GeForce GTX 1060 3GB速報レビュー!

パッケージ GeForce GTX 1060 3GB

Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売開始!


先日メインPCのメモリを16GBから32GBに増設しましたが、
最も重い作業でもネットワークRPG程度のためか、
効果をあまり感じていない(酒)です。
今回は、昨日8/18の22時に登場した「GTX 1060 3GB」をチェックしてみましょう。





●GTX 1060のシェーダ数などを削減し
  ビデオメモリ容量を半分にした低価格モデル
このGTX 1060 3GBは、モデル名だけ見ればGTX 1060のビデオメモリを
3GBに減らしただけの製品ですが、実は他にも変更点があり、
通常のGTX 1060とは違う位置づけとなっています。
ですので、「GTX 1060」の3GB版ではなく、
「GTX 1060 3GB」という名前の製品と考えるのが良いでしょう。

という事で、このスペックやメモリ容量の差が、
実際の性能にどう影響するか見てみたいと思います。
基本スペックは以下の通りで、
シェーダ(Cudaコア)数やTMU(テクスチャユニット)が
削減されているのがわかります。
VGA名
GPUコア名
シェーダ数 TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GTX 1060 6GB
GP106-400
1280 80・48 GDDR5 6GB
192bit
1506
MHz
約8008MHz相当
192GB/s
120W
GTX1060 3GB
GP106-300
1152 72・48 GDDR5 3GB
192bit
1506
MHz
約8008MHz相当
192GB/s
120W


製品写真
では製品チェックを開始します。
用意したのは、6GBと同じPalitのDualモデルで、クロックは定格です。
3GB(上)と6GBはほぼ同じ形状ですが、
左ファンの奥に見えるヒートシンクが少し異なるほか、
3GBは温度が低い時にファンが止まる「0-dB TECH(セミファンレス)」には対応しません。

出力コネクタ
厚さは2スロット、
出力コネクタは、DVI-D・HDMI・DisplayPort x3です。

補助電源&金属板
補助電源も同じく6ピンx1です。3GB(左)には、
6GBの補助コネクタ横にある金属板(赤枠部分)がありません。



それでは計測を開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
比較対象はもちろん6GBです。

・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 Pro 64bit

・ベンチマーク
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定6、1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080・3840x2160、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080・3840x2160、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値

PSO2体験版はメニューに4K設定が無いため、設定ファイルを手動で書き換えています。
参考としてご覧ください。

・3D性能(カッコ内は4K)
  大討伐 PSO2 E4
設定6
蒼天 DQX VR TEST
GTX 1060 3GB 24614
(7119)
50216
(5736)
12386
(3734)
19373
(11850)
7.2(高い)
GTX 1060 6GB 25818
(7491)
50300
(6327)
12778
(3867)
19375
(12336)
7.9(高い)

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
GTX 1060 3GB 32W 195W 253W
GTX 1060 6GB 33W 196W 257W





●性能は通常版の95%前後
  フルHDでのゲーム用に最適

結果はご覧の通りです。
多くのベンチマークで6GBの95%前後となっており、
落ち込みが激しいPSO2 4KとVR TESTでも90%以上を維持しています。
これは、シェーダ数やTMUが1割減ってもROP数やメモリ帯域は同じなので、
スコアも全てが1割減る訳ではないという事です。

なお、ビデオメモリ容量の影響ですが、
今回のテストでは4Kでも3GB使う事はありませんでした。
使用量が多い蒼天4Kは約2700MB、VR TESTでも2870MBとなっています。
念のため3DMark FireStrike Ultraも追加チェックしましたが、
最大使用量は3036MBでした。
そのため、スコアは6GB:3018、3GB:2841で、
こちらも約94%に収まりました。

感想として、設定次第でビデオメモリを3GB以上使うゲーム(海外のFPSに多い)
もありますが、今回の結果を見る限り、フルHDでネットワークRPGなどをプレイするには
3GBでも問題はないと思います。
Palit製品の価格は税込みで約28,000円(8/19現在)ですので、
コストパフォーマンスも優秀です。
これからミドル帯のビデオカードを購入予定の方は、
このGTX 1060 3GBも視野に入れてはいかがでしょうか。



なお、恒例の注意点ですが、この3GB版も
初回入荷時はドライバが付属しません。
ドライバディスクからインストール可能なGeForce Experienceで入手するか、
NVIDIAより最新ドライバをダウンロードしてお使いください。
 ※ドライバダウンロードページはこちら!




■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX1060 3GB
Palit製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売開始!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 10:40Comments(1)TrackBack(0)ビデオカード | 速報2016年08月19日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by lo   2016年10月21日 19:50
これはセミファンレスですか?
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: