Club3DのRADEON R9 270/R7 260Xを検証

パッケージ RADEON R9 270/R7 260X

メーカー名&URL
Club3D:http://www.club-3d.com/
Club3D製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


最近空気が乾燥しているため、静電気に悩まされつつある(酒)です。
皆さんくれぐれもご注意ください。
今回はClub3DのRADEONから、R9 270とR7 260Xを紹介します。





●補助電源が6ピンx1の
  ミドル向けビデオカード
10月にR9 280X/270Xを紹介して以来、
音沙汰が無かったClub3DのRADEON Rシリーズですが、
今回R9 270とR7 260Xの2製品を入手できましたので早速紹介します。
なお、R9 290や290Xも入手次第紹介しますのでお待ちください。
 ※R9 280X/270Xの記事はこちら!

製品写真
入手したのは以下の2製品です。なお、R7 260Xは定格製品ですが、
R9 270はGPUが30MHzオーバークロック(OC)されています。
上:Radeon R9 270 royalQueen (CGAX-R9276)
下:Radeon R7 260X royalQueen (CGAX-R726X6)

出力コネクタ
出力コネクタはご覧の通り。
3画面対応の方がR9 270ですのでお間違いなく。

補助電源
どちらも補助電源が6ピンx1というのが特徴です。
コネクタは奥向きなのでケース選びにはご注意を。

270と270X_1 270と270X_2
R9 270とR9 260Xはクーラー部分の大きさは同じですが、
カードそのものはR9 270が少し長いです。



では性能チェックを開始します。
使用PCやチェック内容は以下の通りです。
比較対象は同じ6ピンx1製品のHD7790 OCとHD7850 OCと、
R9 270の上位製品R9 270X OC(6ピンx2)を用意しました(いずれもClub3D製品)。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z87 Extreme4
 CPU       :Core i7 4770K
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 ハードディスク:HGST HDS721010CLA332
 電源      :750W 80PLUS
 OS       :Windows 8 Pro 64bit
 ドライバ    :Catalyst13.11 Beta9.4

・ベンチマーク
 3DMark無料版  :Fire Strike
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時      :3DMark「Fire Strike:COMBINED TEST」時の最大値
  ※COMBINED TESTのためCPU負荷も加わります。


・3D性能
  3DMark Fire Strike PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV
R7 260X 3814 11594 9494 5805
R9 270 OC 5222 22662 14038 8433
R9 270X OC 5621 25488 15347 8944
HD7790 OC 3697 11126 9091 5575
HD7850 OC 4461 17633 12020 7364

・消費電力(カッコ内はロングアイドル時)
  アイドル 負荷
R7 260X 51W 179W
R9 270 OC 60(46)W 225W
R9 270X OC 59(45)W 245W
HD7790 OC 51W 174W
HD7850 OC 57(46)W 202W


・3D性能グラフ
3D性能グラフ

・消費電力グラフ

消費電力グラフ





●前モデルから確実に性能アップ
  1万円台のビデオカードとしてバランス優秀
結果はご覧の通りです。傾向は以下の様になります。
R9 270 :性能はR9 270X OCの90%強、HD7850 OCからは20%ほどアップ
       消費電力はHD7850 OCとR9 270X OCのほぼ中間
R7 260X:性能・消費電力共にHD7790 OCから微増

なお、R7 260XとHD7790のアイドル時ですが、
ロングアイドルモードになる前から消費電力が減少し、
逆にロングアイドルモードになってもそれ以上減らないという結果でした。
この2製品はGPUコアが同じですが、逆にR9 270シリーズやHD7850と異なるので、
その辺りが挙動に影響しているのではないでしょうか。

感想として、
R9 270は性能が270X寄り、消費電力はHD7850と270Xのほぼ中間です。
補助電源が6ピンx1のVGAとしては、現在最高性能の製品となりました。
R7 260Xは1万円半ばの製品であるHD7790の後継として、問題ない性能かと思います。
両製品とも6ピンx1という事で、電源容量を抑える事ができ、
したがって電源・PCケースのサイズも小型化が容易です。
今回の2製品は、1万円台半ば〜後半、もしくは6ピンx1のVGAをお探しの方にとって、
非常に有力な製品と言えるでしょう。




■今回紹介した製品
Club3D:RADEON R9 270/R7 260X
各店舗でも販売中!


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 18:40Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2013年11月29日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: