kingstonのM.2用新SSD「SHPM2280P2」を徹底検証

パッケージ Kingston SHPM2280P2

Kingston SSDの販売ページはこちら!


寒の戻りもそろそろ終わりそうですので、
今度こそはと冬物をしまう準備を始めた(酒)です。
今回はKingstonから登場したM.2接続SSDの新製品
「SHPM2280P2(シリーズ名:HyperX Predator)」をチェックします。

 ※5/14:NUC5i7RYHでの起動を確認しました。 速度はこちら!

 ※4/15:UEFI起動に関する新情報を追記しました。
   記事の最後をご覧ください。






●PCI-E Gen2.0 x4に対応した
  M.2 2280接続の高速SSD

この「SHPM2280P2」はPCI-E x4接続に対応する高速SSDです。
公式スペックは、
読込み最大1400MB/s、書込み600MB/s(240GB)・1000MB/s(480GB)となっています。
同様の製品として、昨年パーツの犬でZ97 Extreme6のウルトラM.2を紹介した時に使用した
SAMSUNGのXP941がありますが、本製品は後発だけあって、より高速とのこと。
240GB製品を入手しましたので、実際の速度はどうなのかチェックしてみました。
 ※スペック詳細はこちら!

内部
開封して付属品を取るとSSDが見えます。
サイズに対して箱が大きいですが、
おそらくPCI-Eスロット接続用アダプタ付属モデルと同じ
パッケージを使用しているためでしょう。

付属品など
SSDと付属品です。右下の説明書は
ガチャガチャのカプセルに入っているようなサイズで、
しかも約17カ国語の注意書き(日本語有)が
記載されているため、文字が小さめです。


では速度チェックを開始します。
使用PCと内容は以下の通りです。
SUMSUNG XP941の数値はパーツの犬をご覧ください。
 ※パーツの犬のウルトラM.2記事はこちら!

・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme6
 CPU       :Core i7 4790
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 OS       :Windows 8.1 Pro 64bit

・チェック内容
 CrystalDiskMark 3.0.3
 ATTO Benchmark 2.47
 同一ディスク内データコピー
  ※ファイル数2,399、容量10.6GB


なお、M.2は通常のスロットとウルトラM.2の両方を、
そしてCrystalDiskMarkはデフォルトと0Fillをそれぞれ計測しています。

・SHPM2280P2/240G ウルトラM.2
default 0fill ATTO

・SHPM2280P2/240G 通常M.2

default_2 0fill_2 ATTO_2

  コピー時間
SHPM2280P2/240G
ウルトラM.2
42秒50
SHPM2280P2/240G
通常M.2
43秒84




●スペック通りの速度を発揮
  接続やUEFI設定に注意が必要

結果はご覧の通りです。
ReadがCrystalDiskMark:1258MB/s、ATTO:1348MB/s、
Writeは:CrystalDiskMark:678MB/s、ATTO:674MBs

に達しており、ほぼ公証スペック通りと言えるでしょう。
コピー時間も早く、実性能は文句ありません。
ただし、本製品に注意点がありますので、以下の二点をご覧ください。

・通常のM.2では速度低下
先のベンチマークで判明していますが、
通常のM.2接続時の最大速度は720MB/s程度となります。
これはSAMSUNG:XP941の時も同様ですが、
M.2の帯域不足(PCI-E Gen2.0 x2)が原因です。
本製品の速度をフル活用したい方は、
ぜひウルトラM.2の様な広帯域スロット(PCI-E Gen3.0 x4)でお使いください。
 ※Broadwell版NUCのM.2はPCI-E 2.0 x4なので、1000MB/sオーバーが可能です。

・UEFI設定の注意点

本製品はWindows 8/8.1 64bitでの高速起動設定である
CSM:「Disable」、FastBoot:「Enable」、
もしくは「UltraFast」にすると起動しません。
 ※UltraFast時のCSMは、強制的にDisableになります。

これは今回使用したZ97 Extreme6だけでなく、
ASUS:H97 PROでも同症状を確認しました。
メーカーに問い合わせたところ、
CSM:「Enable」
さらに
Boot Device Control:「UEFI and Legacy OPROM」
Boot From Storage device:「Both, Legacy OPROM first」

の設定でお使いください、とのことでした。

つまり、本製品はWin 8/8.1 64bit時においても、
Windows 7や8/8.1 32bit設定で使うことを前提としています。
いわゆる高速起動設定ができない訳ですが、
スペックでそれをカバーするということでしょう。

この点が気になる方もいると思いますが、それでも本製品の速さは魅力大です。
高速M.2スロット搭載のマザーボードを所有、もしくはこれから購入予定の方は、
搭載するストレージの候補として検討してはいかがでしょうか。

 ※4/15追記:ASRockマザーボードで起動しない件は、SSDの制限ではなく、
   UEFIのFastBoot機能が原因と思われるため、ASRockがUEFIを検証中とのことです。



■今回紹介した製品
Kingston SHPM2280P2
Kingston SSDの販売ページはこちら!


その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 11:40Comments(0)TrackBack(0)SSD | マザーボード2015年04月14日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: