PalitのGTX980Ti Super JetStreamを徹底検証

パッケージ GeForce GTX980 Ti Super JetStream

Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館など一部店舗でも販売中!

先日登場したGeForce GTX980Tiが、
約10万円という価格にもかかわらず人気です。
そんな中、Palitより待望のオーバークロック(以下OC)版が
登場しましたので、早速チェックします。





■GTX980 TiのGPUを大幅オーバークロック
  静音性に優れるクーラーも搭載
今回紹介する「GTX980Ti Super JetStream(以下980Ti SJS)」は、
GTX980TiのGPUクロックを1000MHzから1152MHzにOCした製品です。
GTX980 SJSの様にビデオメモリはOCされていませんが、
GPUクロックの上げ幅が大きくなっています(GTX980 SJSは76MHzアップ)。
 ※GTX980 SJSの記事はこちら!

また、他のJetStreamシリーズ同様に、
GPUコアが低温時にはファンが回転しない「0-dB TECH」対応クーラーを搭載し、
アイドル時や3D負荷がかからない時の動作音を抑えているのも特徴です。

基本スペックは、GTX980Tiのリファレンス記事やNVIDIAページをご覧ください。
 ※リファレンス版GTX 980Tiの記事はこちら!
 ※NVIDIAの製品ページはこちら!



製品写真 出力コネクタ 補助電源
製品写真はこちらです。厚さは他のJSやSJS同様に、
2.5スロットありますのでご注意ください。
映像出力はDVI-I・HDMI・DisplayPort x3、
補助電源は6+8ピンです。


では計測を開始します。
比較対象はGTX980Ti・TITAN Xのリファレンス版です。
計測PCが同じため、GTX980Tiは以前の記事より流用ですが、
TITAN Xは登場時に紹介できなかったため、今回が初計測となります。


使用PCの主なスペックと検証内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme4
 CPU       :Core i7 4790K
 メモリ     :PC3-17000 4GBx2
 電源      :XFX XTR P1-650B-BEFX(80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 8.1 64bit


・3Dベンチマーク
 3DMark無料版  :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下新生FFXIV蒼天)
            :DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.10
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷時     :新生FFXIV中の最高値


・3D性能
  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV 新生FFXIV
蒼天
DQX
TITAN X 14562 111856 37268 19949 16763 20171
GTX980Ti SJS 15093 126106 39998 20400 16596 20417
GTX980Ti 13939 124094 35613 19613 16030 20549

・消費電力
  アイドル FF負荷
TITAN X 47W 356W
GTX980Ti SJS 47W 357W
GTX980Ti 46W 348W





■TITAN Xに勝る3D性能を発揮
  高解像度でのゲームに最適
結果はご覧の通りです。GPUコアクロックを15%引き上げた効果は大きく、
あのTITAN Xを相手に、6種類のベンチマークで5勝1敗となりました。
唯一負けた蒼天もスコア全体の1%強の差ですので、ほぼ互角という印象です。
OC版のため、消費電力はリファレンスと比べて少し上りましたが、
TITAN Xとほぼ同じで収まっています。

結果として、本製品はTITAN Xに勝る性能とワットパフォーマンスを備えており、
フルHDを超える高解像度でのゲームプレイにも十分耐えうる製品となっています。
マルチモニタや4K環境を前提にVGAをお探しの方は、
ぜひこのGTX980Ti SJSを候補にしてはいかがでしょうか。



■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX980Ti SJS
Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館でも発売予定!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 18:45Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2015年07月07日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: