Palit版のGTX 1080/GTX 1070を徹底検証

Palitパッケージ Palit版 GeForce GTX 1080/1070

Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!


発売直後から人気のハイエンドVGA「GeForce GTX 10」シリーズに、
Palitのオリジナルファン搭載のオーバークロック(以下OC)製品が登場しました。
合計3製品を入手しましたので早速チェックを開始しましょう。





●GPUコアを大幅OCした
  Palitオリジナルファン搭載製品が登場

これまでPalitのOC製品は、製品名が「JetStream」でしたが。
このGTX 10シリーズより、その上位製品に位置する「GameRock」シリーズが新登場しました。
今回は、GTX 1080の「Super JetStream」「GameRock Premium」、
そしてGTX1070の「Super JetStream」をチェックしていきます。
各製品のスペックは以下の通りです。
シェーダ数等の基本スペックは速報レビューをご覧ください。
 ※1080/1070の基本スペックはこちら!

VGA名 GPU
クロック
メモリクロック
GTX 1080 定格 1607MHz 10000MHz相当
GTX 1080 SJS 1708MHz 10000MHz相当
GTX 1080 GRP 1746MHz 10500MHz相当
GTX 1070 定格 1506MHz 8000MHz相当
GTX 1070 SJS 1632MHz 8000MHz相当

いずれの製品も、GPUコアが100MHz以上OCされており、性能向上が期待できます。
なお、GRPはGPUコアだけでなく、ビデオメモリも500MHz相当OCされています。


製品写真
カード写真はこちらです。一番上はGTX 980Ti SJSです。
中段はGTX 1080 SJS(GTX 1070 SJSも同じデザインです)、
下段はGTX 1080 GRPです。
10シリーズは、GTX 980Ti SJSより少し大きくなっています。

出力と厚さ
画面出力は、いずれも
DVI-D x1、HDMI x1、DisplayPort x3です。
厚さは2.5スロット分あります。

補助1080 補助1070
補助電源は、GTX 1080の2製品が8+6ピン、
GTX 1070 SJSは8ピンx1です。


G-PANELパッケージ
なお、本製品と同時に、ビデオカードの各種情報を確認可能な
5インチベイへの取り付けや外付け可能なアクセサリー
「G-Panel」も発売されました。
USB3.0 HUBとしても使用可能です。
 ※販売ページはこちら!

G-PANEL01 G-PANEL02 G-PANEL03
「Display」ボタンを押すと、時計やVGA基本情報、
温度などの各種情報が切り替わります。
 ※メーカーHPにある最新ドライバを使うと、4画面目が使用可能です。



それでは計測を開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
比較対象は、環境が全く同じGTX 1080・1070速報から流用します。

・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 Pro 64bit


・ベンチマーク
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定5・6、1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080・3840x2160、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値

PSO2体験版はメニューに4K設定が無いため、設定ファイルを手動で書き換えています。
参考としてご覧ください。

・3D性能(カッコ内は4K)
  大討伐 PSO2 E4
設定5
PSO2 E4
設定6
蒼天 DQX
GTX 1080定格 45137
(13530)
63680
(56046)
52862
(19467)
17483
(6815)
19603
(17740)
GTX 1080 GRP 48396
(14622)
58764
(53574)
51310
(23798)
17571
(7450)
19749
(18180)
GTX 1080 SJS 46285
(13970)
59474
(57345)
49551
(22331)
17399
(7211)
19676
(18083)
GTX 1070定格 35694
(10646)
60452
(44766)
54779
(13022)
16027
(5371)
19491
(15621)
GTX1070 SJS 37598
(11162)
66554
(48345)
57905
(15421)
16457
(5854)
19558
(16225)

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
GTX 1080定格 32W 259W 319W
GTX 1080 GRP 34W 304W 364W
GTX 1080 SJS 33W 300W 353W
GTX 1070定格 32W 227W 276W
GTX 1070 SJS 33W 248W 310W





●順当に性能向上
 カードサイズと消費電力に注意

結果はご覧の通り、クロックアップの効果で確実にスコアアップしました。
GTX 1080の2製品は、蒼天の4Kで「非常に快適」となっている点に注目でしょう。
なお、消費電力は30〜40W増となっており、
GTX 970/980のOC製品よりは少し上がり方が大きいようです。
なお、PSO2ですが、同じGTX 1080 GRPを使用している
パーツの犬モデルVR-001の記事よりやけに低いのは、
CPUがi7 6700と6700Kの違いがあるからです(PSO2ベンチマークはCPUの影響も大きい)。
 ※犬モデルVR-001の記事はこちら!

このPalit製品は、厚さが2.5スロットある大きめのカードですが、
その分冷却性能は優秀で、
犬モデルVR-001の記事を見ると静音ケースに搭載しても最高73℃でした。
そして、性能に関しては言うまでもありません。
これからハイエンドVGAを購入予定の方は、ぜひこのPalit製品にご注目下さい。
 ※ドライバダウンロードページはこちら!




■今回紹介した製品
Palit版 GeForce GTX 1080/1070
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 19:24Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2016年06月27日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: