XFXのRADEON R9 285速報!

パッケージ RADEON R9 285

メーカー名&URL
XFX:http://xfxforce.com/en-us/Home.aspx
XFX製品の販売ページはこちら!
パーツ館など一部店舗でも販売中!


最近新パーツが多数登場しているため、嬉しい日々を過ごしている(酒)です。
今回はRADEONの新製品である「R9 285」をチェック見てみます。




●新コア「Tonga」を採用した
  RADEON期待の新製品
このR9 285は、新GPUコアである「Tonga」を採用した
RADEON R9 280シリーズの最新カードです。
従来のR9 280シリーズは、HD7950・7970の高クロック版といえる製品でしたが、
新コアとなった事で、TrueAudioへの対応やCrossfire時にブリッジケーブルが不要、
といった新機能が取り入れられています。
また、動画編集機能のUVDも進化しており、これまでKaveri世代のAPUにしか無かった
4K解像度のデコードにも対応しました。

今回はXFXの定格&OC製品を入手しましたので、
性能と消費電力をチェックしてみましょう。


製品写真
製品写真はご覧の通りです(写真下)。全長は22cmしかなく、
上のXFXのR9 280X OCと比べて非常にコンパクトになりました。
なお、定格版とOC版の形状は同じです。

出力コネクタ
出力コネクタはDVIx2、HDMI、DisplayPortとなります。
赤いDVIはDVI-Dです。

補助電源コネクタ
補助電源は6ピンx2となりました。
コネクタは奥向きのため、ケースのサイズにご注意ください。


スペックは以下の通りです。
なお、R9 280Xと285のカッコ内スペックは、
今回用意したOC版の数値です。メモリバスが
256bitになった影響で帯域が大幅に減っているため、
見た目のスペックはR9 280より大分低く見えます。
この辺りを新コアがどうカバーするのかに注目です。
  シェーダ数 TMU
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
最大クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP or
公証消費電力
R9 285 1792 112
32
GDDR5
2GB
256bit
918(975)
MHz
5500(5800)
MHz相当
176GB/s
190W
R9 280 1792 112
32
GDDR5
3GB
384bit
933MHz 5000
MHz相当
240GB/s
250W
R9 280X 2048 128
32
GDDR5
3GB
384bit
1000(1080)
MHz
6000(6200)
MHz相当
288(297.6)
GB/s
250W


それでは計測を開始します。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme4
 CPU       :Core i7 4790
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 電源      :be quiet! DARK POWER PRO10 750W(80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 8.1 Pro 64bit

・3Dベンチマーク
 3DMark無料版  :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.00
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時       :全ベンチマーク中の最高値

比較対象はR9 280X OCと、GeForce GTX760の定格&OCです。
GTX760のスペックは以下の通りとなります。
 定格版:GPU980MHz、メモリ6008MHz相当
 OC版 :GPU1072MHz、メモリ6200MHz相当


・3D性能
  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV DQX
R9 285 定格 6897 27498 15047 10343 14869
R9 285 OC 7256 30368 15873 10898 14998
R9 280X OC 7811 41205 20860 12188 15057
GTX760 定格 5702 28668 14781 9685 11578
GTX760 OC 6055 32289 15813 10448 11989

・消費電力
  アイドル 負荷
R9 285 定格 41W 220W
R9 285 OC 41W 244W
R9 280X OC 44W 323W
GTX760 定格 43W 227W
GTX760 OC 46W 241W


・3D性能グラフ
3D性能グラフ1

・消費電力グラフ

消費電力グラフ





●GTX760に勝るワットパフォーマンス
  R9 280Xからの低消費電力化に注目
結果はご覧の通りです。
R9 280X OCと比べ、R9 285のOC版は3D性能が9割前後、消費電力は80W減でした。
そして定格版は少し性能が下がりますが、消費電力は100W以上ダウンしています。
絶対性能は280Xに少し及ばないものの、
ワットパフォーマンスに関しては言うまでもありません。
新コアの性能は予想以上に良いのではないでしょうか。
 ※MHFやPSOの差が大きいのはビデオメモリ帯域の影響です。

そしてライバルであるGTX760との比較ですが、
OC版同士だとベンチマークは4勝1敗で勝利、
消費電力は3W大きいですが、ほぼ互角かと思います。
定格版同士でもベンチマークはやはり4勝1敗ですが、
消費電力は逆転してR9 285の方が低くなっています。
これは個体差なのか、R9 285のOCは760のOCより
消費電力が上がりやすいのか、詳細は不明です。
ですが両製品の消費電力は近いとみて良さそうです。

感想として、このR9 285は性能がGTX760より上で消費電力は同等以下、
というなかなかの製品となりました。
OC版の消費電力がクロック幅に対して上がり気味と言えますが、
それでもGTX760のOC板とほぼ同じです。
R9 280Xから見ると、カード長と消費電力がとても小さくなり、
小型のケースに入れやすいのも利点でしょう。
これから6ピンx2クラスのビデオカードをを購入予定の人にとって、
このR9 285は魅力ある製品となりそうです。



■今回紹介した製品
XFX R9 285
XFX製品の販売ページはこちら!
パーツ館など一部店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 12:00Comments(1)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2014年09月05日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 0258   2014年09月06日 11:31
ページの一番上の画像が RADEON R9 295x2 になってますよ
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: