GeForce GTX 1050/GTX 1050 Ti 速報レビュー!

GTX1050パッケージ GeForce GTX 1050/1050 Ti

Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館でも販売開始!


本日22時に「GeForce GTX 1050/1050Ti」が登場しました。
早速ですが速報レビューを行います。





●補助電源不要な
  Pascalコアのエントリーモデルが登場

このGTX 1050シリーズは、Pascalコアを採用する
GeForce GTX 10シリーズの新製品です。
価格帯は約15,000〜22,000円、そして補助電源無しという、
いわゆるエントリー向けの製品となります。

大きな特徴は、やはり補助電源不要という事でしょうか。
Pascalのワットパフォーマンスは上位モデルで実証済みですが、
補助電源不要なレベルまで消費電力が下がるとどうなるか、
気になる方も多いと思います。
今回もPalit製品を入手しましたので、チェックしていきましょう。
基本スペックは以下の通りです。
VGA名
GPUコア名
シェーダ・
TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GTX 1050
GP107
640・40・32 GDDR5 2GB
128bit
1354
MHz
約7008MHz相当
112GB/s
75W
GTX 1050 Ti
GP107
768・48・32 GDDR5 4GB
128bit
1290
MHz
約7008MHz相当
112GB/s
75W
GTX 1060 3GB
GP106-300
1152・72・48 GDDR5 3GB
192bit
1506
MHz
約8008MHz相当
192GB/s
120W
GTX 960
GM206
1024・64・32 GDDR5 2・4GB
128bit
1127
MHz
約7000MHz相当
112GB/s
120W
GTX 950
GM206
768・48・32 GDDR5 2GB
128bit
1026
MHz
6600MHz相当
105.6GB/s
90W
GTX 750Ti
GM107
640・40・16 GDDR5 2GB
128bit
1020
MHz
約5400MHz相当
86.4GB/s
60W
GTX 750
GM107
512・32・16 GDDR5 1GB
128bit
1020
MHz
約5000MHz相当
80GB/s
55W

GTX 1050は、GTX 1050 Tiからシェーダー数等が削られていますが、
動作クロックは高くなっています。
そのためか、GTX 750とTiでは見られたTDPの差が無く、どちらも75Wです。


製品写真
こちらがPalitのStorm X製品写真です。
GTX 1050とGTX 1050 Tiの違いは、ファンに書いてある製品名だけです。


出力コネクタ
出力コネクタは、DVI-D、HDMI、DisplayPortが1つずつです。
アナログ出力したい場合は、DisplayPort → VGA(D-Sub 15ピン)
変換アダプタが必要ですのでご注意ください。


それでは計測を開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。
比較対象はすぐ上のGTX 1060 3GBと、
Maxwell世代の50・60製品を複数用意しました。

・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 64bit

・ベンチマーク
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定6、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


・3D性能
  大討伐 PSO2 E4
設定5・6
蒼天 DQX
GTX 1050 14356 50464・17975 7074 18173
GTX 1050 Ti 17563 58896・22351 7714 18692
GTX 1060 3GB 24614 62420・50216 12386 19373
GTX 960 16210 55122・18574 7114 18755
GTX 950 13137 44603・14235 6123 17788
GTX 750 Ti 9312 25697・7531 4370 15018

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
GTX 1050 31W 116W 171W
GTX 1050 Ti 32W 118W 172W
GTX 1060 3GB 32W 195W 253W
GTX 960 36W 168W 246W
GTX 950 33W 152W 218W
GTX 750 Ti 35W 124W 179W





●性能はGTX 960に近く
  補助電源無しでもフルHDのゲームが快適

結果はご覧の通りで、GTX 750 Ti/950を圧倒しました。
そしてGTX 960との比較は以下の通りになります。
・GTX 1050   :蒼天がGTX 960に迫る、その他は10%前後低い。
・GTX 1050 Ti :ほぼGTX 960に勝る。


今回のトピックは、補助電源不要な2万円未満の製品が、
ついに蒼天のフルHDで非常に快適になった事でしょうか。
そして、消費電力はTDPが同じだけあり、ほぼ個体差・誤差程度でした。
また、TDPが低いはずのGTX 750 Tiより少しとはいえ低消費電力という点に注目です。
今回のPalit製品は定格ですが、他社には補助電源なしのまま
GPUクロックを大幅アップさせている製品があること考えると、
実際の消費電力は75Wより低いと思われます。

感想として、さすがにFPSを高設定だときつい事もありますが、
ネットワークRPGが目的という方には最適な製品となりそうです。
エコなゲーミングPCをお求めの方は、
このGTX 1050シリーズにご注目下さい。


なお、GTX 10シリーズ恒例の注意点ですが、
今回も初回入荷版のドライバCDには正式ドライバが入っていません。
インストール可能なGeForce Experienceを使い入手するか、
NVIDIAのページよりダウンロードしてください。
 ※ドライバダウンロードページはこちら!




■今回紹介した製品
Palit GeForce GTX1050/1050 Ti
Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館でも発売開始!

その他記事一覧は こちら



Posted by dospara_review at 22:00Comments(1)TrackBack(0)速報 | ビデオカード2016年10月25日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 流浪人   2017年02月25日 13:39
GT1030/1040相当が出るのを
期待していましたが出そうにないので
GTX1050を買いました(ASUSですが)。

色々とやってみて結局は
GTX1030/1040相当がほしければ
ユーザーがGPUツールで
性能ダウンしろって事なんだと判断しました。

BOOTクロック+0MHz,targetPower60-75%で
ほぼGT730DDR5と同電力で1.5倍のパフォーマンスになります。
ノーマル設定ならGT730DDR5の1.3倍の電力で2倍強の性能です。

300W電源と財布に余裕があるなら
この手も有りかと。
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: