PATRIOTのSSD「iGNITE」の速度計測

パッケージPATRIOT iGNITE

PATRIOT SSDの販売ページはこちら!
パーツ館、なんば、横浜駅前、大須でも販売開始!


久しぶりにコンシューマーのFPSをプレイしたら、
コントローラー操作が下手になっており、特訓を決意した(酒)です。
今回はPATRIOTから登場したSSD
「iGNITE(イグナイト)」をチェックしてみましょう。






■Phisonコントローラー搭載の
  PATRIOT製SSDをチェック

このiGNITEは、コントローラーにPhison S10シリーズを搭載し、
240GBで約10,380円(税込)、480GBは約19,500円(税込)と、
MLC SSDとしてはなかなかお買い得な製品です。

ただし、このPhisonコントローラーですが、先日紹介したSP550のSMIコントローラー同様に、
日本では知名度が高いとは言えません。
そして低価格という事もあり、性能が気になる方もいると思います。
ですので実際の速度を計測してみました。
 ※詳細スペックはメーカーページをご覧ください!

製品写真
形状は一般的な2.5インチ、7mm厚です。
マウンタやスペーサーは付属しません。
 ※スペック詳細はメーカーページをご覧ください!


では速度チェックを開始します。
使用PCと計測内容は以下の通りです。

・使用PC
 マザーボード :ASRock Z170 Extreme6
 CPU       :Core i5 6600K
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 OS       :Windows 10 Home 64bit
・チェック内容
 CrystalDiskMark 3.0.3
 ATTO Benchmark 2.47
 同一ディスク内データコピー
  ※ファイル数2,399、容量10.6GB

iGNITE 240GB CDM iGNITE 240GB CDM 0Fill iGNITE 240GB ATTO

コピー時間:1分13秒93





■人気製品に迫るコピー速度を発揮
  コストパフォーマンスの高さに注目

結果はご覧の通りです。CrystalDiskMarkの数値が
デフォルトと0Fillで異なる為、いわゆるSandForce系に近い印象を受けましたが、
コピーが予想以上に速く、良い意味で驚きです。
この1分14秒弱という数値ですが、同容量帯の他製品を見ると
 ・Crucial MX200 250GB    :1分00秒53
 ・Crucial BX100 250GB    :1分09秒81
 ・Samsung 850EVO 250GB  :1分16秒09
となっています。さすがにCrucialの上位製品であるMX200には及びませんが、
BX100や850EVOと同レベルの実行速度を備えています。
 ※Crucial製品の記事はこちら!
 ※SAMSUNG 850EVOの記事はこちら!


iGNITEはCrucialやSamsungの人気製品と肩を並べる性能かつ低価格
という製品で、そのコストパフォーマンスは非常に優秀です。
特に480GBは、同容量&MLCの製品では最安クラスとなります。
これからSSDを購入予定の方は、ぜひ本製品ご注目下さい。



■今回紹介した製品
PATRIOT:iGNITE
PATRIOT SSDの販売ページはこちら!
パーツ館、なんば、横浜駅前、大須でも販売開始!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 17:21Comments(0)TrackBack(0)SSD | 速報2015年10月30日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: