新コア「GK208」採用のGeForce GT630・GT640を検証

パッケージ 新コア採用GeForce GT630・GT640

メーカー名&URL
Palit:http://www.palit.biz/palit/index.php?lang=jp
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


今週は比較的涼しく、エアコンをつけっぱなしで寝たら
朝に寒かったので切るようにした(酒)です。
皆さんも夏風邪をひかない様にご注意ください。
今回は、新コア採用で生まれ変わったというGeForce GT630/640
をチェックしてみます。





●新GPUコア「GK208」搭載で
  ワットパフォーマンスが向上
今回紹介するGT630/640(以下新GT630・新GT640)は、
GPUコアにKepler世代のGK208を搭載する製品です。
 ※従来のGT630(以下旧GT630)はGT400(Fermi)世代のGF108、
  そしてGT640(以下旧GT640)は同じKeplerですが、GK107というコアを搭載していました。

GK208の特徴は、GK107と比べてROP(Rendering Output Pipeline)数や
メモリバスが半分となっている事です。
これだけを聞くとGK208搭載の新GT640は性能がダウンしている印象ですが、
その代わりにGPUクロックを高く、
さらに搭載メモリをDDR3からGDDR5に変更し、動作クロックが3倍近くにアップ。
結果として旧GT640よりメモリ帯域が向上しています。

そして新GT630はGPUコアが最新になっていますが、
メモリは同じDDR3のため、帯域は半分となります。
 ※旧GT630にはGDDR5搭載製品も有りますが、現在販売中の製品はDDR3版のため割愛

GT640は同じKeplerのため、ROP数は減っているものの、GPUクロックや
メモリ帯域が勝る事を考えると、新GT640が性能アップと推測できますが、
GT630はここまでスペックが変わると、新旧どちらが高性能なのか一目では分かりません。
という訳で、Palitの新旧GT630/640を用意しましたので、実際にチェックしてみましょう。

まずは基本スペックをどうぞ。
新コア採用やメモリバス半減の効果か、TDPも減っているのが特徴です。
  CUDA数 TMU数 ROP数 搭載メモリ
メモリバス
GPUクロック メモリクロック
メモリ帯域
TDP
旧GT630
GF108
96 16 4 DDR3
128bit
810MHz 1800MHz相当
28.8GB/s
65W
旧GT640
GK107
384 32 16 DDR3
128bit
900MHz 1800MHz相当
28.8GB/s
65W
新GT630
GK208
384 32 8 DDR3
64bit
902MHz 1800MHz相当
14.4GB/s
25W
新GT640
GK208
384 32 8 GDDR5
64bit
1046MHz 5000MHz相当
40.0GB/s
49W


新カード帯域
なお、新GT630/640は、接続インターフェイスも制限されており、
PCI-E x8 Gen2.0となります。帯域は双方向4GB/sです。
「PCI-Eの帯域が1/2〜1/4になるのは相当きつくない?」と思われるかもしれませんが、
ローエンドのビデオカードの場合、16GB/sを使い切る事はまずありえず、
4GB/sでも問題ないでしょう。
 ※旧GT630はPCI-E x16 Gen2.0のため双方向8GB/s、
  旧GT640はPCI-E x16 Gen3.0のため双方向16GB/sです。


3製品の形状
次に形状を見てみましょう。
左から旧GT630、新GT630/640です。
新GT630のコンパクトさが目を引きます。

新GT630
新GT630はPCI-Eスロット部分がx8の長さしかない為、カードもコンパクトです。
ヒートシンクが無ければ増設USB/SATAカードと間違えそうです。

出力コネクタ
出力コネクタはご覧の通り。
いずれもD-Sub・DVI・HDMIの3種類です。
ただし、旧GT630のDVIはIですが、新製品はDVI-Dとなります。
厚さはいずれも2スロットです。



では測定を開始します。
使用PCやチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード :ASRock H87 Performance
 CPU       :Core i7 4770
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 ハードディスク:HGST HDS721010CLA332
 電源      :900W 80PLUS Silver
 OS       :Windows 7 Ultimate 64bit

・ベンチマーク
 3DMark無料版  :Cloud Gate・Fire Strike
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1280x720、ウインドウ
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1280x720
 ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1280x720、ウインドウ
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、3分ほど放置した状態の数値
 ビデオ負荷    :大討伐を実行し、一周終わるまでの最高値
 最大負荷    :ビデオ負荷+CPU負荷ツール「Prime95」を同時に実行しての最高値


・3D性能
  3DMark
Cloud Gate・Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV
旧GT630 6768・865 2880 4244 2628
旧GT640 9123・1379 4123 5792 3398
新GT630 7027・992 2295 3845 2406
新GT640 11006・1640 6312 7132 4204
 ※新生FFXIVの、解像度1920x1080、フルスクリーン設定でのスコアは、「新生FFXIVベンチマーク」のページをご覧ください(計測環境が少し異なります)!

・消費電力
  アイドル ビデオ負荷 最大負荷
旧GT630 57W 108W 195W
旧GT640 57W 94W 176W
新GT630 52W 73W 157W
新GT640 54W 92W 172W



・3D性能グラフ
3D性能

・消費電力グラフ

消費電力




●省電力化のGT630、性能アップのGT640
計測結果はご覧の通りです。
新製品の特徴をまとめると、以下の通りと言えるでしょう。

新GT630:旧GT630と比較して、GPUコアが影響するソフトは勝るが、
       逆にメモリ帯域が影響するソフトが苦しい。消費電力は大幅ダウン。
新GT640:消費電力は旧GT640と同等〜微減、ただし性能アップ。
       従ってワットパフォーマンスが向上。

新GT630は、メモリ帯域が半分になったため、PSO2 v2、大討伐、新生FFXIVで
ダウンしていますが、GPUコア性能の向上により、3DMarkのスコアはアップしています。
そして消費電力ですが、相手があのFermiコアとはいえ、
同じ型番で消費電力が40W近く減るというのは驚異的ではないでしょうか。
新GT640は、TDPの差(16W)ほど消費電力は減っていませんが、それでも確実にダウン。
その上で、性能が旧GT640とGTX650との中間程度までアップしています。

GT630を購入予定の方は、遊びたいゲームがある場合、GPUとメモリのどちらが影響しやすいかを
予めネットで調べておくのが良いかもしれません。
動画再生やブラウザゲームが目的で3D性能をさほど気にしないなら、
圧倒的に消費電力が小さい新モデルをお勧めします。
そしてGT640ですが、現在のところ新モデルはビデオメモリ容量1GB、
旧モデルは2GBの製品が販売中です。
ほぼ同価格帯ですので、性能かメモリ容量か、求める用途に応じてお選びください。




■今回紹介した製品
Palit GeForce GT630・GT640
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:44Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2013年07月18日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: