「Pentium G3258」速報レビュー!

Pentiumパッケージ Pentium G3258

メーカー名&URL
Intel:http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html
販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


今週末に外出予定でしたが、金〜日が雨の予報なので
家でゲーム三昧に落ち着きそうな(酒)です。
今回は、本日登場の新CPUである
「Pentium G3258」を速報レビューします。




●低価格でもオーバークロック可能な
  Pentium20周年記念のCPU
このPentium G3258は、Pentium登場20周年を記念して発売されたCPUです。
近年のPentiumとしては珍しく倍率ロックフリーとなっており、
先週紹介したi7 4790K同様に、オーバークロック(以下OC)が可能です。
 ※G3258はi7 4790K・i5 4690Kの様な
   Devil's Canyonではなく、Haswell Refreshです。


また、G3258はOC可能なCPUとしては非常に低価格で、
約8,000円で発売されました。
元々低価格でもOCができるという事で発売前から注目されていた製品ですが、
実際に同クロックのG3420と比べて1,000円程度の差で済んでいます。
OCによる性能向上が見込まれる製品としては破格の値段と言えるでしょう。
という訳で、ここでは実際にどれだけOCが可能で、
そして性能がどこまで上がるのかをチェックしたいと思います
 ※販売ページはこちら!

まずは基本スペックを確認しましょう。
比較対象は、以前紹介したHaswellのPentium G3430と
Haswell RefreshのCeleron G1840です。
  CPUクロック
CPUコア
スレッド数
L3キャッシュ GPUクロック TDP
G3258 3.2GHz 2・2 3MB 1100MHz 53W
G3430 3.3GHz 2・2 3MB 1100MHz 54W
G1840 2.8GHz 2・2 2MB 1050MHz 53W

G3258は倍率こそロックフリーですが、
その他のスペックは、G3430より定格が100MHz低く、
キャッシュ容量やGPUクロックは同じです。
よって、定格時の性能はG3430とほぼ変わらないでしょう。
OCでどこまで伸ばせるかに注目です。

それでは検証を開始します。使用PCは以下の通りです。
チェック内容は、G3430の記事に合わせました。
比較対象はCeleron G1840と、Pentium G3430を
当時の記事より参考で使用します。
比較対象の消費電力は、電源が全く異なるので非掲載としました。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme4(UEFI:P1.30)
 CPUクーラー :DEEPCOOL ICE BLADE 100
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 ハードディスク:HGST HDS721010CLA332
 電源      :750W 80PLUS
 OS       :Windows 8.1 Pro Update 64bit


・ベンチマーク(3Dベンチマークは定格時のみ実施)
 3DMark無料版  :Cloud Gate・Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1280x720、ウインドウ
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定3、1280x720、ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高設定(最高品質、1920x1080、フルスクリーン)
            :標準設定(標準デスクトップ、1280x720、ウインドウ)

・消費電力(ワットチェッカーで計測)・温度(A-Tuningで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時       :大討伐+CPU負荷ツール「Prime95」を実行し、約10分後の数値


Z97Ex4_UEFI1Z97Ex4_UEFI2
なお、今回使用のマザーボード「Z97 Extreme4」ですが、
i7 4790K搭載時は無かった「Advanced Turbo」がG3258搭載時には出現しました。
ですが、今回は「Load Optimized CPU OC Setting」を使用。
最初は4.0GHz、次に4.5GHzを試し、4.5GHzが成功したら
OS上のA-Tuningで少しずつ倍率を上げる方法で見てみます。
 ※OCは保証外行為となりますので、自己責任でお願いします。


・定格性能
  CINE
BENCH
Hyperパイ
(少ない方が高速)
3DMark
Cloud Gate
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV
標準設定
最高設定
G3258定格
3.2GHz
2.66 12.141秒 3572
390
1346 1967 3317
721
参考:G3430
3.3GHz
2.82 11.310秒 3591
421
1414 1882 3386
722
参考:G1840
2.8GHz
2.37 13.735秒
375
1870
718

・G3258 OC性能&消費電力&温度
  CINE
BENCH
Hyperパイ
(少ない方が高速)
アイドル 負荷
定格3.2GHz 2.66 12.141秒 38W・29℃ 83W・50℃
4.0GHz 3.37 9.641秒 40W・30℃ 104W・65℃
4.5GHz 3.69 8.969秒 40W・31℃ 119W・83℃
4.6GHz 3.75 8.719秒 41W・33℃ 120W・84℃




●手軽に4.6GHzまでOC成功
  低価格でも遊びがいがあるCPU
結果はご覧の通りです。
定格時はG3430より100MHz低いので、妥当なところでしょうか。
そしてOCについては、4.6GHzまで成功しました。
定格が3.2GHzですので、実に1.4GHzのアップです。
なお、4.7GHzだと負荷時に、4.8GHz以上は設定の瞬間ハングアップでしたが、
細かな調整をすればさらに伸びる可能性はあります。
UEFIで4.5GHzまで、そこからA-Tuningでさらに100MHzアップという
簡単操作でここまで上がった、という点もポイントでしょう。

温度については、1200円程度の9cmファン搭載製品で4.6GHz時に最大84℃と、
まだ余裕があります。12cmファン搭載クーラーにすればさらに冷えるでしょう。
そして、消費電力も40Wほどしか上がりませんでした。

感想として、このG3258は凄く遊べるCPUという印象です。
さすがに2コア2スレッド、かつi3以上に搭載されている拡張命令の
「AVX/AVX2」には非対応のため、
OCしてもi5やi7に勝る訳ではありません。
それでもi3の4100シリーズに匹敵しますし、
動画エンコード機能の「Quick Sync Video」には対応しています。
コア数をさほど必要としない少し古めのゲームやツールでは、
スレッドが多くてもクロックが低い上位CPUより活躍できる可能性があります。
OCチャレンジャーだけでなく、 これから低価格かつパフォーマンスが高い1台が欲しいという方は、
このG3258を選んではいかがでしょうか。

なお、ASRockからは、G3258に最適化されたマザーボード
Z97 Anniversaryが登場しています。
背面IOが簡素化されているのでオンボードの複数画面出力はできませんが、
G3258専用の「Pentium Anniversary Boost」機能を備えており、
G3258を徹底的に遊んでみたい方にお勧めです。
 ※Z97 Anniversaryの販売ページはこちら!




■今回紹介した製品
Intel:Pentium G3258
販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 16:33Comments(0)TrackBack(0)CPU | 速報2014年07月03日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: