CFDの低価格SSD「CSSD-S6T240NMG1Q」を計測

パッケージ CFD CSSD-S6T240NMG1Q

CFD SSDの販売ページはこちら!


いよいよ暖かくなったと思いきや、4/11夜の様に
一気に冷える事もあり、まだ油断できないと思っている(酒)です。
今回はCFDの新SSD「CSSD-S6T240NMG1Q」をチェックします。





●東芝製SSD採用のCFD製品に
  TLC版の低価格モデルが登場

最近は各社からTLC搭載の低価格SSDが発売されていますが、
この「MG1」シリーズも同カテゴリの製品です。
 ※Crucial製品の記事はこちら!
 ※ADATA製品の記事はこちら!


価格は240GBで7,389円+税(4/13現在)とお買い得、
かつ元々高速な製品として人気の東芝&CFDのSSDという事もあり、
本製品も注目されています。
ただし、TLCとなった事や、メーカーのスペックに正式な速度が書いていない点を
気にしている方もいると思います。
そこで、240GB製品を入手しましたので、速度を計測してみました。
 ※CFDの製品ページはこちら!

付属品
SSD本体と付属品です。スペーサーはありませんが、
3.5インチ変換マウンタが付属しています。


それではチェックを開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
・使用PC
 マザーボード :ASRock H110M-HDV
 CPU       :Core i3 6100
 メモリ     :PC4-17000 4GBx1
 OS       :Windows 10 Home 64bit
・チェック内容
 CrystalDiskMark 3.0.3/5.1.2
 ATTO Benchmark 2.47
 同一ディスク内データコピー
  ※ファイル数2,399、容量10.6GB

ATTO CDM_1 CDM_2

コピー時間:1分57秒476




●実行速度優秀で
  TLC製品の中でも優等生

結果はご覧の通りです。測定ツールの結果は申し分なし。
Crystal DiskMarkを見ると、CFDの計測結果よりSeq:Writeが少し低いですが、
逆に4K Q32T1は高く、ほぼ同等と言えます。
他社製品では乱れがちだったATTOのグラフもきれいにまとまっており、
データコピーもTLC製品としては高速です。

感想として、速度はTLC製品の中でも高く、コストパフォーマンスは非常に優秀。
また、3.5インチ変換マウンタも付属しており、
デスクトップPCに組み込みやすいのもポイントでしょう。
これからSSDを購入予定の方は、ぜひ本製品にご注目下さい。



■今回紹介した製品
Crucial:CSSD-S6T240NMG1Q
CFD SSDの販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 11:31Comments(0)TrackBack(0)SSD | ドライブ類2016年04月14日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: