AMD最新CPU「FX-8350」を検証

写真 AMD FX-8350

メーカー名&URL
AMD:http://www.amd.com/jp/Pages/AMDHomePage.aspx

販売ページはこちら!
各店舗でも発売中!


Windows 8に備え、
いろいろと忙しい日々を送っている(酒)です。
今回はAMDの最新CPU「FX-8350」を急ぎチェックしてみます。





■CPUコアを改良した新たなFX
このFX-8350は、CPUコアに先日発売されたTrinityと同じ
新アーキテクチャの「Piledriver」を搭載した新モデルとなります。
従来のFXシリーズで採用していた「Bulldozer」よりも、
マルチスレッド動作時の処理能力を高めているとの事にて、
実際にどの程度パワーアップしているのかを、簡単にですが見てみましょう。
 ※FX-8350の販売ページ(スペック有)は こちら!
 ※旧FXのスペックは こちら!


使用PCとチェック内容は以下の通りです。
 マザーボード:ASRock 990FX Extreme4
 Memory:PC3-12800 4GBx2
 ビデオカード:GEFORCE GT640
 OS:Windows 7 Ultimate 64bit
 電源:750W(80PLUS)

・CPUベンチマーク
 CINEBENCH:CPU測定(8コア・1コア測定)
 Hyperパイ:1M桁(8コア・1コア測定)

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動後、5分ほど放置した状態
 CPU負荷 :負荷ツール「Prime95」を実行し、約5分後の数値


・CPU性能
  Hyperパイ
8コア
Hyperパイ
1コア
CINEBENCH
8コア
CINEBENCH
1コア
FX-8150 28.626秒 20.795秒 5.89 1.01
FX-8350 26.424秒 21.965秒 7.00 1.10

・消費電力
  アイドル時 CPU負荷
FX-8150 75W 244W
FX-8350 75W 241W




■マルチスレッド処理の向上と省電力化を確認
CINEBENCHと8コア時のHyperパイでFX-8350が優秀。
ただし1コア時のHyperパイのみFX-8150が高速でした。
全体的に、最上位モデルの面目躍如という印象です。
特にマルチスレッドで強いという事は、
エンコードなどで威力を発揮しますので、こういった用途の方に向いています。

なお、パイの結果を踏まえると、1コア時の処理は8150と差が無い様に感じますが、
現在シングルスレッド用のソフトは少なく、
そして古いソフトに対しては、8150でも8350も十分な性能ですので、
影響はさほど無いと思われます。

そして消費電力についてですが、クロックや性能がアップしたにも関わらず、
消費電力が8150より減ったのは予想外でした。
これは新アーキテクチャの効果が出ていると言えそうです。

結果として、このFX-8350は、
性能だけでなくワットパフォーマンスも従来製品より強化されています。
AMD構成でハイエンドPCを目指したい方は、
ぜひ新コアのFXをお試しください。




■今回紹介した製品
AMD:FX-8350
各店舗でも発売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:48Comments(0)TrackBack(0)CPU | マルチメディア2012年10月25日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: