Palit製ツール「ThunderMaster」でOCとエコを実現

Palitパッケージ Palit製ツール「ThunderMaster」

メーカー名&URL
Palithttp://www.palit.biz/palit/index.php?lang=jp

Palit製品の販売ページはこちら!


ビデオカードを買い替えたいと思い製品を物色(現在はRADEON HD7750)。
どうせなら今後登場予定のゲーム機と互角以上という事で、
RADEON HD7850やGeForceGTX660を候補にした(酒)です。

今回はPalit製品に付属しているツール「ThunderMaster」
の最新バージョンをチェックしてみます。





●Palit製ツール「ThunderMaster」で
 手軽に性能アップ

ThunderMasterは、Palitのビデオカードに付属、
もしくはホームページよりダウンロードできる設定ツールです。
ビデオカードの各種データを確認できるほか、
オーバークロック(以下OC)も可能となっています。
(しかも他社のビデオカードでも使えます)

そして、この3月に登場した最新バージョンの「1.9」には、
消費電力を減らすのに役立つ機能が追加されたとの事。
そこで、今回はOCとその新機能について確認してみました。
 ※OCはメーカー保証外行為となりますので、自己責任でお願いいたします。

Palit旧ツール画面
Palit製品のドライバディスクからドライバをインストールすると
このツールも一緒に入ります。現在の製品には1.7か1.8が付属している様です。

Palitダウンロードページ
最新バージョンは、
このページからダウンロードして下さい。


Palit新ツール
1.9では左上に搭載しているGPU名が表示されます。
また、日本語表示にも対応しました。

Palitツール設定ボタン
OCの方法ですが、
電源アイコンを押します。

Palit旧ツール設定ウインドウ
あとはGPUとビデオメモリのクロックを自由に変更すればOKです。
電圧変更も可能です(画面はバージョン1.7)。


ではOCの効果を確認してみましょう。
使用PCやチェック内容は以下の通りです。
 マザーボード:ASUS P9X79 DELUXE
 CPU:Core i7 3930K
 MEMORY:PC3-12800 4GB×2
 ハードディスク:WD 1002FAEX
 OS:Windows 7 Ultimate 64bit

 3DMark(無料版)   :Fire Strike
 PSO2体験版(以下PSO2):簡易設定5、ウインドウ(解像度1280x720)
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080

チェック時のクロックは以下の通りです。
・定格:GPU1058MHz、メモリ5000MHz相当(ツール上だと2500MHz表示)
・GPUのみOC:GPU1211MHz
・GPUメモリ両方OC:GPU1211MHz、メモリ5386MHz相当(ツール上では2693MHz表示)
GPUを1300MHzに近づけるとベンチマーク中に定格に戻った為、
この個体では1211MHzまでとしました。

  3DMark
Fire Strike
PSO2 大討伐
GTX650定格 1858 4077 5462
GPUのみOC 2039 4816 5917
両方OC 2177 4989 6010

ご覧の様に、GPUのみ、両方、それぞれのOC時に
順調にスコアアップしました。

なお、OCのコツとしては、一気にクロックを上げず、
2〜30MHzずつ小刻みに上げていく事でしょうか。
安定して動作する有効範囲を少しオーバーという状態では、
ツール側でクロックを元に戻してくれますので、
そうなった場合は少し下げて様子を見て行きましょう。
ですが、一気に上げすぎるとPCがハングアップしますので、
くれぐれも注意して下さい。

Palitツール上げすぎ
試しにGPUとメモリを最大値にしたところ、
OKを押した瞬間に画面が緑になってPCがハングアップしました。




●「FPS上限」を固定して
 消費電力を大幅に抑える
次に1.9の新機能である、FPS固定機能を見てみましょう。
これはその名の通り、ビデオカードがゲーム画面を1秒間に描画する回数
(FPS:フレームレート)の上限を固定するというものです。
例えば上限を60FPSにすると、
本来100〜500FPS出せる性能のビデオカードでも、
60FPSまでしか出なくなります。

この機能に何の意味があるかですが、
リフレッシュレートが60Hz対応のディスプレイを使っている場合、
ゲーム画面のFPSが100でも500でも、
実際に我々が見ているディスプレイの画面は、
1秒間に60回しか書き換えられていません。
つまり極端に言えば、60Hzモニタの場合、FPSは60あれば
実際のプレイでさほど支障はありません。

その上で、FPSを抑えるという事はビデオカードの性能を
フルに発揮しないで済むため、消費電力が減るはずです。
という訳で、実際にどうなるかチェックしてみましょう。

Palit新ツール設定ウインドウ
設定はOCと同じく電源アイコンを押します。
1.9だと「FPS上限」という項目が追加されています。

Palit新ツール27FPS設定01 Palitツール27FPS設定02
FPSの上限は1〜254まで1フレーム単位で変更可能。
255にすると、表示が「MAX」となり制限が無くなります。
画面の様に、27FPSといった変わった数値でもちゃんと機能しました。


では消費電力をチェックしてみましょう。
使用PCはベンチマーク時と同じ。
チェック内容は、PSO2の簡易設定1、解像度1280x720、ウインドウモードを
上限60FPSと、MAXの2パターンで測定し、
都市を走るシーンが終わるまでの最大値をワットチェッカーで確認。

簡易設定を1に下げたのは、
MAX時にフレーム数を少しでも多く上がるようにして、
上限60FPSの時と差を出すためです。
なお、このチェック時にはGTX660もあったので、一緒に見てみました。

Palit新ツール660
GTX660搭載時には「消費電力上限」が追加されていますが、
これはGPU Boostに関連する項目となります。
GTX650にはGPU Boostが無い為表示されません。

  MAX 上限60FPS
GTX650定格 174W 134W
GPUのみOC 181W 134W
両方OC 183W 136W
GTX660 250W 131W

MAXと上限60FPSを比較したところ、
GTX650定格で40W、そしてGTX660だと120Wも消費電力が減りました。
高性能ビデオカード搭載時に負荷が低いゲームをプレイする場合、
この機能は非常に効果的と言えるでしょう。

さらに興味深い事に、
上限60FPS時の消費電力は、GTX650よりGTX660の方が低くなっています。
これはベンチマーク(ゲーム)の種類や設定次第で変わる為、
全ての状況でGTX660の方がエコになる訳ではありませんが、
こういう場合もある、という事は知っておいて損は無さそうです。

今使っているビデオカードの性能が少しだけ物足りない、
逆に高性能だから古いゲームをプレイするのは消費電力がもったいない、
と思っている方は、ぜひこのツールで
性能アップや消費電力ダウンを試してはいかがでしょうか。



■今回紹介した製品
Palit製ツール「ThunderMaster」
(Palit製品の販売ページはこちら!)
各店舗でも販売中!


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 15:51Comments(1)TrackBack(0)ビデオカード | その他2013年03月28日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 七味とうがらし   2013年12月25日 16:57
設定しても反映されず保存もされないんですけど
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: