ENERMAXの新ケース「Fulmo.Q PLUS」を検証

外箱 ケース写真
ECA3390AG-BL (Fulmo.Q PLUS 黒)

販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


いよいよGWという事で、PC周りの環境をどう整理するか思案中の(酒)です。
このGWでは自作予定の方も多いと思いますが、
今回はそんな方々にオススメの新ケースをチェックしました。






●人気ケース「Fulmo.Q」から
  冷却性能と拡張性、組立時の自由度を強化

先日登場した「Fulmo.Q PLUS」は、その名の通り、
人気No.1ケース「Fulmo.Q」のプラス(上位)となる製品です。
従来からの通気性の高さはそのままに、
前面パネルのメタリックラインや、サイドに曲線型アクリルパネルを採用するなど、
高級感溢れるデザインになっています。
 ※Fulmo.Qの記事はこちら!

本製品は冷却性能、拡張性、組立の自由度がパワーアップしているとの
事ですので、実際に組み立ててチェックしてみました。

正面1 正面2
まずは外観から見てみましょう。
前面はFulmo.Qシリーズらしくメッシュデザインです。
前面ファンが付いており、青く光ります。

張出
IOパネル部分は上部に張り出しています。
この辺りはFulmo.QよりCOENUSに似ている印象です。
 ※COENUSの記事はこちら!

天板1 天板2 底面
天板部分にはダストフィルターが付いています。
マグネット式なので簡単に外せ、手入れが簡単です。
そして底面のフィルターはロック式です。

側面1 側面2
両サイドです。アクリルパネルは透明度が高く、内部も良く見えます。

IO
IOパネルはもちろんUSB3.0対応です。

背面
背面はこちらです。拡張スロットは7つ全て使用可能です。



内部
次に内部を見てみましょう。
赤枠部分に付属品のネジやケーブルバンドが入ってます。

HDDケージ
HDDケージは裏側のネジを外すと取り外し可能です。
外すと最長399mmまでのビデオカードが搭載できます。

HDDトレイ出し
HDDの搭載は、このトレイを引き出して、
HDDを取り付けて戻すだけです。

HDDトレイ HDDネジ穴

トレイですが、3.5インチHDDはスクリューレスで取り付け可能です。
2.5インチHDD/SSDは、赤枠部分にネジ止めします。
なお、3.5インチHDDは青と緑部分のネジ穴を使いますが、
まれに緑部分のネジ穴が無いHDDが存在するのでご注意ください。

5インチ1
5インチベイのベゼルは、この2カ所を押しながら、
ケース前面側から押し込みます。

5インチ2 5インチ3
前から見るとこうなりますので、写真手前側をずらして取り出しましょう。
なお、光学ドライブもネジ不要で取り付け可能です。

完成1 完成2
という事で、実際に犬モデル102を組み込んでみました。
(左はVGAを入れていない状態)

完成裏
裏はこちらです。

裏ライン
背面はこの赤ラインで左右にエリア分けされている印象なので、
ケーブルをどうするか、作る時にいろいろ試せます。

ケーブルまとめ
今回はマザーボード用24ピンとUSB3.0を左エリアに回して
赤枠部分で縛っています。
右エリアでまとめる事も可能ですので、この辺りはお好みでどうぞ。



では温度チェックを開始します。
PCは犬モデル102を使用したので、スペックは以下の通りです。
なお、CPUクーラーは犬モデル付属のGAMMAXXだけでなく、リテールもチェックしました。
・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 PRO4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 VGA      :Palit GTX960 JetStream
 OS       :Windows 10 Home 64bit

・温度チェック内容
 測定方法:負荷ツール「Prime95」と「MHF大討伐」を同時に実行
 測定ツール:A-Tuning、GPU-Z
 アイドル:OS起動後約5分後の数値
 負荷  :負荷開始後10分後の数値

  アイドル 負荷
GAMMAXX 300 29(33)℃・1380回転 75(74)℃・1670回転
リテール 31(34)℃・1591回転 95(75)℃・3300回転
※カッコ内はVGA






●デザイン、機能、作りやすさの
  バランスが取れたケース

結果はご覧の通りで、問題なく冷えています。
i7 6700&リテールでCPUが100℃にならず、
VGAにも影響しないのはポイントと言えそうです。
なお、CPUクーラーは高さ167mmまで対応。
さらにラジエーター240mmクラスの簡易水冷キットも搭載可能ですので、
冷却に関して心配する必要はないでしょう

実際に作成し、計測した感想は「確かにPLUS」でした。
上位版だけあり、従来のFulmo.Qよりは高価ですが、
デザインや冷却、あとは剛性も強化されており、
バランスが良いケースに仕上がっています。
これから自作予定の方は、ぜひFulmo.Q PLUSにご注目下さい。

なお、本製品にはマジックテープ式の結束バンド(ケーブルタイ)が
2本付属していますが、この2本は太いマザーボード用24ピンや電源近くのケーブルを
まとめるのに使う事になると思います。
ですので、USB2.0やAUDIO、前面パネル用の各種ケーブルを背面に固定するために
作成時には細い結束バンドも用意しておくことをお勧めします。
 ※AINEXの結束バンドはこちら!




■今回紹介した製品
ENERMAX:ECA3390AG-BL (Fulmo.Q PLUS 黒)
販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 18:27Comments(0)TrackBack(0)その他 | 速報2016年04月28日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: