GeForceの新エントリーモデル「GT710」を検証

パッケージ GeForce GT710

Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

インフルエンザが流行中という事で
予防策に余念がない(酒)です。
皆さんもお気を付けください。

今回は、GeForceの新製品であるGT710をチェックします。





●KeplerコアとDDR3搭載の
  GeForceエントリーモデル

このGT710は、3~4,000円台で購入可能な
GeForceの新エントリー向けモデルです。

型番を見ると以前紹介したGT720の下位モデルのため、
チェックの必要があるか迷ったのですが、
スペックを見たところ、気になる点があったので見てみました。
 ※GT720の記事はこちら!

まずはそのスペックをご覧ください。

  CUDA数 TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GT710
GK208
192 16・16 DDR3
64bit
954MHz 1800MHz相当
14.4GB/s
19W
GT720
GK208
192 16・8 DDR3・
GDDR5
64bit
797MHz 1800(DDR3)・
5000(GDDR5)MHz相当
14.4(DDR3)・
40(GDDR5)GB/s
23W
 ※GT710のTMU・ROP数はGPU-Z 0.8.6調べ。
   GT720・710共に、発売中の主な製品のメモリは、DDR3:1600MHz相当です。


ご覧の様に、CUDAコア数やメモリ帯域がGT720と同じ。
そしてGPUクロックが高くTMU・ROPが多く、
DDR3版を比べると下位モデルのはずのGT710が高性能になります。
GPU-ZがGT710登場前のバージョンのため、
TMU・ROP数は誤表記の可能性はありますが、
こうなると実際の性能がどうなるのか気になるところです。


製品写真
Palit製品(メモリ1600MHz相当)を用意しましたので、まずはカードの形状から確認します。
スロット部分の長さはx8ですが、普通にx16で使えるのでご安心ください。
そしてLowProfile用ブラケットが付属します。
なお、ヒートシンクは厚さ2スロットです。
 ※クーラー搭載製品の厚さは1スロットです。

出力コネクタ
出力コネクタは、D-Sub・Dual Link DVI-D・HDMIです。
HDMIは2.0ではありませんので、4K(3840x2160)出力時は30Hzになります。



では性能を測定しましょう。使用PCとベンチマークは以下の通りです。
ビデオ機能がオンボード程度のため、ベンチマークは標準設定となります。
比較対象はGT720の記事からi7 4790・GT720を流用しますが、
CPUなどが違うので参考としてご覧ください。

ただし、新生FFXIVは、当時の記事でCPUがi7 4790とCeleron G1840という
大きな性能差がありながらスコアが同等でした。
よって、CPUに影響されにくい新生FFXIVのスコアを判断基準とします。
 ※GT720の記事はこちら!

・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 COMBO
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :ENERMAX ERX530AWT
 OS       :Windows 10 Home 64bit


・3Dベンチマーク
 3DMark06      :解像度デフォルト、Select Tests「SelectALL」
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):解像度デフォルト・ウインドウ
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定3・1280x720・ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(新生FFXIV)
             標準品質デスクトップ・1280x720・ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
             DirectX 11・標準品質デスクトップ・1280x720・ウインドウ
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.00(i7 6700・GT710はVer1.4Kも計測)
            :標準品質・1280x720・ウインドウ

 ※PSO2・蒼天はGT710のみ計測。
   DQXはGT720の計測がVer1.00だったため揃えています。


・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 最大負荷時   :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、
            1周終わるまでの最高値

・3D性能(DQXのカッコ内はVer1.4K)
  3DMark 06 大討伐 PSO2 v2 新生FFXIV 蒼天 DQX
GT710 7272 2725 2038 4347 3094 6890(8425)
i7 6700内蔵 12246 4891 5794 6394 3751 5242(9706)
参考:GT720
(CPU:i7 4790)
6641 2538 4052 6537
参考:GT720
(CPU:G1840)
6169 2212 4045 6140
参考:i7 4790内蔵 8625 3831 5061 4870

・消費電力

  アイドル FF負荷 最大負荷
GT710+i7 6700 34W 57W 115W
i7 6700 28W 62W 118W
参考:GT720+i7 4790 38W 78W
参考:i7 4790 31W 94W




●3D性能はGT720と同等以上
  旧PCの強化や画面を増やしたい人向け

結果はご覧の通り、基準の新生FFXIVを始め全ベンチマークで勝り、
GT720と同等以上という事が分かります。
このGT710の登場と同時に、GT720・GT740が終息となった事から、
GT720の下位モデルではなく、後継モデルと考えて良さそうです。

ただし、性能そのものはi7 6700はもとよりi7 4790にも譲るため、
Haswell以降の人は3Dゲーム目的で用意する必要はないでしょう。

本製品は、もっと古いPCの人が表示を強化したい、動画用PCとして再生させたい、
もしくはデイトレード等のためにマルチディスプレイ環境を低価格で構築したい、
という用途に向いています。
この様な用途で低価格VGAをお探しの方はGT710にご注目下さい。




■今回紹介した製品
Palit:GT710
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 11:38Comments(2)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2016年01月28日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 名無し   2016年01月30日 16:36
720より710のほうが性能高いってどうなってんの
価格が下がったし良しと考えるべきか…
2. Posted by 名無し   2016年03月15日 19:02
Haswell-Eか、今度出るBroadwell-E用に良さそうですね。
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: