 181W

・3D性能
  3DMark 06 3DMark 11 大討伐
A6-3500 5381 P754 2478
A8-3820 6872 P1080 3372
A8-3870K 6994 P1089 3377

・消費電力グラフ(クリックで拡大)
消費電力

・3D性能グラフ(クリックで拡大)
3D性能




●上位製品以上のワットパフォーマンスを発揮
結果を見たところ、3D性能はやはり3870Kに迫っており、
ほぼ互角と言えそうです。

CPU性能は、全コアフル動作となるCINEBENCHは500MHzの差が反映され、
約17%程度の差となりました。
ただし、1コア計測のHyperパイの場合、A8-3820はTurboCoreが効き、
TurboCoreが無いA8-3870Kとのクロック差が200MHzに縮まるため、
その差は1.4秒程度に収まっています。

消費電力はさすがに3コアの3500よりは高いものの、
3870Kと比べて50W以上減っており、TDPの差以上にエコとなりました。

本製品はCPU性能が勝るA8-3870Kより1,000円ほど高価ですが、
消費電力が大幅に低下したことにより、
電源容量が小さいMiniITX用ケースにも搭載しやすくなるなど使い勝手は向上しています。
もちろん電気代も減る訳です。
これまで電源容量が小さいMiniITX用ケースなどでは
トリプルコア以下の製品を選ぶ方も多かったと思いますが、
より高性能な構成にしたいという方は、このA8-3820に注目してはいかがでしょうか。



■今回紹介した製品
AMD:A8-3820


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 15:30Comments(0)TrackBack(0)CPU | ビデオカード2012年03月15日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: