GeForce GTX950速報レビュー!

パッケージ GeForce GTX950 StormX Dual

販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

先日4Kモニタや80PLUS Platinum電源を購入し意気揚々の(酒)です。
今回は、昨晩22時に登場した新ビデオカード、
GeForce GTX950(以下GTX950)を速報レビューします。






●GTX900シリーズの新製品
 TDP90Wのミドルレンジモデル
このGTX950は、GTX750シリーズの後継となる新VGAです。
これまでGTX750シリーズの上位製品はGTX960のため、
性能差が激しくどちらを選ぶか迷いやすい状況でした。
このGTX950はTDPがGTX750シリーズより上がり、補助電源が必要になったものの、
その分性能も向上しており、2製品の間を埋めるモデルになるとの事です。

という訳で、実際にどの程度の性能なのか計測してみましょう。
基本スペックは以下の通りです。

VGA名
GPUコア名
シェーダ数 TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GTX960
GM206
1024 64・32 GDDR5 2GB
128bit
1127
MHz
7012MHz相当
112.19GB/s
120W
GTX950
GM206
768 48・32 GDDR5 2GB
128bit
1026
MHz
6600MHz相当
105.6GB/s
90W
GTX750 Ti
GM107
640 40・16 GDDR5 2GB
128bit
1020
MHz
5400MHz相当
86.4GB/s
60W
GTX750
GM107
512 32・16 GDDR5 1GB
128bit
1020
MHz
5000MHz相当
80GB/s
55W

スペックを見ると、GTX750シリーズの後継よりは、
同じGM206コアを搭載するGTX960のシェーダ数やテクスチャユニット数(TMU)を削り、
クロックを少し落とした製品という印象です。

GPU-Z
GPU-Z 8.5でTMU数が64と表示されますが、48が正しい模様です。
GTX750シリーズも登場時にCUDAコア数が異なって表示されましたので、
今後ドライバやGPU-Zの更新で表示は直るのではと思います。

製品写真
入手した製品は、PalitのStormX Dual(写真上)です。
ファンの形状は960以上の「JetStream」シリーズと同じですが、
サイズはご覧の通りコンパクトになっています。
低負荷時にファンの回転が止まる「0-dB TECH」機能も搭載しています。

厚さ&出力
厚さは2スロットに収まっています。
出力コネクタは、DVI-D・DVI-I・HDMI・DisplayPortです。

補助電源
補助電源は6ピンx1です。


それでは計測を開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
なお、使用VGAはいずれもOC製品となります。
・GTX950 StormX Dual :1064(定格1026)MHz
・GTX960 JetStream   :1203(定格1127)MHz、メモリ7200(定格7000)MHz相当
・GTX750Ti StormX    :1085(定格1020)MHz、メモリ5500(定格5400)MHz相当


・使用PC
 マザーボード :ASRock H97 Performance
 CPU       :Core i7 4790
 メモリ     :PC3-12800 4GBx2
 電源      :XFX TS P1-550G-TS3X(80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 10 Pro 64bit


・ベンチマーク
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下新生FFXIV蒼天)
            :DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.10
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷時     :新生FFXIV計測中の最高値


・3D性能
  PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV 新生FFXIV
蒼天
DQX
GTX960 JS 46433 16110 10078 7519 17988
GTX950 Dual 32909 13397 8737 6261 17348
GTX750Ti StormX 19689 9764 6807 4588 15442

・消費電力
  アイドル FF負荷
GTX960 JS 36W 189W
GTX950 Dual 36W 172W
GTX750Ti StormX 35W 144W






●GTX750シリーズとGTX960の間を
  ちょうど良く埋める製品
結果はご覧の通りです。GTX750TiとGTX960の中間から少しGTX960寄り、
という位置に落ち着きました。
今回確認した製品はいずれもOC版ですが、GTX960・750TiのほうがOC幅が大きい製品のため、
定格同士で考えた場合、GTX950はもう少しGTX960寄りになるでしょう。
時間の都合によりFF14蒼天のみですが、定格状態の計測も行いましたのでご参考下さい。

GTX960 JS 7232
GTX950 Dual 6169
GTX750Ti StormX 4419

このGTX950を古い製品と比較するとどの位置になるかですが、
数値を見る限りGTX660TiやGTX580に勝るという印象です。
TDP100W未満のVGAがあのGTX580を超えた、という点は感慨深いものがあります。

なお、今回GTX950が登場しましたが、GTX750Tiは継続販売されます。
GTX950は性能も上がりましたが補助電源が必要のため、
コンパクトケースに搭載しやすいGTX750Tiはまだまだ需要があるでしょう。
これから3Dゲームもある程度できるコンパクトPCを作りたいという方は、
カードのサイズや電源容量、補助電源の有無を考えて、
用途に合うVGAをお選びください。


注意点ですが、最近のNVIDIA製品の例にもれず、
このGTX950も初回入荷版は付属ドライバが本製品に非対応or付属しません。
NVIDIAより最新ドライバ(8/21時点のVerは355.69)を
ダウンロードしてお使いください。
 ※ドライバダウンロードページはこちら!




■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX950 Dual
販売ページはこちら!
各店舗でも発売開始!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 12:38Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2015年08月21日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: