インテル第3世代 Core i7/i5の3D性能と消費電力チェック

CPU写真 第3世代 Core i7/i5

メーカー名&URL
Intel:http://www.intel.co.jp/

各種製品発売中
一部店舗でも販売中!


新居にインターネットがようやく開通しました。
ADSLからケーブルテレビにしたところ、
サービスの数値は3倍差(50Mbps→160Mbps)ですが、
実測値が従来の10倍以上(600KB/s→8MB/s)になりご満悦の(酒)です。

今回は、先日登場したIntelの最新CPUである、
第3世代Core i7/i5(コードネーム:IvyBridge)の性能を見て行きましょう。
 ※6/1:i7 3770Tの計測結果を表に追加しました。

 ※2013/6/3:第4世代Core i7/i5が発売されました! 記事はこちら!







●第2世代のCPUより性能アップと
 消費電力ダウンを実現
この第3世代 Core i7/i5は、第2世代(コードネーム:SandyBridge)と比べ、
ビデオ機能を強化しつつもTDPを引き下げて77Wにし、
ワットパフォーマンスの強化が図られています。
また、7シリーズのマザーボードと組み合わせることで、
PCI Express Gen3.0といった数々の新機能に対応します。
 ※7シリーズのマザーボード記事はこちら!

なお、各CPUのスペックや詳細な機能は、インテルのHPやドスパラ特集ページをご覧ください。
 ※インテルのCPUページは こちら!
  CPU特集ページは こちら!

ではチェックを開始します。今回見た製品は以下の5種類です。
i7 3770K
i7 3770
i7 3770S
i5 3570K
i5 3450
i7 3770SはTDP65Wの省電力版、i5 3450はビデオ機能がHD2500となります。
 ※6/1:i7 3770Tの計測結果を表に追加しました。

使用PCやチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード:ASRock H77Pro4-M
 Memory:PC3-10600 4GBx4
 ハードディスク:HITACHI HDS721010CLA332
 電源:300W(80PLUS非対応)
 OS:Windows 7 Ultimate 64bit

・ベンチマーク
 CINEBENCH:CPU測定
 Hyperパイ:1M桁(1コア測定)
 3DMark06:解像度デフォルト、Select Tests「SelectALL」
 3DMark11:Performance
 大討伐 :解像度デフォルト

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動後、2分ほど放置した状態
 CPU負荷 :負荷ツール「Prime95」を実行し、約2分後の数値
 最大負荷:「Prime95」と大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最大値


なお、比較対象として、i7 2700k・i5 2500を用意。
メモリはPC3-12800を搭載すると、第2世代CPUの時にPC3-10600動作となる事から、
BIOS等の設定を変更せずに環境を統一したいので、PC3-10600を使用しています。
 ※PC3-12800と10600の違いを確認するため、i7 3770Kは両方のメモリでチェックしました。
   6/1:i7 3770Tの計測結果を追加しました。


・CPU性能
  CINEBENCH Hyperパイ
(少ない方が高速)
3DMark
06
3DMark
11
大討伐
i7 3770K 7.49
(7.51)
9.47秒
(9.453秒)
6516
(6829)
P756
(P762)
3309
(3429)
i7 3770 7.47 9.5秒 6491 P752 3305
i7 3770S 7.11 9.516秒 6478 P751 3278
追加:i7 3770T 6.20 9.968秒 6462 P749 3301
i5 3570K 5.93 9.765秒 6346 P734 2960
i5 3450 5.46 10.561秒 4144 P410 1530
参考:i7 2700K 6.94 9.735秒 5037 N/A 2537
参考:i5 2500 5.38 10.234秒 3241 N/A 1047
 ※i7 3770Kのカッコ内数値はPC3-12800メモリを搭載時のもの。
  第2世代CPUはDirectX 11非対応にて3DMark 11は未計測。


・消費電力
  アイドル時 CPU負荷 最大負荷
i7 3770K 44W 146W 161W
i7 3770 44W 143W 158W
i7 3770S 43W 118W 133W
追加:i7 3770T 43W 103W 115W
i5 3570K 43W 122W 136W
i5 3450 43W 106W 121W
参考:i7 2700K 44W 178W 196W
参考:i5 2500 43W 156W 175W


3D性能 ・3D性能グラフ

消費電力 ・消費電力グラフ




●ワットパフォーマンスの向上を確認
計測結果を見ると、型番通りの性能と消費電力となりました。
中でも、TDP65Wのi7 3770Sは、
8スレッド動作でありながら4スレッドのi5 3570Kよりエコという点に注目です。

そして内蔵ビデオ機能に関しては、
HD2500とHD4000の性能差が大きい事が分かります。
もし内蔵ビデオ機能でゲームもしたい方は、HD4000搭載製品を選んだ方が良いでしょう。
また、メモリの違いでスコアアップも確認できましたので、
これから第3世代CPUでPCを構築する方は、ぜひPC3-12800メモリをお勧めします。
 ※PC3-12800メモリの記事は こちら!

最後に第2世代CPUとの比較ですが、
i7 2700Kとi7 3770K、そしてi5 2500とi5 3570Kを比べた場合、
CPU・3D性能にそれぞれに差が出ています。
その上で、消費電力は30W以上減りました。
これからインテルCPU構成のPCを新たに作成する予定、
もしくは第2世代以前のCPU環境を使用中でどうするか考えている方は、
是非今回の結果を参考にしてください。




■今回紹介した製品
第3世代 Core i7/i5
一部店舗でも販売中!


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 14:57Comments(4)TrackBack(0)CPU | 耳より情報2012年05月10日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by hiroto   2012年06月24日 17:53
参考になります。

IvyBridgeは前評判と比べて、OCがあまり伸びてないレビューを見るのですがどうなんでしょう?

できればOC耐性をチェックした記事をお願いしたいです。
2. Posted by MBT Shoes   2013年03月22日 18:25
ビューを見るのですがどうなんでしょう?
3. Posted by replica watches   2013年11月27日 14:58
できればOC耐性をチェックした記事をお願いしたいです。
4. Posted by hivizag   2014年04月27日 12:29
C耐性をチェックした記事をお
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: