GeForce GT740速報レビュー!

パッケージ GeForce GT740

メーカー名&URL
Palit:http://www.palit.biz/palit/index.php?lang=jp
PalitのGT740販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


最近気温が上がったため、ついに扇風機を設置した(酒)です。
エアコンは梅雨明けまで控えたいところですが、
無理に耐えて体調を崩さない様にしたいと思います、皆さんもご注意ください。

今回は、先ほど新登場した新ビデオカードの、
「GeForce GT740」を速報レビューします。





●GK107コアを搭載したGT640の後継モデル
  メモリはDDR3・GDDR5の2種類
このGT740は、GT640の後継となるエントリー向けのビデオカードで、
1万円前後で購入可能な補助電源不要のモデルです。

製品にはビデオメモリがDDR3とGDDR5の2バージョンがあり、
基本的にGDDR5版の方が高性能となります。
今回Palitの2バージョンを入手しましたので、
両者の違いと前モデルであるGT640との差をチェックしてみましょう。
 ※DDR3版の販売ページはこちら!
   GDDR5版の販売ページはこちら!


基本スペックは以下の通りです。
  CUDA数 TMU・ROP数 搭載メモリ
メモリバス
GPU
クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GT740 DDR3
GK107
384 32・16 DDR3
128bit
993MHz 1782MHz相当
28.51GB/s
60W
GT740 GDDR5
GK107
384 32・16 GDDR5
128bit
993MHz 5000MHz相当
80.0GB/s
63.5W
旧GT640
GK107
384 32・16 DDR3
128bit
900MHz 1800MHz相当
28.8GB/s
65W
新GT640
GK208
384 32・8 GDDR5
64bit
1046MHz 5000MHz相当
40.0GB/s
49W

ここで気になるのが、GT740のコアがGK107という点でしょうか。
GT640のコアは、昨年7月にGK107からGK208に変わっているのに、
それよりも新しい製品のGT740がなぜGK107なのでしょう。
実はスペック表記が間違いで、実際にはGK208ではないのか、
と思いPalitに聞いたところ、
GK208は「GT640内での後継」としてメモリバスやPCI-Eレーンを半減した
コアのため、GT740はGK107で間違いないとの事です。
 ※GK208コア搭載のGT640・GT630記事はこちら!

なお、GDDR5版のスペックは、GPUクロックが低いGTX650という印象です。
(GTX650のGPUクロックは1058MHz)

製品写真
製品写真はこちら。上がDDR3版、下がGDDR5版です。
DDR3版はヒートシンクの影響でGDDR5版より少し長いものの、
厚さ1スロットのため小型ケースに搭載しやすそうです。
(カードの長さ:DDR3版168mm、GDDR5版154mm)
ただし、カードはLowProfile形状ですが、ブラケットは付属しません。

出力コネクタ
ディスプレイ出力は、D-Sub・DVI-D・HDMIです。
GDDR5版のHDMI端子はMiniとなります。



では計測を開始します。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
GT640は以前の記事から流用しています。
電源はGT640の時と同じ物を用意しましたが、CPUとマザーボードが異なるので、
以前の数値は参考値として見て下さい。
特に消費電力は、GT740環境の方が高クロックCPU&大型マザーボードのため、
VGA以外の部分が確実に増えている事をご承知ください。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme6
 CPU       :Core i7 4790
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 電源      :900W 80PLUS SILVER
 OS       :Windows 8.1 Pro 64bit

・3Dベンチマーク
 3DMark無料版  :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1280x720、ウインドウ
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン、簡易設定5、1280x720、ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン・最高品質、1280x720、ウインドウ
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.00
             最高品質、1920x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時       :大討伐を実行し、一周終わるまでの最高値
 最大負荷     :大討伐+CPU負荷ツール「Prime95」を同時に実行し、一周終わるまでの最高値


・3D性能(左:低負荷、右:高負荷)
  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV DQX
GT740 DDR3 1563 4945・2447 6349 4414・2482 5006
GT740 GDDR5 1990 7801・3973 8934 6260・3536 6000
参考:旧GT640 1379 4123(低負荷) 5792 3398(低負荷)
参考:新GT640 1640 6312(低負荷) 7132 4204(低負荷)

・消費電力
  アイドル ビデオ負荷 最大負荷
GT740 DDR3 56W 101W 183W
GT740 GDDR5 56W 114W 188W
参考:旧GT640 57W 94W 176W
参考:新GT640 54W 92W 172W


・3D性能グラフ
(高負荷と低負荷を計測しているソフトは、GT640との比較のため低負荷を使用)

3D性能グラフ

・消費電力グラフ

消費電力グラフ




●GT640から順当に性能アップ
  消費電力は同等〜微増
結果はご覧の通りです。簡単にまとめると、
・DDR3版は、GK107コア搭載の旧GT640より10%以上高性能
  消費電力は同等
・GDDR5版は、GK208コア搭載の新GT640より20%以上高性能
  消費電力は微増
というところでしょうか。

DDR3版は旧GT640の高クロック版ですので、スコアは想定通りでした。
消費電力がほぼ同等に収まっているのが好印象です。
GDDR5版は、新GT640よりコアが古くGPUクロックも下がっていますが、
メモリ帯域が圧倒的に広いため、スコアは勝りました。

感想として、このGT740は派手な製品ではありませんが、
エントリー向けの製品としては順当な性能アップではないでしょうか。
軽いネットワークRPGをプレイしたいが、CPU内蔵ビデオ機能では物足りない、
といった方にお勧めです。
なお、同じGT740でもDDR3版とGDDR5版では性能と価格に差があり、
そして形状も異なります。
ケースのサイズや予算、そして目的に合う製品をお選びください。




■今回紹介した製品
Palit GeForce GT740
PalitのGT740販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 22:00Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2014年05月29日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: