新Corei7/Celeron(Haswell Refresh)速報レビュー!

CPU製品写真 LGA1150対応新CPU

メーカー名&URL
Intel:http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html
LGA1150CPUの販売ページはこちら!
各店舗でも発売開始!


本日5/11(日)の16時01分に、
Intelの新CPUと9シリーズのマザーボードが新登場しました。
ここでは、CPUの速報レビューを行います。





●第4世代Core i/Pentium/Celeronに
  高クロックの新モデルが登場
先ほど登場したこの新CPUは、 現在発売中のLGA1150用CPU「Haswell」の新モデルで、
通称「Haswell Refresh」と呼ばれている製品です。
本日、i7/i5/i3/Pentium/Celeronの各モデルで、新製品が一斉に発売されました。

また、CPUの発売に合わせて、新たなチップセットの9シリーズも登場ています。
PCI-E x16のレーン数などは8シリーズと変わりませんが、
SATA ExpressやM.2スロットをネイティブサポートするなど、
ストレージ面の強化がポイントです。

このM.2スロットですが、さらに高速な「ウルトラM.2スロット」を搭載する
ASRockの「Z97 Extreme6」を、パーツの犬が速報しています。
M.2スロットに興味がある方はぜひご覧ください。
 ※パーツの犬はこちら!

ではチェックを開始します。今回見る製品は、
上位のi7 4790とエントリー向けのCeleron G1840です。
比較対象として、i7 4770KとG1820も用意しました。
今回チェックする製品の基本スペックは以下の通りです。

  CPUクロック
(定格・Turbo Boost)
CPUコア
スレッド数
L3キャッシュ GPU名
クロック
TDP
i7 4790 3.6GHz・4.0GHz 4・8 8MB HD Graphics 4600
1200MHz
84W
G1840 2.8GHz 2・2 2MB HD Graphics
1050MHz
53W
i7 4770K 3.5GHz・3.9GHz 4・8 8MB HD Graphics 4600
1250MHz
84W
G1820 2.7GHz 2・2 2MB HD Graphics
1050MHz
53W

CPUクーラー
i7 4790のCPUクーラーはこちらです。形状は従来と同じですが、
動作電圧は、i7 4770Kのクーラーが12V 0.60A、
i7 4790のクーラーは12V 0.17Aでした。


では性能測定を開始しましょう。
PC構成とチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme6
 CPU       :Core i7 4790
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 SSD      :CFD CSSD-S6T128NHG6Q
 電源      :XFX TS P1-550G-TS3X(550W 80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 8.1 Pro 64bit

・ベンチマーク
 CINEBENCH R11.5:CPU測定
 Hyperパイ     :1M桁(1コア測定)
 3DMark無料版   :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):解像度デフォルト(1280x720)
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
             最高品質、1920x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時       :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、
            1周終わるまでの最高値

・CPU性能
  CINE
BENCH
Hyperパイ
(少ない方が高速)
3DMark
Fire Strike
大討伐 新生FFXIV
i7 4790 8.40 9.126秒 799 3853 1200
G1840 2.37 13.735秒 375 1870 718
i7 4770K 8.14 9.360秒 820 3918 1227
G1820 2.33 14.063秒 370 1866 715

・消費電力
  アイドル 負荷
i7 4790 31W 140W
G1840 30W 74W
i7 4770K 32W 140W
G1820 31W 71W




●クロックに比例して性能アップ
  Ivy-Bridge以前からの買い替えに最適
結果と見ると、CPU部分がクロックの分性能アップ、
3D性能はi7 4790のGPUは1200MHzのため、
1250MHzのi7 4770Kに少し及びませんが、差はわずかです。
同じ1200MHzのi7 4770やi7 4771と比べて劣る事はないでしょう。
Celeron G1840はCPUクロックがG1820より高く、GPUクロックは同じため、
順当にスコアアップしています。

消費電力は、i7 4790はCPUクロックが上昇していますがi7 4770Kと同じ140W、
G1840は3Wアップで落ち着きました。

感想として、このHaswell Refreshは新シリーズとはいえ、
実際には「普通に高クロックになったHaswell」と考えて良さそうです。
そのため、すでにHaswellを使っている人は
無理に買い替える必要はないでしょう。

ですが、Ivy Bridge以前のCPU環境という方にとっては、
なかなか魅力的なラインナップではないでしょうか。
元々HaswellはIvy BridgeよりCPU性能が約9%、
GPU性能は30%前後向上したモデルで、
それ以前のSandy Bridgeから比べるとさらに向上しています。
 ※Haswellのi7/i5速報レビューはこちら!

Haswell RefreshはHaswellの上位モデルに相当しますので、
Ivy Bridge以前の環境から買い換えた場合、
飛躍的な性能アップが見込めます。
少し古いPCをお使いの方は、このHaswell Refreshにご注目下さい。


なお、Haswell Refreshと9シリーズが同時に発売されているため、
Haswell Refreshは9シリーズでしか使えないと思う方もいそうですが、
従来の8シリーズに搭載できますし、逆に9シリーズで従来のHaswellも使えます。
ただし、8シリーズにHaswell Refreshを搭載する際は、
UEFIが対応している必要がありますのでご注意ください。
どのUEFIバージョンがHaswell Refreshに対応しているかは、
各メーカーの製品ページでご確認ください。
 ※ASRockの場合は、2013年12月ごろから公開されている
  「Support New 4th Generation Intel Core Processors.」
  と書かれているバージョン以降が対応版となります。




■今回紹介した製品
Intel 新CPU
LGA1150製品の販売ページはこちら!
各店舗でも発売開始!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:01Comments(0)TrackBack(0)CPU | 速報2014年05月11日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: