GT640やGT620の性能を確認

GT640 GEFORCE GT640等

メーカー名&URL
NVIDIA:http://www.nvidia.co.jp/page/home.html
各種製品発売中!
各店舗でも発売中!


最近雨の日が増えてきました。
普段の通勤は自転車ですが、雨が降ると靴やカバンが濡れるほか、
慣れない電車&バスのラッシュにもまれて大変な(酒)です。

今回はGEFORCEのエントリー向けモデル「GT600」シリーズから、
GT640を中心にGT620も一緒に紹介します。





●Keplerコア搭載のGT640は
 補助電源不要でもGTS450に迫る

このGT640は、先日発売されたGT610・620・630同様に、
補助電源を必要としないエントリー向けモデルです。

ただし、610・620・630がGPUコアに「Fermi」を搭載しているGT520・430・440を
そのまま流用している製品なのに対し、
GT640はGTX670・680と同じKepler系のコアを搭載した新モデルとなります。

GTX680・670に関しては以前の記事で紹介済みですが、
そのワットパフォーマンスの高さを考えると、
GT640にも期待がかかるところです。

という訳で、PalitのGT640(1GB版)を入手しましたので、
その性能を見て行きましょう。
スペックはNvidiaの製品紹介サイトをご覧ください。


GT640_GTS450
まずは形状から。
このPalit製GT640(写真上)はLowProfile製品と同等のサイズで、
下のGTS450と比べ非常にコンパクトです。
 ※LowProfile製品ではありません。

厚さ
厚さは共にく2スロット。
そして出力コネクタは、両方D-Sub・DVI-I・HDMIでした。


ではチェックを開始します。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード:ASRock H77Pro4-M
 CPU:i5 3570K
 Memory:PC3-10600 4GBx4
 ハードディスク:HITACHI HDS721010CLA332
 電源:300W(80PLUS非対応)
 OS:Windows 7 Ultimate 64bit

・ベンチマーク
 3DMark06:解像度デフォルト・1920x1080、Select Tests「SelectALL」
 3DMark11:Performance・Extreme
 大討伐 :解像度1920x1080

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動後、2分ほど放置した状態
 ビデオ負荷:3DMark11「GraphicTEST 1」をループして約5分後の数値。
 最大負荷:「Prime95」とビデオ負荷を同時に実行し、約5分後の数値

なお、比較対象はGTS450とGT630です。


・3D性能
  3DMark 06解像度1280
(解像度1920)
3DMark 11 Performance
(Extreme)
大討伐
GTS450 16734(13689) P2390(X723) 4128
GT640 13358(10731) P2375(X706) 2983
GT630 10446(8421) P1397(X423) 2257

・消費電力
  アイドル時 ビデオ負荷 最大負荷
GTS450 56W 150W 217W
GT640 52W 99W 168W
GT630 52W 111W 185W


・3D性能グラフ
3D性能


・消費電力グラフ
消費電力

GT640はGTS450と比べ、DirectX 9のベンチマークが8割程度、
DirectX 11のベンチマークはほぼ互角(97%程度)でした。
もちろんGT630に対してはどちらも勝っています。
消費電力は補助電源なしだけあり、GTS450から50W減っています。
しかもGT630より少ないという点は要注目で、
さすが新コアというところでしょうか。

小型のケースで容量が大きくない(補助電源コネクタが無い)電源を使っているが
3Dゲームも過不足なくプレイしたい方とって、
このGT640は有力な候補となりそうです。




●GT620以下は動画再生等の用途にオススメ
GT640のワットパフォーマンスが明らかになったところで、
今度はGT620を見てみます。

先述の様に、
GT610・620・630はそれぞれ520・430・440と同じコアを使用しています。
ただし、GT620だけはメモリのバス幅がGT430と比べて半減しており、
GT430と比べて3D性能が低下します。
という訳で、実際にどの程度異なるのかを見てみましょう。

GT620_430
同じPalitのGT430(下)と比べてみました。形状ははほぼ同じです。

使用PCは先と同じ。ベンチマークは
3DMark 06の解像度デフォルトと
3DMark 11のPerformanceのみを実施しました。

・3D性能
  3DMark 06 3DMark 11
GT430 8655 P1183
GT620 5010 P905

・消費電力
  アイドル時 ビデオ負荷 最大負荷
GT430 53W 96W 165W
GT620 52W 87W 156W

以上の結果となりました。
一部ショップでは、GT620と430を同じとして販売されているようですが、
この通り性能は違いますので、
3Dゲーム用途の製品をお探しの時はご注意ください。

ただし、同じ20番台であるGT520の後継として見ると性能アップとなります、
古いマザーボードの動画再生支援機能の強化や、
ブラウザゲームなど軽ソフトのプレイ用に
安価なビデオカードを探している方には十分な製品と言えるでしょう。
さらに低価格な製品で良ければGT610もありますが、価格の分3D性能も下がります。
この結果を参考に、予算と用途を考えて最適の製品をお選びください。



■今回紹介した製品
GEFORCE GT640等
各店舗でも発売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 11:25Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2012年06月07日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: