最新ビデオカード「GEFORCE GTX660Ti」を速攻レビュー

パッケージ Palit GeForce GTX660Ti

メーカー名&URL
Palit:http://www.palit.biz/palit/index.php?lang=jp


寝る時に扇風機を体に直撃する状態にしていたら
夏風邪気味になり鼻水が止まらなくなった(酒)です。
皆さんもお気を付け下さい。

今回は、先ほど販売開始されたばかりの最新ビデオカード
「GEFORCE GTX660Ti」を早速紹介します。





●Palitの定格&OC製品を測定
現在GEFORCE 6シリーズは、GTX670・680・690というハイエンド向けと、
GT640という補助電源不要のエントリー向け製品が発売されていますが、
(旧コア採用のGT630以下は除く)
GT640とその他は価格&性能差が激しく
ミドルレンジ帯の製品が有りませんでした。

このGTX660Tiはその隙間を埋めるべく登場した製品で、
2万円台後半から購入できるのがポイントと言えます。
この価格帯の製品はこれまでも人気が高く、
GEFORCE 6シリーズでも待ち望んでいた方も多いと思いますので、
急ぎ性能をチェックしましょう。


Palit_2製品
まずは形状をチェック。このPalit製品は、GTX670と同じクーラーを使用しています。
下はOC製品である「JetStream」です。
 ※GPU:1020MHz、Boost:1085MHz、Memory:6108MHz相当にアップ。
  厚さは3スロットとなります。



gtx660ti
基本スペックはGTX670に近く、
GPU・Memory・Boostクロック、さらにShader(Cudaコア)数が同じです。
ただしROPsが32から24に、メモリバス幅が256bitから192bitに減っています。


では測定を開始します。
使用PCとチェック内容は以下の通り。
GTX660Tiは定格版を2枚用意できましたのでSLIも確認。
比較対象には、GTX560TiとGTX670を用意しました。
 マザーボード:MSI X79A-GD65(8D)
 CPU:Core i7 3960X
 MEMORY:PC3-12800 4GB×4
 ハードディスク:WD 1002FAEX
 電源:750W(80PLUS)
 OS:Windows 7 Ultimate 64bit


・3Dベンチマーク
 3DMark 06      :解像度1920×1080、AA x4、Trilinear、Select Tests「SelectALL」
 3DMark 11      :Extreme
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920×1080
 PSO2体験版(以下PSO2):簡易設定5

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、3分ほど放置した状態の数値
 ビデオ負荷    :3DMark11「GraphicTEST 1(1280×720)」をループして約5分後の数値。
 最大負荷    :ビデオ負荷+「Prime95」を同時に実行し、
            約5分後の数値(負荷コア数は消費電力が最も上がるように調節)

・使用ドライバ
 GTX560Ti・GTX670 :301.42
 GTX660Ti       :304.87


・3D性能
  3DMark 06 3DMark 11 大討伐 PSO2
定格版GTX660Ti 23979 X2728 15698 25796
JetStream 24056 X2759 15874 26332
SLI 26825 X5142 13422 28120
GTX560Ti 20972 X1523 10428 18743
GTX670 25968 X2925 17241 29781

・消費電力
  アイドル時 ビデオ負荷 最大負荷
定格版GTX660Ti 74W 248W 388W
JetStream 73W 254W 393W
SLI 86W 480W 542W
GTX560Ti 77W 280W 423W
GTX670 74W 255W 397W

・3D性能グラフ
3D性能

・消費電力グラフ

消費電力




●560Tiの後継として十分な性能を発揮
計測結果を見たところ、
GTX560Tiと比べ大幅な性能アップ&消費電力減を確認できました。
性能は50%以上増、消費電力は30W減というところでしょうか。
これなら後継モデルとして申し分ありません。

上位製品のGTX670と比較すると、性能は10%程度の低下で済んでいます。
ただし、消費電力は意外にも差が小さいという結果でした。

SLIですが、非対応である大討伐のスコアが下がるのは
GTX670・680・690の時と同じですが、
SLI対応であるPSO2のスコアも効果が薄いのは解せません。
ドライバが初期版という事があるかと思いますので、
PSO2をGTX660TiのSLIでプレイしたいと考えている方はご注意ください。
 ※その他ゲームでも影響が出る可能性があります。

最後にJetStreamですが、
定格版より全ベンチマークでスコアアップしているものの、
GTX680に迫ったGTX670版ほどの性能向上はありません。
 ※GTX690・670の記事は こちら!

これはBoostクロックが原因で、
定格版は基準値980MHzですが、今回の計測では1085MHz前後までアップしています。
そしてJetStreamは基準値が1085MHzと定格版より105MHz勝りますが、
実測での最大値1120MHz程度でした。この伸び率がスコアにも表れている様です。
とはいえスコアは確実に上がっていますし、ファンの冷却能力も期待が出来ます。

感想として、このGTX660Tiは
前モデルとなるGTX560Tiと比べワットパフォーマンスが大幅に向上しており、
2万円台のビデオカードとしては非常に優秀です。
これから3Dゲーム用にビデオカードを購入予定の方は、
ぜひ本製品を候補にしてはいかがでしょうか。
そしてJetStreamですが、定格版との価格差は1,000円ですので、
少しでも高性能にしたいが2万円台で抑えたい方にお勧めです。



■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX 660Ti


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 22:00Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2012年08月16日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: