XFXのRADEON RX400シリーズを検証

パッケージ XFX RADEON RX400シリーズ

XFX製品の販売ページはこちら!
パーツ館など一部店舗でも販売中!



先日、メインPCのVGAとSSD温度が気になるため、
ケース変更などを行い無事解決した(酒)です。
今回はXFXのRADEON RX400シリーズをチェックします。





●XFXのRADEON RX400シリーズ
  OC版3製品をチェック

RADEON RX400シリーズと言えば、以前パーツの犬で
RX 480リファレンスとサファイアのRX 460 4GB OCを見ていますが、
RX 470は未紹介でした。
今回XFXのRX 460/470/480を入手しましたので、
それぞれチェックしてみます。
 ※犬のRX 480レビューRX 460レビュー はこちら!

本レビューでRX 400シリーズを扱うのは初チェックのため、
まずはRADEON RX400の仕様を振り返ってみましょう。
カッコ内の数値は今回入手したXFX製品のオーバークロック(以下OC)部分です。

VGA名
GPUコア名
シェーダ
TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
最大クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
RX480
Polaris10
2304 144・32 GDDR5
4・8GB
256bit
1266(1338)
MHz
7000・8000MHz相当
224・256GB/s
150W
RX470
Polaris10
2048 128・32 GDDR5
4・8GB
256bit
1206(1226)
MHz
6600(7000)MHz相当
211.2(224)GB/s
120W
RX460
Polaris11
896 56・16 GDDR5
2・4GB
128bit
1200(1220)
MHz
7000MHz相当
112GB/s
75W

RX480のメモリクロックや帯域が2種類あるのは、
4GB版の基本仕様が7000MHz相当、8GBが8000MHz相当のためです。
ではXFX版の紹介に移ります。

3製品写真
製品写真です。上からRX 460/470/480になります。
RX480は280mmと比較的長いので、ケースのサイズにご注意ください。

出力コネクタ
画面出力コネクタです。
RX 460は、DVI-D・HDMI・DisplayPortが1つずつ。
470/480は、DVI-D・HDMIが1つずつ、DisplayPortが3つです。

RX480補助電源
補助電源ですが、この480は8ピンx1、
460/470は6ピンx1になります。



それでは性能測定を開始します。
使用PCやチェック内容は以下の通りです。
VR TESTはVRが可能であろう製品のみ見ています。

・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 64bit

・ベンチマーク
 3DMark Fire Strike・Time Spy
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定5・6、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン
 SteamVR Performance Test(以下VR TEST):設定項目なし

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


・3D性能
  3DMark
Fire Strike
Time Spy
大討伐 PSO2 E4
設定5・6
蒼天 DQX VR TEST
XFX RX480 OC 11262
4236
23283 58666・33573 10914 20260 7.1(高い)
XFX RX470 OC 9466
3622
19786 56203・24648 9162 20147 6(高い)
XFX RX460 OC 5243
1914
10769 23955・7921 5008 18322
GTX970定格 9961
3514
24585 60181・42928 11295 19092 7.2(高い)
GTX960定格 6503
2387
15846 55122・18574 7114 18755
GTX 750Ti定格 4111
1319
9312 25697・7531 4370 15018

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
XFX RX480 OC 37W 267W 335W
XFX RX470 OC 34W 220W 278W
XFX RX460 OC 33W 160W 220W
GTX970定格 38W 246W 310W
GTX960定格 36W 168W 246W
GTX 750Ti定格 35W 129W 196W





●性能に納得のRX 480
  コストパフォーマンス優秀なRX 460/470

計測結果はご覧の通りです。
まとめると以下の様になります。

RX480:RX 480定格から約10%アップ
      DirectX 11・VRはGTX 970相当
      DirextX 12はGTX 980/1060に勝る

RX470:DirextX 11はGTX 960から30%アップだがGTX 970には及ばず
      DirextX 12はGTX 970に勝る

RX460:RX 460定格から1〜2%アップ、
      GTX 750Tiからは30%弱アップ

RX 480はOC幅が大きいだけあり、着実にスコアアップしています。
消費電力はGTX980相当ですが、3万円台前半の製品としてはDirectX 12に強いので、
今後増えるであろうDirectX 12のゲームに備えておきたい人に向いています。
RX460/470はOC幅は控えめですが、それぞれのカテゴリでも低価格な製品です。
特にRX 470は、現在GTX960 4GBとほぼ同価格で、
コストパフォーマンスは上々と言えるでしょう。
2万円台円半のVGAを購入予定の方はご注目下さい。




■今回紹介した製品
XFX:RADEON RX400シリーズ
XFX製品の販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 17:50Comments(0)TrackBack(0)ビデオカード | 耳より情報2016年09月30日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: