ENERMAXのMini-ITX用ケース「Minimo.Q」の温度計測

外箱 ENERMAX Minimo.Q(ECB1010)

販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


最近風雨の日が多く、折りたたみ傘が手放せない(酒)です。
なお、秋葉原にはビル風が強い場所がありますので、
傘が壊れないようにご注意ください。

今回はENERMAXの新ケース
「Minimo.Q」をチェックします。






●拡張性エアフローに優れる
  MiniITX用キューブケース
このMinimo.Qは、ENERMAXの人気ケース「Fulmo.Q」の
流れをくむ前面メッシュデザインのMiniITX用キューブケースです。
本製品の特徴は、キューブケースとしては奥行きが少し大きいものの、
120〜240mmラジエーターの簡易水冷キットや、
300mmクラス(最大315mm)のVGAが搭載可能という
拡張性の高さがポイントです(推奨水冷は120mm)。
また、吸気口が多くエアフローに優れており、
空冷の場合においても冷却性が優秀とのこと。
という訳で、実際にケースの構造や温度をチェックしたいと思います。
 ※スペックはメーカーの製品ページをどうぞ!

製品写真
製品写真はこちらです。

付属品
付属品です。マジックテープタイプのケーブルバンドが2本あります。

前面
前面パネルです。USBは3.0x2です。
逆にUSB2.0が無いので、搭載マザーボードにご注意。

背面
背面です。排気用8cmファンを外せば、
2.5インチHDD/SSDの取付けも可能です。

サイドと天板
左側面と天板です、底面や右側面も吸気口があります。
天板には120mmファンや、120〜240mmのラジエーターが取付可能です。
ただし、120mmファンを2つ、もしくは240mmラジエーターを付ける場合は
光学ドライブとの排他になります。

サイドと天板外し 前面パネル外し
サイドや天板、前面パネルを外しました。
前面の電源取付部分には、標準でSFX電源用ベゼルが付いていますので、
ATX電源使用時は外してください。

HDD取付け
赤枠部分には12cmファンや3.5インチHDDを取付可能です。
5インチ光学ドライブの下にも2.5/3.5インチドライブが搭載できるので、
8cmファン部分も含めると、3カ所に搭載可能です。
なお、光学の下に3.5インチHDDを搭載する場合、
HDD固定用金具を使うとSATAコネクタは緑向きになります。
金具を使わない場合は青向きにしてください。

HDD取付け2
金具を使わずにSATAを青の反対方向にすると、
HDDがこの部分を塞いでしまい、前面パネルが閉まらなくなります。

電源干渉
電源は奥行き140mmまで対応ですが、マザーボードの形状次第で
この付近がまとめにくくなることがあります。
簡単に作りたい場合は、より奥行きがコンパクトなSFX電源を推奨します。

i7 4790と比較的大きなVGA(長さ295mm)である
XFX:R9-280X-TDBD
を搭載して、温度チェックをしてみました。その他スペックは以下の通りです。
・マザーボード:ASRock H87M-ITX
・メモリ:PC3-12800 4GB x2
・HDD:3.5インチ 1TB
・光学:DVDスーパーマルチ
・電源:ENERMAX TRIATHLOR ECO 650W(奥行140mm、プラグイン)
・OS:Windows 7 Ultimate 64bit



ケーブルまとめ1 ケーブルまとめ2
大型VGA搭載時は、
前面パネル用ケーブルをこの下にまとめると良いでしょう。

完成写真
完成写真です。光学ドライブなどを外して中を見やすくしたデモ機を
パーツ館に設置してありますので、興味がある方はぜひご覧ください。



では計測を開始します。チェック内容は以下の通りです。
・温度(CPU:A-Tuning、VGA:GPU-Zで計測)
 アイドル   :OS起動後、3分ほど放置した状態の数値
 CPU負荷   :Prime95を実行し、約10分後の数値
 FF負荷   :ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
          最高品質、1920x1080、ウインドウの設定でループさせ、約10分後の数値


  CPU温度
(ファン回転数)
VGA温度 備考
アイドル 39℃(1670) 36℃
CPU負荷 97℃(3040) 39℃ 動作クロックが
3.8GHz→3.7GHzにダウン
FF負荷 66℃(2280) 65℃





●i7 4790+リテールクーラーでも
  十分な冷却性能を発揮
CPU最大負荷時はさすがに90℃台、そして動作クロックが
3.7GHz(通常4コア負荷時は3.8GHz)になりましたが、
リテールクーラーの場合、タワーでも倍率が下がることがありますので、
Mini-ITXという事を考えると良好な結果と言えそうです。
なお、120mmラジエーターの簡易水冷キット「MAELSTROM 120」を
取り付けた時は、CPU負荷時でも74℃でした。
もちろん動作クロックも問題ありません(背面ファンを外す必要あり)。
そして3Dベンチマークのループ時は、CPU・VGA共に70℃未満で収まっています。

このMinimo.Qは、i7(リテールクーラー) + 300mm近いVGAという
構成でも十分に冷える事が実証されました。
CPU上部にHDDを搭載しなければ、高さ150mm以上のCPUクーラーも搭載可能ですので、
より温度を抑える事もできます。
そして、i5と補助電源無し〜6ピンx1クラスのVGAといった構成なら、
温度面でも余裕を持って使えるでしょう。
電源の長さや排気、そしてケーブルのまとめ方に注意が必要ですが、
HDD/SSDドライブも複数搭載可能ですので、Mini-ITXで3Dゲームも可能な
メインPCを作りたい方に最適なケースとなるのではないでしょうか。



■今回紹介した製品
ENERMAX Minimo.Q(EC1010)
販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 19:04Comments(0)TrackBack(0)その他 | 耳より情報2015年03月02日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: