RADEON R9 NANO速報レビュー!

製品写真 RADEON R9 NANO

パーツ館で販売中!


リリース時より、そのサイズとスペック、低TDPで話題になっていた
「RADEON R9 NANO(以下NANO)」がついに登場しました。
早速速報レビューを行いましょう。





■コンパクトかつ低TDPながら
  Fury Xに迫るスペックをもつ最新VGA
このNANOは、当初「Fury NANO」と呼ばれていたことからも分かる様に、
HBM(High Bandwidth Memory)を採用したFuryシリーズの製品です。
本製品の特徴は、カード長が160mm未満というコンパクトさと、
先に登場したFury X・Furyと比べてTDPが100Wも減っている事があります。
Fury Xとほぼ同スペックでなぜTDPが変わるのかですが、
大手サイトの記事によれば、最大クロックを少し下げるだけでも意外と減る&
最適なクロック制御&低電圧で動く選別品、といった要素がある様です。

では、本当にここまで消費電力が減るのか実際に見てみましょう。
基本スペックは以下の通りですが、
ご覧の様に、Fury Xとの差は、GPUクロックが50Hz低いだけです。
VGA名
GPUコア名
シェーダ
TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
最大クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
R9 Fury X
Fiji
4096 256・64 HBM 4GB
4096bit
1050MHz 1000MHz相当
512GB/s
275W
R9 NANO
Fiji
4096 256・64 HBM 4GB
4096bit
1000MHz 1000MHz相当
512GB/s
175W
R9 Fury
Fiji
3584 224・56 HBM 4GB
4096bit
1000MHz 1000MHz相当
512GB/s
275W


製品写真2
製品写真ですが、ご覧の通りコンパクトです。
補助電源無しの製品と同等レベルでしょう。

出力コネクタ
画面出力は、HDMIx1、DisplayPortx3です。

補助電源
補助電源は8ピンx1(6ピンx2と同等)です。


では計測を開始します。
比較対象は、同じPCで計測している300シリーズ&Fury Xの記事より、
Fury XとR9 390の数値を流用します。
 ※300シリーズ&Fury Xの記事はこちら!

・使用PC
 マザーボード :ASRock Z97 Extreme4
 CPU       :Core i7 4790K
 メモリ     :PC3-17000 4GBx2
 電源      :XFX XTR P1-650B-BEFX(80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 8.1 64bit

・3Dベンチマーク
 3DMark無料版  :Fire Strike
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV)
            :最高品質、1920x1080・2560x1440、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下新生FFXIV蒼天)
            :DirectX 11、最高品質、1920x1080・2560x1440、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.10
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷時     :新生FFXIV中の最高値


・3D性能(カッコ内は解像度2560x1440)
  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV 新生FFXIV
蒼天
DQX
R9 Fury X 13509 62630 27346 16668
(12147)
12456
(8762)
20927
R9 NANO 11993 56284 26584 16719
(12011)
11462
(7808)
20601
R9 390 10431 80147 27449 14598
(10003)
9687
(6316)
20772
 ※PSO2は負荷が低く、Furyシリーズの場合フルHDだと性能を発揮できません。
   DQXはさらに低負荷ですが、RADEON推奨のため最適化されておりスコアは問題ありません。
   FuryシリーズのDQX中の消費電力は150〜200Wで収まっています。

・消費電力
  アイドル FF負荷 フルHD FF負荷 2560x1440
R9 Fury X 54W 343W 372W
R9 NANO 44W 292W 293W
R9 390 47W 387W





■期待通りのワットパフォーマンス
  コンパクトな高性能PC用に最適
3D性能はFury Xの約88%〜ほぼ同等、そして消費電力は最大80W減り、 まさに前評判通りの結果となりました。
この消費電力は、300シリーズ&Fury Xの記事を見ると、
Palit GTX980 SuperJetStream(SJS)とほぼ同じです。
GTX980はTDPが165Wですが、SJSはオーバークロック製品のため
消費電力が少し上がっている事を考えれば、妥当な差と言えるでしょう。

感想として、このNANOはサイズ、性能、消費電力のバランスが非常に優秀で、
コンパクトPCで3Dゲームをしたい方向けの最強ビデオカードと言えそうです。
ただし、排気はそれなりに熱く、PCの内側にも排出しますので
MiniITX構成に搭載予定の方はエアフローも考える必要があります。

なお、NANOは明日11日にパーツ館で発売予定ですが、
入荷量は非常に少ない状況です。購入予定の方はご注意ください。




■今回紹介した製品
RADEON R9 NANO
パーツ館で販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 21:00Comments(2)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2015年09月10日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 凄いなぁ   2015年10月06日 13:37
100W超かぁ、ちょっとした電気ストーブですね
これからの季節、ガンガン動かしたい商品ですね
2. Posted by いやぁ凄いなあ   2016年01月29日 11:20
100Wでストーブとかどんな高効率なストーブですか…。
ていうかほとんどのビデオカードはもっと電力喰いなんですけどね。
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: