Palitの「GeForce GTX750 Ti StormX Dual」を検証

パッケージ GeForce GTX 750 Ti StormX Dual
(NE5X75TT1341-1073F)
メーカー名&URL
Palit:http://www.palit.biz/palit/index.php?lang=jp
Palit製GTX750シリーズの販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


先週末に初めて内視鏡検査をして辛かった(酒)です。
皆さん健康にはくれぐれもご注意を。
今回は、先週金曜日に登場した
GeForce GTX 750 Ti StormX Dual(以下GTX750 Ti Dual)
チェックします。




●GTX750 TiのGPU・メモリを
  大幅にオーバークロック
このGTX750 Ti Dualは、GPUクロックを1202(定格1020)MHz、
メモリを6008(定格5400)MHz相当に大幅オーバークロック(以下OC)した
PalitのGTX750シリーズ上位モデルです。
速報レビュー時の計測では、
GTX750 TiはGTX650 Ti Boostに及びませんでしたが、
この大幅なOCにより、どうなるのか注目です。
 ※GTX750・GTX750 Tiの速報レビューはこちら!

製品写真
GTX750 Ti Dualは、ファンがデュアルのため、
カードサイズはGTX750 Tiより大きくなります。
出力コネクタは両製品ともにD-Sub・DVI-D・MiniHDMIです。
もちろん補助電源コネクタはありません。

では性能測定を開始します。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
比較対象は、速報レビューよりGTX750 TiとGTX650 Ti Boostを
流用しました(両製品共にOC版)。
なお、大幅なOCによる発熱をデュアルファンがどの程度
抑えているのか気になったので、
GTX750 Tiと本製品は温度も計測しています。

・使用PC
 マザーボード :ASRock Z87 Extreme4
 CPU       :Core i7 4770K
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 ハードディスク:HGST HDS721010CLA332
 電源      :750W 80PLUS
 OS       :Windows 7 Professional 64bit


・ベンチマーク等
 3DMark無料版  :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.00
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 バトルフィールド4(以下BF4):画質最高、1920x1080、フルスクリーン
            キャンペーンモード最初のシーンで、「セーフハウスに向かえ」が
            消えた瞬間から30秒間の平均フレームレートをFLAPSで測定


・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時       :3DMark「Fire Strike:COMBINED TEST」時の最大値
  ※COMBINED TESTのためCPU負荷も加わります。

・温度計測(GPU-Z 7.7で計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時      :Heaven Benchmark4.0を20分ほど放置した状態の最大値

・3D性能
  3DMark
Fire Strike
大討伐 PSO2 v2 新生FFXIV DQX BF4
GTX750 Ti Dual 4421 10528 23567 7364 9849 41.300
GTX750 Ti OC 4095 9604 20052 6744 9280 35.333
GTX650 Ti
Boost OC
3957 10342 16260 7200 9935 35.933

・消費電力
  アイドル 負荷
GTX750 Ti Dual 57W 158W
GTX750 Ti OC 56W 151W
GTX650 Ti
Boost OC
57W 201W

・温度
  アイドル 負荷
GTX750 Ti Dual 28℃ 63℃
GTX750 Ti OC 29℃ 66℃


・3D性能グラフ(数値が小さいBF4を除く)
3D性能グラフ

・消費電力グラフ

消費電力グラフ




●GTX650 Ti Boostを超える性能
  消費電力、温度も良好
結果はご覧の通りです。
性能はDQX以外でGTX650 Ti Boostを超えました。大幅OCの面目躍如です。
懸念された消費電力も微増で済んでおり、
そして温度はGTX750 Ti OCより下がっているなど、
製品として非常にバランスの良い構成と言えるでしょう。

カードが大きくなったので小型ケースに搭載しにくいものの、
ワットパフォーマンスは極めて優秀です。
また、価格もGTX750 Ti OCとは1,000円差で収まっており、
コストパフォーマンスも上々でしょう。
これからミドルレンジのVGAを購入予定の方は、
サイズや予算、求める性能を吟味しつつ、
ぜひPalitのGTX750シリーズにご注目ください。



■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX 750 Ti StormX Dual (NE5X75TT1341-1073F)
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 17:15Comments(1)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2014年02月24日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 池田 正信   2016年03月30日 20:10
過去、2回ほどPalitのビデオ・カードを買ったけれど、その2回とも、中に付いていたマニュアルと、ユーティリティデスクの画面や内容が全く違い、メニュー画面の表示もおかしくて、CDからのドライバーのインストールができなかった。
なので、Windowsがネットから、自動検索してインストールする羽目になった。
なので、今後は、購入するかはわからない…

この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: