AMD A10-6700T速報レビュー!

パッケージ AMD A10-6700T

メーカー名&URL
AMD:http://www.amd.com/jp/Pages/AMDHomePage.aspx

販売ページはこちら!
パーツ館など一部店舗でも販売中!


つい先ほど、AMDのAPU「A10-6700T」が発売されました。
本コーナーでは速報レビューをお送りします。





●待望のTDP45W版APUが登場
 その性能と消費電力をチェック

A10-6700Tは、日本限定で販売されるRichland版AMD Aシリーズの最新CPUです。
これまでRichlandのAシリーズにはTDP100Wと65Wの製品が発売されていますが、
このA10-6700Tは初のTDP45W製品という事で注目を浴びています。

TDP削減の為に、CPUの動作クロックを
定格2.5GHz、TurboCore3.5GHzに抑えているものの、
(A10-6700は定格3.70GHz、TurboCore4.3GHz)
ビデオ機能に関しては、A10-6700/6800Kと同じ384SPのRADEON HD8600Dシリーズを搭載。
(A10-6700Tは8650D、A10-6700/6800Kは8670D)
この事から、低消費電力でありながら上位製品に迫る3D性能が期待できるはずです。


早速チェックを開始しますが、
8/23昼の時点ではA10-6700Tに正式対応しているマザーボードが手元に無かったため、
ASRock FM2A85X-ITX(UEFI:1.60)を使用。問題なく動作しました。
他の環境で実際に動作するかは不明ですので、
メーカーの対応状況を予めご確認ください。

・使用PC
 マザーボード :ASRock FM2A85X-ITX
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 ハードディスク:HGST HDS721010CLA332
 電源      :900W 80PLUS Silver
 OS       :Windows 8 Pro 64bit
 ドライバ    :Catalyst 13.8 Beta2

・ベンチマーク
 3DMark無料版:Cloud Gate、Fire Strike
 PSO2 v2:簡易設定3、解像度1280x720、ウインドウ
 モンスターハンター大討伐(以下大討伐):解像度1280x720、ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            標準設定(標準品質デスクトップ、解像度1280x720、ウインドウ)
            最高設定(最高品質、解像度1920x1080、フルスクリーン)

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、3分ほど放置した状態の数値
 負荷時      :大討伐やCPU負荷ツール「Prime95」を実行しての最高値


比較対象はA10-6700です。
なお、新生FFXIVは正式サービス間近という事で注目度が高まっている事から、
2種類の設定を試してみました。


・APU性能
  CINE
BENCH
Hyperパイ
4・1コア
3DMark
Cloud Gate
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV
標準設定
最高設定
A10-6700T 2.33 35.474秒
27.737秒
4547
830
2939 4026 4866
1451
A10-6700 3.34 28.813秒
22.636秒
5531
900
4021 4257 5347
1530


・消費電力
  アイドル時 CPU負荷
A10-6700T 44W 91W
A10-6700 45W 123W


3D性能グラフ ・3D性能グラフ

消費電力グラフ ・消費電力グラフ





●クロック低下の影響はあるが
  3D性能と消費電力は優秀

結果はご覧の通り、CPU性能はクロック低下の影響を受けていますが、
3D性能は10%前後のダウンで済んでいます。
(PSO2 v2はCPU性能の影響大)

そして、消費電力は30W以上ダウンしており、
TDPの差より減っているのがポイントです。

感想として、エンコードや画像編集は得意と言えませんが、
インターネットなどの一般用途はもちろん、
ブラウザゲームなど、軽い3Dゲームが十分にプレイできます。
しかも、負荷時に100Wを切るエコさも大きな魅力でしょう。

TDPや消費電力が少ないという事は発熱も低くなりますので、
Mini-ITXマザーボードと組み合わせたコンパクトPCを作成しやすいのも利点です。
省電力やコンパクトPCに興味がある方にとって、
このA10-6700Tは要注目製品と言えるのではないでしょうか。



■今回紹介した製品
AMD:A10-6700T
パーツ館や一部店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 00:01Comments(0)TrackBack(0)CPU | 速報2013年08月24日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: